【イップス】6話のネタバレ&考察!森野(バカリズム)誘拐の犯人は、ミコ(篠原涼子)の身近にいた!

イップス6話
※当サイトのリンクには広告が含まれます
フジテレビ金曜9時の2024年4月期の連続ドラマは、篠原涼子とバカリズムがダブル主演する【イップス】(4月12日スタート、金曜午後9時、初回15分拡大)が登場します。映画「ウエディング・ハイ」(2022年)で脚本家と主演としてクレジット共演している2人ですが、役者同士としては初共演。篠原はミステリー作家、バカリズムはエリート刑事役で、お互いに、ある問題を抱えた“絶不調バディ”が、絶妙会話術と掛け合いで事件を解決するミステリーコメディーです。
この記事では【イップス】6話のネタバレ&考察をお届けします。
イップス

【イップス】はどんなドラマ

小説を書けなくなってしまったおしゃべりなミステリー作家・黒羽ミコ(篠原)と、事件を解けなくなった自己評価高めのエリート刑事・森野徹(バカリズム)という互いに“イップス”を抱えた2人が絶妙会話術と掛け合いで事件を解決するミステリーコメディー!
イップスとは、心の葛藤により、筋肉や神経細胞、脳細胞にまで影響を及ぼし、「できていたことができなくなってしまう」心理的症状のこと。
2人は、プレッシャーによって普段は何も考えずにできていることが急にできなくなってしまうイップスを抱えていたのです。そんな絶不調な2人が仕事から逃避するために訪れていたサウナ施設で偶然出会い、殺人事件に遭遇することであれよあれよとバディを組むことに。ミコは「小説のネタが拾える」「生の死体見るの初めて」と事件に興味津々。対する森野は捜査に身が入らない中でも、刑事としての鋭い洞察力を見せミコと共に真相に近づいていきます。2人の捜査から犯人の目星はつき、容疑者本人に問い詰めようとしますが森野のイップスが発動してしまって……。“書けなくなってしまった”ミステリー作家と、“解けなくなってしまった”エリート刑事。絶不調なイップスバディが時には助け合い、もがきながらもリスタートを目指す痛快ミステリーコメディーが幕を開け、小気味よい会話劇を繰り広げながらコミカルタッチに犯人を追い詰めていきます。
完全オリジナルストーリーで【古畑任三郎】(1994年ほか、フジテレビ系)などをほうふつとさせる倒叙式の構成となっており、多彩な顔ぶれとなる犯人には毎話豪華ゲストが登場する予定です。
そして、今作でバディを組む篠原さんとバカリズムさんは、映画『ウェディング・ハイ』(2022年)で脚本家と主演としてクレジット共演していましたが、演者同士としては初共演。そんな2人が、イップスを抱えもがき、時には助け合いながら謎を解き明かしていきます。
・毎週金曜日 夜9:00~
・2024年4月12日スタート
脚本 オークラ 森ハヤシ
音楽 野崎美波
主題歌 AARON『フェイス』
演出 筧昌也
プロデュース 宮崎暖
プロデューサー 熊谷理恵(大映テレビ)
制作著作 フジテレビ

【イップス】相関図

イップス

【イップス】6話あらすじ 5月17日放送

イップス

<あらすじ>

黒羽ミコ(篠原涼子)は、森野徹(バカリズム)のことを「卑怯者」呼ばわりしてしまったことを謝ろうとDMを送る。だが、森野からは何の反応もなく、イライラを募らせるミコ。するとそこに、弟の慧(染谷将太)から「急いでこれを見て」と、メッセージと共にURLが届く。URLを開くと、物々しい雰囲気の部屋と森野が映っていた。その動画の中で森野は、8年前に起きた殺人事件の犯人として逮捕されたタクシー運転手・異口治(モロ師岡)は冤罪だと訴えている。

この事件は、都内でスナックを経営していた湯上幸(華耀きらり)が殺され、遺体の胸には十字架が刺さっていたというショッキングなものだった。また、被害者の名前と殺害方法が、ミコの小説『歪な十字架』とまったく同じだったことから、一部では『歪な十字架模倣事件』とも呼ばれていた。森野はこの事件の捜査を自身が担当していたことを明かし、「誤認逮捕を黙認した私は卑怯者です。警察は誤認逮捕を認めてすぐに異口治を釈放してください」と訴える。

あくる日、ミコはコメンテーターを務めるワイドショー番組『朝キュン』に出演するためにテレビ局を訪れる。すると番組サイドから、予定を変更して『歪な十字架模倣事件』と森野の告発について特集したいとの要望が。模倣事件の原作者でもあるミコに、今回の告発騒動について話して欲しいというのだ。だがミコは、あの事件に触れるのなら出演しない、と言って拒否。そしてミコは、動画に映る小さなヒントをもとに森野が誘拐されたのではないかと考え、森野を探し始めるが。

【イップス】6話ネタバレ!

