ドラマ【IQ246~華麗なる事件簿~】のキャストとあらすじ!織田裕二のキャラ崩壊!

iq246%e8%8f%af%e9%ba%97%e3%81%aa%e3%82%8b%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e7%b0%bf

ドラマ【IQ246~華麗なる事件簿~】のキャスト、あらすじ!主演:織田裕二

『IQ246華麗なる事件簿』は2016年10月スタートのTBSドラマです。

毎週日曜日のよる9時~、TBS系列にて放送中。

初回放送は10月16日、20分拡大スペシャルでした。

主演は織田裕二、メインキャストには土屋太鳳ディーン・フジオカ中谷美紀と秋ドラマで最も豪華なメンバーのドラマと言われている超注目のドラマです。

1話完結の推理モノとなっているので話の面白さ次第では20%超えの視聴率を叩き出す可能性も秘めています。

今回はこのIQ246華麗なる事件簿のキャストやあらすじをまとめていきます。

キャストの部分ではマリアTの正体も!

秋ドラマ一覧はこちら↓

秋ドラマ一覧【2016年10月期スタート】キャストやあらすじなど!
2016年10月期の秋ドラマ一覧 2016年10月スタートのドラマ情報まとめです。 秋ドラマは『相棒15』『…

スポンサーリンク

『IQ246~華麗なる事件簿~』のキャスト

IQ246のキャストまとめです↓漢字が難しいので読み方もチェックしておいた方が吉!

織田裕二(役:法門寺 沙羅駆)

%e7%b9%94%e7%94%b0%e8%a3%95%e4%ba%8c

法門寺 沙羅駆(ほうもんじしゃらく)

法門寺家の長男で89代目当主。この家系は長男のみに「IQ246」というとんでもない能力が遺伝する。警視総監含め警察全体から目障りな存在だがどうしようもない。話し方は古畑任三郎を意識?

やんごとなき貴族のご落胤の末裔…。法門寺家の長男で89代目当主。法門寺家は時の権力とは無関係に学問のみを追求してきた「学究派」の家系で、長男のみに「IQ246」の異能が代々遺伝する。その異能を恐れられ、800年近く時の権力者から北鎌倉に存在を封じられてきた。常に暇を持て余し、自らが解くに値する“美しい事件”を求めてさすらう。口癖は、「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する事件はないものか」

織田裕二

1967年生まれ。踊る大捜査線シリーズでお馴染みの織田裕二さんは高校時代バンドをやっておりバンド名は『Deps』。そして彼のファンクラブの名前は…『Deps』。俳優デビューは江口洋介主演映画『湘南爆走族』。2010年に一般女性と結婚している。民放の連ドラは2014年の『奇跡の教室』以来となる。もうすぐ50歳とは思えない若々しさですね。

劇中の話し方は古畑任三郎を思わせるなんとも言えないものとなっており、物議を醸しています。熱血とまではいかなくとももう少し自然な演技でも良かったのでは?と思います。

土屋太鳳(役:和藤 奏子)

%e5%9c%9f%e5%b1%8b%e5%a4%aa%e9%b3%b3

和藤 奏子(わとうそうこ)

体育会系の女性新人警官。法門寺家に護衛として派遣される。恋愛体質で沙羅駆や89代目賢正に恋をする?基本間抜けなのですぐに沙羅駆に出し抜かれて置いてきぼりを食らう。

正義感が強く、人の役に立つ仕事がしたくて警察官を目指す。仕事も恋愛も思い込んだら一直線に突き進む猪突猛進タイプだが、流行にも乗り遅れたくない“今どき”の娘でもある。頭脳は凡人だが、体力には自信がある。理屈より感情で動くタイプだが、今どき女子として常識も持ち合わせる。男女問わず惚れっぽく、「もしかして、あの人私のこと…」とすれ違う男性や時には犯人にさえも、あらぬ妄想で頭がいっぱいになるほどの恋愛体質。そして、何よりも食欲が半端ない。今どきの若者にありがちな、小さくて高いプライドを持つが、でも根は真面目で、正義感もある。この物語の最大の「良心」かもしれない。

土屋太鳳

1995年生まれ。角川映画、ソニーミュージック、Yahoo! JAPANが合同で行った巨大オーディションで審査員特別賞を受賞。2008年に映画『トウキョウソナタ』で俳優デビューを果たした。2016年もドラマ4本目と大活躍で直近では福士蒼汰主演ドラマ『お迎えデス。』でヒロインを演じ美脚を披露した。刑事役は初挑戦、自身が目指してきた役の一つであり、これでまた一歩大女優へ近づいた?少し大人っぽさが出てきた土屋太鳳さん、バラエティでもよく見るようになりましたね。

