【イップス】4話のネタバレ&考察!凶器を見破る森野(バカリズム)の名推理!

当サイトのリンクには広告が含まれます
イップス4話
フジテレビ金曜9時の2024年4月期の連続ドラマは、篠原涼子とバカリズムがダブル主演する【イップス】(4月12日スタート、金曜午後9時、初回15分拡大)が登場します。映画「ウエディング・ハイ」(2022年)で脚本家と主演としてクレジット共演している2人ですが、役者同士としては初共演。篠原はミステリー作家、バカリズムはエリート刑事役で、お互いに、ある問題を抱えた“絶不調バディ”が、絶妙会話術と掛け合いで事件を解決するミステリーコメディーです。
この記事では【イップス】4話のネタバレ&考察をお届けします。
イップス
目次

【イップス】はどんなドラマ

小説を書けなくなってしまったおしゃべりなミステリー作家・黒羽ミコ(篠原)と、事件を解けなくなった自己評価高めのエリート刑事・森野徹(バカリズム)という互いに“イップス”を抱えた2人が絶妙会話術と掛け合いで事件を解決するミステリーコメディー!
イップスとは、心の葛藤により、筋肉や神経細胞、脳細胞にまで影響を及ぼし、「できていたことができなくなってしまう」心理的症状のこと。
2人は、プレッシャーによって普段は何も考えずにできていることが急にできなくなってしまうイップスを抱えていたのです。そんな絶不調な2人が仕事から逃避するために訪れていたサウナ施設で偶然出会い、殺人事件に遭遇することであれよあれよとバディを組むことに。ミコは「小説のネタが拾える」「生の死体見るの初めて」と事件に興味津々。対する森野は捜査に身が入らない中でも、刑事としての鋭い洞察力を見せミコと共に真相に近づいていきます。2人の捜査から犯人の目星はつき、容疑者本人に問い詰めようとしますが森野のイップスが発動してしまって……。“書けなくなってしまった”ミステリー作家と、“解けなくなってしまった”エリート刑事。絶不調なイップスバディが時には助け合い、もがきながらもリスタートを目指す痛快ミステリーコメディーが幕を開け、小気味よい会話劇を繰り広げながらコミカルタッチに犯人を追い詰めていきます。
完全オリジナルストーリーで【古畑任三郎】(1994年ほか、フジテレビ系)などをほうふつとさせる倒叙式の構成となっており、多彩な顔ぶれとなる犯人には毎話豪華ゲストが登場する予定です。
そして、今作でバディを組む篠原さんとバカリズムさんは、映画『ウェディング・ハイ』(2022年)で脚本家と主演としてクレジット共演していましたが、演者同士としては初共演。そんな2人が、イップスを抱えもがき、時には助け合いながら謎を解き明かしていきます。
・毎週金曜日 夜9:00~
・2024年4月12日スタート
脚本 オークラ 森ハヤシ
音楽 野崎美波
主題歌 AARON『フェイス』
演出 筧昌也
プロデュース 宮崎暖
プロデューサー 熊谷理恵(大映テレビ)
制作著作 フジテレビ

【イップス】相関図

イップス

【イップス】4話あらすじ 5月3日放送

イップス

<あらすじ>

アレンジモンブランが人気のパティスリー『Ebahi』のオーナー・小泉春樹(宮尾俊太郎)が死体となって発見される。森野徹(バカリズム)より先に現場に到着した黒羽ミコ(篠原涼子)は、いつもの警察メンバーと“森野が現場に来るかどうか”を賭ける中、森野が現場に到着する。捜査に乗り出していた捜査一課刑事・樋口一之(矢本悠馬)によれば、春樹の死因は頭部を強打したことによる脳挫傷の可能性が高いという。死亡推定時刻は前夜の21時~21時半の間。ちょうどそのころ、近隣で発生した火事が原因で停電が起きていたため、春樹は明かりを探していた際に、床に落ちていたクリームを踏んで滑ったものと推測された。

春樹が最後に一緒にいたのは、彼の恋人でもあるチーフ・パティシエの金町環奈(香椎由宇)。ドキュメンタリー番組で取り上げられるほどの人気パティシエである環奈は、春樹の尽力で、フランスの三ツ星レストランのシェフに自作のケーキを試食してもらう機会を得ていた。これが上手くいけば、フランスの三ツ星レストランでパティシエになる、という環奈の夢が叶うのだ。だが年齢的にも人生の分岐点にたち、春樹との結婚を望むようになっていた環奈は、春樹が元恋人で後任パティシエになる江原尚子(遊井亮子)とヨリを戻すために自分を店から追い出そうとしていると疑っていた。