森野が衝撃の告白!

ミコ(篠原涼子)は森野(バカリズム)と連絡が取れない状態が続いていた。

その頃、森野は監禁されていた。覆面の何者かに「指示通りにやれ、口答えするな」

そして、森野の告白動画が配信される。

8年前に起きた殺人事件の犯人として、逮捕した異口(モロ師岡)は誤認逮捕であり、釈放してくださいというもので、メディアも騒然となった。そして、犯行の手口から、ミコの小説の歪な十字架模倣事件と呼ばれるようになった。

ミコが出演するワイドショーもその話題を取り上げることになったが、ミコはキャンセル。大ファンの鈴木あみが出演することから、ノリノリでミコの弟の慧(染谷将太)が代わりに出演する。

イップス

森野は誘拐されている

ミコは告発動画がおかしいと感じていた。

森野が一番嫌いな「私は卑怯者です」という言葉を動画で口にしていたからだ。誰かに誘拐され、監禁されているのでは。

それは警視庁も気づいていた。

しかし、すぐに動画の第2弾が公開され、異口が釈放されなければ、10時間後に森野は命を絶つという。

ミコが弟に頼んで、警察を訴えたい言い出すと、森野の相棒である樋口刑事(矢本悠馬)がやむなく、ミコを協力することに。

事件を調べ直すミコ。

異口は泥酔して運転していたが、犯行は否認。しかし何日か後に、自供した。異口に近しい人物が怪しいと睨むミコ。

イップス

どんぐりころころのチャイム

動画を見直すと、5時のチャイムが聞こえ、そのメロディーはどんぐりころころだった。それをヒントに栗皮市を特定し、ミコ、運転手の坂浦(渡辺大知)、樋口は、地元の焼きそば店で異口が写っている写真が飾ってあるのを見つける。隣の女性は数年前に亡くなったという。その女性の住んでいた家に行くと、

物置の方で物音がした。しかし、坂浦が窓ガラスを叩き割り、腕から血を流す。ミコが部屋に入ると、そこは動画に映っていた部屋だった。

森野の死亡予告時刻が迫る中、樋口がミコにスマホを見せる。

坂浦に車を止めるように告げる。

亡くなった女性の家には子供の成長記録を示す柱の傷があった。

それは異口との子供で、その子が誘拐犯ではないか。

イップス

そして、犯人はまさかの!

ミコは樋口に警察の力で、子供の名前を調べるように頼んでいた。それが、スマホの答え。

子供の名前は、坂浦猛、30歳。

「あなたなんでしょ。誘拐したのは」

坂浦はどんぐりころころに詳しい。それがチャイムのヒント。

地元の赤焼きそば店で、ラー油をかけると美味しいと知っていた。

倉庫の裏の水道で傷口を洗っていたのは、まるで住人のような行動。

窓ガラスを割ったのも、倉庫に匿っていた森野を動かす時間稼ぎ。

そして、森野を車のトランクに隠したのだった。

「さすがミコさんです。無実の父を救うためです。父はいい加減な男だけどすごく優しい人。殺すような人じゃない。警察に脅されたんだ。母は父の無実を信じていた」

その復讐が動機だった。

ミコは自首を促すが、森野にナイフを振り上げる。そこへ警察が駆けつけ、逮捕される。

実は樋口が、ミコの行動を報告するように上層部から言われていたという。捜査一課も知らない部隊が動いている。

坂浦に面会するミコ。

ドライバーになったのは、ミコの小説さえなければ、と復讐心で近づいたからだった。

ミコのファンというのも全部うそだというが、その時、鼻を触る癖を見逃さなかった。

イップス

同じ事件から、共にイップスに

森野は8年前、上層部から異口で間違いないと任された。

取り調べで、異口は「この卑怯者!。俺はやってないって言ってるのに」と話すのを聞き、事件を調べ直すと。犯人ではないと思い始めていた。しかし、異口は突然、犯行を認めてしまう。

「何もできなかった。あの日以来イップスに。

ミコさんもあの事件からでは」

「まさか同じ事件がきっかけだとは」

「治すには、原因と向き合うことらしいです」

「2人で原因見つけちゃう?」

ミコが握手を求めると森野は照れて笑い出す。

樋口は慧が集めた事件のファイルが、警察内部しか知り得ない情報ばかりだったことを不審に思う。

「頑張って調べただけですよ」と話すのだが。

【イップス】6話考察&感想

 

なんと、身近なところに、恨んでいた人物がいたとはという展開でしたね。それにしても、ミコの推理力はどんどんすごくなってる感じがして、とてもイップスとは思えなくなってきてませんか?w残る問題は、なぜ上層部は、あの事件をでっち上げたのか?6話は、イレギュラーな展開で、ハラハラしましたが次回は、また最初から犯人がわかっている倒叙型に戻るんですね。どっちがいいのか?

記事内の画像出典:フジテレビ「イップス」公式サイト