【イップス】9話のネタバレ&考察!萩原利久がついてない男を好演!

イップス9話
※当サイトのリンクには広告が含まれます
フジテレビ金曜9時の2024年4月期の連続ドラマは、篠原涼子とバカリズムがダブル主演する【イップス】(4月12日スタート、金曜午後9時、初回15分拡大)が登場します。映画「ウエディング・ハイ」(2022年)で脚本家と主演としてクレジット共演している2人ですが、役者同士としては初共演。篠原はミステリー作家、バカリズムはエリート刑事役で、お互いに、ある問題を抱えた“絶不調バディ”が、絶妙会話術と掛け合いで事件を解決するミステリーコメディーです。
この記事では【イップス】9話のネタバレ&考察をお届けします。
イップス

【イップス】はどんなドラマ

小説を書けなくなってしまったおしゃべりなミステリー作家・黒羽ミコ(篠原)と、事件を解けなくなった自己評価高めのエリート刑事・森野徹(バカリズム)という互いに“イップス”を抱えた2人が絶妙会話術と掛け合いで事件を解決するミステリーコメディー!
イップスとは、心の葛藤により、筋肉や神経細胞、脳細胞にまで影響を及ぼし、「できていたことができなくなってしまう」心理的症状のこと。
2人は、プレッシャーによって普段は何も考えずにできていることが急にできなくなってしまうイップスを抱えていたのです。そんな絶不調な2人が仕事から逃避するために訪れていたサウナ施設で偶然出会い、殺人事件に遭遇することであれよあれよとバディを組むことに。ミコは「小説のネタが拾える」「生の死体見るの初めて」と事件に興味津々。対する森野は捜査に身が入らない中でも、刑事としての鋭い洞察力を見せミコと共に真相に近づいていきます。2人の捜査から犯人の目星はつき、容疑者本人に問い詰めようとしますが森野のイップスが発動してしまって……。“書けなくなってしまった”ミステリー作家と、“解けなくなってしまった”エリート刑事。絶不調なイップスバディが時には助け合い、もがきながらもリスタートを目指す痛快ミステリーコメディーが幕を開け、小気味よい会話劇を繰り広げながらコミカルタッチに犯人を追い詰めていきます。
完全オリジナルストーリーで【古畑任三郎】(1994年ほか、フジテレビ系)などをほうふつとさせる倒叙式の構成となっており、多彩な顔ぶれとなる犯人には毎話豪華ゲストが登場する予定です。
そして、今作でバディを組む篠原さんとバカリズムさんは、映画『ウェディング・ハイ』(2022年)で脚本家と主演としてクレジット共演していましたが、演者同士としては初共演。そんな2人が、イップスを抱えもがき、時には助け合いながら謎を解き明かしていきます。
・毎週金曜日 夜9:00~
・2024年4月12日スタート
脚本 オークラ 森ハヤシ
音楽 野崎美波
主題歌 AARON『フェイス』
演出 筧昌也
プロデュース 宮崎暖
プロデューサー 熊谷理恵(大映テレビ)
制作著作 フジテレビ

【イップス】相関図

イップス

【イップス】9話あらすじ 6月7日放送

イップス

<あらすじ>

宮永隆一(萩原利久)は、“何をやっても運のない男”だった。友人の大城俊(三浦獠太)と起業したものの失敗。現在は建設作業員として働いていたが、闇金から200万円近い金を借りていた。ある日、宮永のアパートに消費者金融業者の佐久間康(ニシダ・コウキ/ラランド)が取り立てに現れる。宮永は隙をついてアパートから逃げ出すが、佐久間に追い詰められ、建設現場で暴行を受ける。そばに落ちていたレンチを手に取り、無我夢中で振り回す宮永。するとそれが佐久間の頭部に当たり、命を奪ってしまう。

我に返った宮永は逃げだそうとするが、道に飛び出すと同時に車にはねられ……。宮永が目を覚ますと、そこは動画配信で活躍するマジシャン赤影(本多力)の家だった。宮永をはねてしまった須藤は、ケガの手当をするために彼を自宅に運び込んだのだ。

赤影は100万円を差し出し謝罪する。とその時、テレビから建設現場で遺体が発見されたとのニュース速報が流れた。宮永が犯人だと気づき、逃げようとする赤影。その拍子に、赤影は足を滑らせてテーブルの角に頭をぶつけて死んでしまう。慌てた宮永は立ち去ろうとするも、そこに赤影への取材でやってきたミコ(篠原涼子)と森野(バカリズム)に遭遇。ミコたちに顔も見られてしまったため赤影になりすますことにした宮永は、死体を隠そうとするが……。

【イップス】9話ネタバレ!