変わった名前だと思っていましたがどうやら”ワトソン”から来ているからだったのですね。同様に”ほうもんじしゃらく”はホームズシャーロックから来ているんですね。

ディーン・フジオカ(役:89代目 賢正)

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%82%ab

89代目賢正

法門寺家の執事。沙羅駆の育ての親である88代目賢丈の息子。頭が良く天才の沙羅駆を導いていく。基本的に沙羅駆の言うことは何でも聞き入れてしまうので危なっかしい部分もある。

沙羅駆の育ての親の息子で法門寺家に代々執事として仕える。沙羅駆の道楽につき合わされ調べ物をしたりする。「恐れながら・・」と言いつつ、時に推理してみたりする。ちなみに沙羅駆はそのアイデアを意地でも認めない。賢正は「出過ぎた真似を致しました」とあくまでも謙虚だが、時にヒントになっている。賢正は人格者なので、沙羅駆という子供じみた天才をとてもうまく誉めたて、いろんな人の顔を立て、事件をまとめる。外の世界の一般常識については沙羅駆よりは少し詳しく、沙羅駆が失礼したり迷惑をかけた人に対してフォローしたりする。アスリートばりの運動能力を持ち武芸のたしなみもあり、沙羅駆を守るためならその肉体が傷つくことも厭わない。

ディーン・フジオカ

1980年生まれ。香港のクラブでラップをしていたところをスカウトされモデルに。その後台湾で俳優業をしていた。北川景子主演の『探偵の探偵』で連ドラ初出演を果たし『連続テレビ小説 あさが来た』で大ブレイク。『ダメな私に恋してください』で恋愛ドラマも出演しているがタトゥーがあることから濡れ場は実現していないという。今作でもカッコイイ執事役で大注目です。

一番謎がありそうな人物。マリアTとの関わりもありそうなので後半の見どころです。

宮尾俊太郎(役:山田次郎)

%e5%ae%ae%e5%b0%be%e4%bf%8a%e5%a4%aa%e9%83%8e

山田次郎

超インテリの刑事。沙羅駆に名前を憶えてもらえない。意識高い系であり話の中にちょこちょこ英語を入れてくる。

捜査一課の刑事。灘、東大、ハーバードを常に首席で卒業した超インテリ。拳銃、柔術、英語、フランス語、なんでも出来る。しかし、名前が地味なので沙羅駆に名前を覚えてもらえず、毎回違う名前で呼ばれる。そのたびに「山田だ」と訂正する。いずれ、沙羅駆は犯罪者になるのではないかと危惧している。

宮尾俊太郎

1984年生まれ。熊川哲也のK-BALLET COMPANYに所属するバレエダンサー。2008年から2年間アナザースカイの司会をしていたことで知られる。少女漫画原作の『ヤマトナデシコ七変化♥』で連ドラデビュー。一時は映画『花のあと』で共演した北川景子さんと噂になったこともありました。名前を憶えてもらえないという3枚目的な役ですがイケメン俳優さんですね。

英語ネタのボケ担当です。毎回必ず今市に『英語やめろ!』と言われています。

真飛 聖(役:今市 種子)

%e7%9c%9f%e9%a3%9b-%e8%81%96

今市 種子

山田とコンビを組む刑事。自分の名前が嫌いで本名を呼ばれるとキレる。山田の英語を聞くとイラッとしながら『英語やめろ!』と言う。←1話あたり3回は出てくる。

捜査一課の刑事。現場のたたき上げ。山田とコンビを組む。だが、名前にコンプレックスがあり、本名を呼ばれると切れる。子供の頃貧乏だったので、金持ちが嫌い。だが、沙羅駆の才能には一目置くようになる。広島カープファン。
沙羅駆の手柄を横取りし、山田と奪い合う。

真飛 聖

1976年生まれ。元宝塚歌劇団・花組トップスター。2012年にドラマデビューして以来『Dr.倫太郎』『遺産争族』『わたしを離さないで』などの有名作品に出演。前回クールの『神の舌を持つ男』にも出演していた。先日の誕生日には公式ツイッターにも写真が出ていました。

新川優愛(役:法門寺 瞳)

%e6%96%b0%e5%b7%9d%e5%84%aa%e6%84%9b

法門寺 瞳

沙羅駆の妹。世間知らずのお嬢様。賢正のことが少し好き。奏子と仲良しで一緒にお茶をしたりする。

沙羅駆の妹。後妻の娘で、沙羅駆とは異母兄妹だが、あまり気にしてない。お嬢様育ちなので、世間の一般常識とはかけ離れているところがある。沙羅駆のようにIQが異常に高いわけではなく、ごく普通のお嬢様。賢正のことが少し好き。奏子と仲良くなり、一緒に出かけることも

新川優愛

1993年生まれ。2008年ドラマデビュー、2011年に『Seventeen』専属モデルになるという通常とは逆の経歴の持ち主。2012年版の『GTO』で EXILEのAKIRAに家の壁を壊してもらった生徒役を演じていた。王様のブランチのブランチガールとしても知られる。最近では前回クールの『グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜』に出演していた。最近セブンティーンモデルのドラマ進出が多いですね。

矢野聖人(役:足利 尊氏)

%e7%9f%a2%e9%87%8e%e8%81%96%e4%ba%ba

足利 尊氏

森本朋美のアシスタント。ちょっと変態?

