【霊媒探偵 城塚翡翠】4話|突然の最終話予告に視聴者騒然!

霊媒探偵 城塚翡翠4話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【霊媒探偵 城塚翡翠】4話のネタバレと視聴率!突然の最終話予告に視聴者騒然!「透明な悪魔」事件の解決へ!翡翠(清原果耶)と香月(瀬戸康史)、鐘場(及川光博)、蝦名(須賀健太)らがそれぞれ動き出し…。突然の最終話予告に視聴者から驚きの声!
今回は【霊媒探偵 城塚翡翠】4話の視聴率・あらすじ・ネタバレ・レビューについて!

【霊媒探偵 城塚翡翠】4話の視聴率

【霊媒探偵 城塚翡翠】4話の視聴率は4.9%でした。

【霊媒探偵 城塚翡翠】4話のあらすじ

【霊媒探偵 城塚翡翠】4話のあらすじです。

『透明な悪魔』の容疑者にあの男が浮上

『透明な悪魔』こと女性刺創連続殺人事件の犯人によって、妨げようのない死が自分の身に近づいていることを予感する翡翠(清原果耶)。私の予感は絶対です。

翡翠を心配した千和崎(小芝風花)は、香月(瀬戸康史)に翡翠を助けてほしい、透明な悪魔の事件には関わらせないでほしいと頼む。

透明な悪魔が翡翠の写真にナイフを突き立てていた。数日後――。
透明な悪魔による9人目の被害者の遺体が雑木林で発見される!蝦名(須賀健太)と共に遺体発見現場を訪れた天子(田中道子)は、ある遺留品を発見する。

香月は、鐘場警部(及川光博)から『透明な悪魔』の事件の情報を得る。

犯人はひとり暮らしの女性。犯人はSNSで情報を得ているのではないかと鐘場。また8人目からシャワーで念入りに遺体を洗うようになり、消毒液の成分も発見された。なぜやり方を変えたのか…。

翡翠を護るため、事件から翡翠を遠ざけようとする一方で、香月は『透明な悪魔』の正体は翡翠が“霊視能力”で事件を解決していることを知る人物だと推理。翡翠は水鏡荘に来ていたメンバーなら翡翠の霊視を知っている。しかし翡翠は、罪の意識がない犯人を見抜くことはできない…。

そんな2人を何者かが見張っていた。

蝦名と天子が被害者のマンションに翡翠と香月を連れて行く。2つの部屋はセキュリティが甘いという共通点があった。部外者を引き込むやり方が気に入らない天子。「透明な悪魔」の事件はまるで解決したくないように本腰を入れていないと嘆く。本来担当ではない蝦名が女子高生の事件に関わったのは、蝦名が立候補したからだという。蝦名は香月に何かがあるようだ。

部屋で霊視を始める翡翠だが、何も感じ取れない。たぶんここが殺人現場ではないからだ。でも同じようなものが部屋にあることが気になる翡翠。帰り際、前々から行きたかった店でオムライスを食べた翡翠。今日を逃すともう食べられないかと思ったという。

香月と翡翠を尾行していたのは鐘場だった。

天子の相談

天子は蝦名を呼び出してある相談をする。天子は遺体発見現場でタブレットを発見していた。成分も鐘場が食べているものと一致した。

証拠能力はないからしばらく様子を見ましょう。証拠品は自分が拾ったことにして管理官に報告すると蝦名だが何か様子がおかしい。タブレットの件を誰かに報告する。

天子が署に戻ると鐘場がうたた寝をしていた。鐘場が顔を洗いに行った隙に手帳を拾った天子は何かを見つけ、蝦名に連絡する。そのとき蝦名は翡翠のマンションを張っていた。天子はパスケースに、被害者と似たタイプの女性の写真が入っていた。蝦名は、鐘場は娘を10年前ぐらいに通り魔に刺されて亡くしていると伝える。

犯人は鐘場なのか…!? 蝦名もグル!?

鐘場が娘の通り魔事件の復讐をしている!?

翡翠と香月は遺体発見現場を霊視しにきていた。
翡翠は、透明な悪魔はひょっとすると鐘場警部なのかもしれない…と告げる。

天子は、鐘場の娘の事件を蝦名に調べさせた。未解決事件となっていた。自分の娘は16で死んだのに、ほかの娘たちは人生を謳歌している…という恨みではないかと予想した。

一方、翡翠は鐘場と2人で会えれば魂の匂いを感じられるかもしれないと提案するが、香月は危険だと反対する。自分の死を予感している翡翠は、香月との未来がないことがわかっているけれど、この関係を続けていきたかった。

先生は私の光です。どうせ避けられない運命なら私も一緒に戦わせてください。

1つ試してみたいことがあると香月。鐘場は今日も2人を尾けていた。

【霊媒探偵 城塚翡翠】4話のネタバレ

【霊媒探偵 城塚翡翠】4話のネタバレです。

犯人は鐘場で蝦名もグル!?

翡翠は鐘場警部を翡翠の部屋に呼び出した。明日、翡翠はある遺体発見現場で降霊するが、降霊する間、自分に記憶がないから言葉を聞き取る人間が必要だというのだ。香月は翡翠がこの事件に関わるのを好んでいないから鐘場に頼みたい。

鐘場は承諾するが、必ず1人で来い、そしてこのことは誰にも言うなという。翡翠は鐘場が、過去に娘を亡くしたことがあると霊視する。鐘場は驚くがさほど動揺はしなかった。

隠れていた香月は、鐘場が「透明な悪魔」なら翡翠と人気がないところで会うのは絶好のチャンスという。天子は鐘場を尾行するが、女性とぶつかり遅れをとる。それでもタクシーで追跡する。

一方、翡翠と香月は現地に向かうが、香月は翡翠が現場に行く必要はない。鐘場が犯人なら同じ凶器を持っているはずだから、そこを警察に捕まえさせようという。途中、サービスエリアに行ってみたいといっていた翡翠のために立ち寄り、ソフトクリームを買いに行く。

鐘場を追ってきた天子は、鐘場に捕まってしまう。その頃、翡翠もSAから行方不明になっていた。

【霊媒探偵 城塚翡翠】4話のレビューとまとめ

鐘場が怪しさたっぷりで、「透明な悪魔」の館に車を停めていた蝦名もグル?

香月が姉の墓前で「いよいよだ」と姉に報告していたのも気になりますね。

「透明な悪魔」は鐘場か蝦名か香月か!?

そして突然「最終話」「全員嘘つき」という予告に視聴者騒然!

本当に最終話なのでしょうか?

原作を読んでいると、あと数話どういうふうに引っ張るのかと思っていたので、5話で完結なのはある意味納得なのですが、残りの数話は続編の『invert 城塚翡翠倒叙集』が原作となるのかもしれません。

どちらにせよ、次週は絶対見逃せません。清原果耶の真骨頂も見られそうです。

待ちきれない次回・第5話は、11月13日(日)よる10時30分から放送です

【霊媒探偵 城塚翡翠】のネタバレあらすじを最終回まで!『透明な悪魔』の正体は?

記事内画像出典: 公式サイトより