今回の犯人は、萩原利久

何をやってもついてない男、宮永(萩原利久)は、かつて一緒に起業した大城(三浦獠太)が今では成功していることを、運が良かっただけだと、妬んでいた。しかし、大城には自分も事業が成功して忙しいと偽っていた、

実際は工事現場で働いているが失敗ばかり。

借金の督促に追われ、通行止めの場所に逃げ込むがバレてしまう。

何度も腹部を蹴られるうち、そばに会ったスパナで反撃して死なせてしまう。

逃走しようと走っていると、車にはねられてしまう。

イップス9話

さらにもう一人も

目覚めると、豪邸の一室。

はねた人物が自宅へ運んだのだった。

謝罪され、治療費を渡される。

仕事柄、大ごとになるのは困るので、言われる。

ところが、ズボンから血のついた凶器のスパナが落ち、

ちょうど、その時、テレビで事件のことが報じられる。

はねた男は、驚いて勝手につまずいて、頭を打って死亡してしまう。

イップス9話

マジシャンになりすますが

そこへ、なぜかミコ(篠原涼子)と森野(バカリズム)が訪ねてくる。

宮永は慌てて遺体を隠し、家主になりすます。

ミコらとの会話から、家主が覆面マジシャンであることが判明。

ミコは小説の参考にしたいと、マジックを見せてほしとねだられる。

仕方なく、動画を見て、千円札を刺すマジックを見せるが、ミコは「もっとすごいマジックを見たい」とねだる。

そのころ、通行止めの現場から遺体が見つかり、森野に連絡が入り、宮永は森野が刑事と知り、「体調悪いんで休んでもいですか」と言い出す。

イップス9話

ミコの推理が的中

ミコは推理を働かせる。

「何か怪しい。あの人赤影じゃないのでは。

爪が汚れていて、繊細なマジシャンとは思えない。本物の赤影はあの男に殺された。

そして、この家に遺体がある」

何の根拠もないが、全て推察通りだった。

森野はお腹が痛いとい、トイレに行くふりをして車の凹みを見つける。その頃、現場付近でブレーキ痕が見つかる。

さらに血のついた靴下を見つける。部屋の中をうろうろしていたのは、血痕を拭き取るためだった。

ミコも台所にあったアロエを見つける。

イップス9話

 

遺体の隠し場所は

問題は遺体がどこか。

森野は「作業着、手の豆、意外な盲点でした」と、真相に辿り着く。

ミコは宮永に「赤影さんの振りはもういい。別人ですよね」と切り出す。

アロエの話をした時、食用ではないアロエなのに、食べる話をしたこと。アロエは家主が傷を治すために用意したものだった。

そして遺体は、2階部分に釣り上げて隠していた。工事現場で覚えた滑車の原理で持ち上げたのだ。4分の1の力で持ち上げることができる。しかし、家主の血が上から落ちてきていた。

宮永は「勝手に転んで死んじゃった。殺す気は無かった」というが、ミコは「運がいいとか悪いとかじゃない」といい、宝くじが高額当選していたことを告げる。

2人を死なせてしまう結果になったが、宝くじが当たってくることに気づけば、こんなことにならずに済んだのにと悔やむ。

その頃、黒羽の弟、慧(染谷将太)が、ミコの小説を模倣した事件の犯人に面会していたことを、森野はつかむ。

【イップス】9話考察&感想

 

今回は、若手の人気俳優、萩原利久くんの登場で、盛り上がりましたね。
しかも事件が二つも重なり、いつもより、犯人側の見せ場が多く、
旬の利久くんのキャラクターを最大限、活かす作りになっていました。
その分、ミコの推理が、圧縮され、唐突なくらい、スピード感満点の事件解決でしたね。
記事内の画像出典:フジテレビ「イップス」公式サイト