今回も事件に首を突っ込むことにしたミコと森野は、閉店後に春樹とふたりで新作メニューの開発をしていたという環奈から話を聞くことに。ミコは環奈と尚子の間に流れる気まずすぎる空気感から、春樹を含めた三者の「ドロドロの三角関係」と「痴情のもつれ」を動機とした環奈による殺人を疑うが……。

【イップス】4話ネタバレ

パティシエがオーナーを

人気パティシエの金町環奈(香椎由宇)は、オーナーの小泉(宮尾俊太郎)に試作を試食してもらう。

「明日エルナンデスがこれを食べたら驚くだろう。フランス行きは決まりだ」

「私。フランスなんか行かない」

「俺たち終わりにしよう。三つ星シェフになるのが夢だろ」

「私はこの店であなたと。そんなに追い出したい?

追い出して、元カノとヨリを戻したいのね」

衝動的に、ココナッツで後頭部を殴り、死なせてしまう。

クリームで足を滑らせたように偽装する。

ゴミを捨てに行こうとすると停電で電気が消える。

イップス

元カノと三角関係?

ミコ(篠原涼子)が現場へ到着。森野(バカリズム)は遅れて姿を見せる。現場が人気スイーツ店だったからだ。

停電になり、暗闇でクリームに足を滑らせ、転倒した可能性が高い。しかし、森野もミコも不審に思う。

環奈に話を聞くと、小泉は、環奈が帰った後も試作を続けていた。

ゴミを捨てたのは環奈だが、小泉に捨てるように言われた。

同じ店のパティシエ江原尚子(遊井亮子)に対して、険悪なムードを醸し出す環奈。尚子は小泉の元カノだった。

フランスの三つ星シェフエルナンデスにケーキを振る舞う約束があるのだが、環奈と尚子とオーナーは三角関係では?とミコは推理する。

イップス

停電の中、ココナッツを注文

環奈は事件当時の停電時にココナッツの発注をしていたが、調達ができない。

森野は、ココナッツを昨日発注したばかりなのにまた注文していることに疑問を抱く。

解剖の結果が出た。球状のもの殴打された痕があり、転倒したものとは明らかに違う。

森野は、クリームは靴の裏のつま先だけしかついていないのに、仰向けに転倒しているのは理論上おかしいと説明。これは明らかな偽装工作。

そして、ゴム手袋を無理やり付けさせたことも指摘する。パウダーが内側についていたからだ。

環奈は小泉と交際していたが、小泉が元カノである尚子との浮気疑惑があった。

なんで私を疑ってるの!と言われ、森野はまたイップス状態に。

イップス

そして、森野の名推理は

それでも、スマホの画面越しに、環奈と向き合う。

犯行時刻には自宅にいたというが、停電区域外だった。

では、なぜ10時半に電話でココナッツを発注したのか。

森野は、ココナッツが凶器だからだと指摘する。

そして、その血のついたココナッツで試作をした。血の外皮は、ゴミ処理場から森野が見つけた。

環奈は小泉と結婚したかった。

だが、環奈の才能を信じる小泉は

愛してるからこそ、別れを切り出した。

世界に羽ばたいてほしいと、願って切り出した。

実は尚子の彼氏はエルナンデス。

小泉は尚子とエルナンデスの滞在するホテルへお願いに行っていたのだった。

エルナンデスがやって来る。

しかし、環奈は小泉を殺したココナッツで作ったものは提供できないと話すのだった。

ミコは、いまだに小説が書けないことをマネジャーにいじられる。しかし、「書けたの。1行だけ。大きな一歩」と微笑むのだった。

イップス

 

【イップス】4話考察&感想

 

偽装工作はなんとも稚拙な感じでしたが、凶器を見せない展開がドラマのカギでしたね。

血のついたココナッツ。

普通は、ゴミ処理場に行くと、なかなか見つけられないものですが、

森野一人で探し当てるとは、アッパレですねw

記事内の画像出典:フジテレビ「イップス」公式サイト
イップス4話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次