矢野聖人

1991年生まれ。読者モデルからジャニーズ事務所に入ったが芽は出ず。2008年入所なので中島健人や菊池風磨あたりが同期と思われる。蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』主演オーディションでグランプリを受賞しそのままの勢いで天海祐希主演の『GOLD』に出演。2012年にはGTO、リーガルハイに出演し一気に名を広めた。GTOでは法門寺瞳役の新川優愛と共演し数学教師役を演じた。

篠井英介(役:棚田 文六)

%e7%af%a0%e4%ba%95%e8%8b%b1%e4%bb%8b

棚田 文六

警視総監。法門寺家に奏子を派遣。88代目賢丈とは同級生でライバル。賢丈に毎回電話をして法門寺の行動について相談している。

警視総監。和藤奏子を法門寺家の護衛係という名目で、沙羅駆が警察の捜査に首をつっこまないように監視させる。しかし毎回、沙羅駆に難事件を解決されてしまい、そのたびに苦虫をかみつぶしたような顔をして悔しがる。88代目 賢丈とは、中高大とずっと同級生でライバルなので、沙羅駆の手柄が、なおさら、気に入らない。なぜなら、初恋の人を賢丈にとられて以来、ずっと根に持っているから……。とにかく、88代目 賢丈には負けたくない。

篠井英介

1958年生まれ。1984年のNHK『宮本武蔵』でドラマデビュー。『女王の教室』『まれ』『下町ロケット』など名作にも名を連ねる名脇役。昔から悪役が圧倒的に多かったが、最近ではダメな刑事役などで出演する機会が多い。2016年も『神の舌を持つ男』や『遺産相続弁護士 柿崎真一』など数多くのドラマに出演している。

寺島 進(役:88代目 賢丈)

%e5%af%ba%e5%b3%b6-%e9%80%b2

88代目 賢丈

89代目賢正の父で沙羅駆の育ての親。沙羅駆を若と呼ぶが彼を叱れる唯一の人物。沙羅駆を早く結婚させたくて仕方ない。

賢正の父親。沙羅駆の育ての親。沙羅駆を実の息子のようにかわいがっている。沙羅駆の将来が心配で、早く身を固めて欲しい。そして一子相伝の知識を伝えるためのお子様を授かって欲しいと願っており、いい大人の沙羅駆をいつまでも子供のようにかいがいしく身の回りの世話を焼く。沙羅駆を叱ることができる唯一の存在。

寺島 進

1963年生まれ。『太陽にほえろ!』『あぶない刑事』など刑事モノへの出演が多く同じクールで放送予定の『相棒』にも出演していた。初の映画出演となった1986年の映画『ア・ホーマンス』では監督の松田優作を”芸能界に入って初めて褒めてくれた人”として語り、現在でも松田翔太とはよく飲みに行く間柄。『お迎えデス。』では土屋太鳳と共演している。

中谷美紀(役:森本 朋美)

%e4%b8%ad%e8%b0%b7%e7%be%8e%e7%b4%80

森本 朋美

変わり者の監察医。沙羅駆とは死体について語り合えると知りファンになる。ドM。

一見とても地味な法医学専門医 監察医。法門寺沙羅駆に出会い、その推理能力に魅了されファンとなる。ゆえに沙羅駆に頼まれると嫌と言えず、色々融通してしまう。沙羅駆の事が好きだが毎回冷たくあしらわれる。しかし、それすら心地がよい。検死しながらビーカーで味噌汁を飲んだり、少し変わったところがある。検視が終わると死体に死化粧を施す。

中谷美紀

1976年生まれ。1993年の『ひとつ屋根の下』でデビューし怒涛の勢いで有名女優となった。日本アカデミー賞では優秀助演女優賞×3、優秀主演女優賞×2、最優秀主演女優賞と受賞しまくっている。春クールの『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』では結婚できないアラフォーを演じまだイメージが抜けていない。今作でも近い部分があるのかもしれないのでそのままでも差し支え無さそうだが…。

マリアTの正体はやはりこの人でしたね。4話、5話と次第にシルエットが出てきて6話で遂に顔まで出てしまいました。ヨーロッパと関わりがあるようですがその辺は7話以降で明かされそうです。

『IQ246華麗なる事件簿』1話のあらすじ

【1話あらすじ】

北鎌倉に法門寺家という名家がある。やんごとなき人物の末裔で、時の権力者からその存在を隠されてきた。現在もその存在を知るものはごく一部しかいない。そんな法門寺家はありとあらゆる学問を研究してきた、中でも犯罪研究に力を入れてきた学究派の家系だ。さらに長男にはIQ246の頭脳が代々遺伝する。そんな法門寺家の89代目当主・沙羅駆(織田裕二)も例に漏れずIQ246の天才だ。凡人が治める今の世は刺激が少なすぎ、常に暇を持て余していた。
「あー、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する謎はないものか」
そんなある日、警視庁の刑事・和藤奏子(土屋太鳳)は突然捜査一課に配属された。しかし彼女に与えられた任務は凶悪事件の捜査ではなく法門寺家当主の護衛。東京の治安を守る警視庁の刑事がなぜ北鎌倉なのか…。配属された者は皆、一ヶ月以内に辞職するらしい…。様々な謎を抱えたまま、奏子は法門寺家を訪れる。お手伝いさんに案内された奏子は出迎えた男性に着任のあいさつをする。しかしその男は沙羅駆ではなく、代々法門寺家に使える執事の89代目・賢正(ディーン・フジオカ)だった。ド庶民の奏子は執事がいること自体に驚く。
写真暇に耐えかねてタクシーでこっそり家を抜け出した沙羅駆は事件現場に偶然出くわす。女性の他殺体を一目見た沙羅駆は被害者の人となりや犯行の手口などを鮮やかに言い当てるが、無銭乗車の罪で連行されてしまう。しかし、法門寺家自体が国家的な機密事項のため、警視総監命令ですぐに自由の身となる。一方、沙羅駆逮捕の報を聞いた賢正は奏子と共に警視庁を訪れる。何食わぬ顔で現れた沙羅駆は初対面の奏子の生活レベルや心情などをズバリ言い当てた。
その頃、変わり者の法医学専門医 監察医・森本朋美(中谷美紀)は運び込まれた遺体を検分し加害者をある程度絞り込むが、沙羅駆が全く同じ見立てをしたと刑事から聞き、まだ見ぬ沙羅駆に心躍らせる。
邸宅に戻った沙羅駆のもとに大金持ち・桜庭家の奥様がやってきた。住み込みで働いていた寿司職人・宮島がいなくなったので探して欲しいというのだ。沙羅駆はイヤイヤながら聞き込みを始めるのだが、厨房で宮島が愛用していた包丁と砥石を見つけた沙羅駆は急に目を輝かせる。そして先ほどまでとは違い嬉々として聞き込みを続ける。
そのまま桜庭家のディナーに同席することになった沙羅駆は主賓のCMプランナー早乙女と知り合う。和気藹々と宴が続く中、早乙女の携帯電話が鳴った。会社に強盗が入り部下が殺されたというのだ。失意の早乙女は会社に戻ると出て行くが、沙羅駆はなぜかその後を追いかけ…。

IQ246は1話完結のストーリーとなっており、忙しい大人でも楽しめる構成となっています。また、様々な世代の大ヒットメーカーたちが集結しているとあって注目度は今期でもトップレベル。期待に反するわけがない大当りドラマとなるでしょう。

ゲスト

キャストだけでなく、ゲストも超豪華となっています。公式HPでは毎回犯人が一番上のゲストなのが気になるところ。

【1話】

  • 石黒 賢
  • 伊藤かずえ
  • 佐戸井けん太
  • 加藤貴子
  • 広澤 草

【2話】

  • 佐藤隆太

【3話】

  • 観月ありさ
  • 岡田浩暉
  • 占部房子
  • 高木 渉

【4話】

  • 国仲涼子
  • 金田明夫

【5話】

  • 成宮寛貴
  • 矢本悠馬

【6話】

  • 平 岳大
  • MEGUMI
  • 和田聰宏
  • 今野浩喜

【7話】

  • 山口紗弥加
  • 佐野ひなこ
  • 遠藤雄弥

スタッフ

【脚本】

泉澤陽子(安堂ロイド、オトナ女子)

栗本志津香(花嫁は厄年ッ!、ゴーストライター)

原 涼子

【音楽】

井筒昭雄(遺産相続弁護士柿崎真一、99.9 刑事専門弁護士、臨床犯罪学者火村英生の推理)

【プロデュース】

植田博樹(ケイゾク、ビューティフルライフ、GOOD LUCK!!、オレンジデイズ、神の舌を持つ男)

【演出】

木村☻ひさし(TRICK、スシ王子!、サムライせんせい、99.9 -刑事専門弁護士-)

坪井敏雄(私結婚できないんじゃなくてしないんです、美男(イケメン)ですね、花より男子2)

韓 哲(桜蘭高校ホスト部、アルジャーノンに花束を、家族ノカタチ)

スポンサーリンク

フォローはこちらから