スポンサーリンク

【ボイス2】7話のネタバレと視聴率!重藤班長生存と衝撃ラスト!

    【ボイス2】7話のネタバレと視聴率!重藤班長生存と衝撃ラスト!
https://www.ntv.co.jp/voice2/story/

【ボイス2】7話のネタバレと視聴率!重藤班長生存と衝撃ラスト!

記憶が途切れる病に悩む透()が小野田本部長(大河内浩)の殺人犯!?

ついに白塗り野郎(安藤政信)の正体を樋口が突き止めるが、衝撃ラストに視聴者騒然!

今回は【ボイス2】7話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想・考察について!


ADVERTISEMENT

【ボイス2】7話の視聴率

【ボイス2】7話の視聴率は9月6日(月)にお知らせします。

【ボイス2】7話のあらすじ

【ボイス2】7話のあらすじです。

これまでのあらすじはこちら↓↓

逃亡する透と久遠の新たな狂気

港のボート倉庫で目覚めた石川透(増田貴久)は、銃殺された小野田の遺体と、自分の手にある拳銃に気づき愕然とする。作業員たちに発見されると、混濁する記憶を抱えたまま姿を消す。

緊急通報を受けたECUは、樋口()たちを現場へ派遣。突然の小野田の死、防犯カメラに映った透の姿にショックを受ける。透は無線を切ったまま、電話にも出ない。

その様子を見ながらパンケーキを作る“白塗りの男”久遠京介(安藤政信)。

—人生は予測できない。だから面白い —

マンションの自治会長・美由紀(日高のり子)が自治会に参加してと言いに久遠の部屋を訪れる。傍受した警察無線の音が流れる室内を不審に思いながらも部屋の奥へと進む美由紀。そこには、エンバーミング処理された久遠の母親の遺体が横たわっていて……!悲鳴をあげる美由紀を、さらなる恐怖が襲う!

ある町に「おしゃべり」と呼ばれる女がいた。住民たちはなぜ話を誇張するのかと尋ねると女は言った。

アハハハ・面白いからいいでしょ。

もし私が住民だったらどうするか。2度と話ができないようにするでしょう。舌を焼いてしまうとか。

久遠はそう言うと、焼印をつけるコテを美由紀の舌に押し付ける。

樋口(唐沢寿明)は透(増田貴久)を信じる

拳銃発砲殺人事件通報から55分。透が被疑者として手配される中、重藤(藤本隆宏)と片桐(中川大輔)は樋口の責任だと非難する。しかし樋口は石川の無実を信じていた。小野田が白塗りの男と通じていた可能性が高いことから、樋口は石川が罠にハメられたと考える。一方、ひかり()は、ECU副室長の早紀に、隠れて小野田と連絡をとっていた理由を問う。

小野田は透の居場所を教えてくれと言ったという。事情は、妻子に迷惑がかかるからと口を閉ざした。

早紀は、警察大学卒業後の配属された部署で、ストーカー事件の通報があったのに、手が回らず結局被害者を作ってしまった。できることはすべて行い、最終的には感謝もしてもらえたが、そのときかばってくれたのが本部長だった。早紀は服務規程違反をした、ECUから外してほしいと言うが、ひかりは、責任を感じているならできることがある、と引き止める。

樋口は、透に薬を処方していた薬剤師・宮崎久子(宍戸美和公)のもとへ。精神的な不安を抱えていた透が無理していたこと、薬を飲まない状態が続くと、錯乱状態になる可能性がある。透は意識を失うと困るから録音していたという。透の自宅からは白塗りの男との関係を示す『はなまる』が描かれた箱が見つかり、その中には本部長と白塗りの会話を録音したデータが入っていた。

重藤班長は生きている!?

福田教授(福澤朗)が、ドイツの大学から客員教授に呼ばれているからぜひ行くようにと久遠(安藤政信)に告げるが、久遠は断る。名誉な話だから、と福田は勧めるが、久遠は自分の進退がわからないという。

どっちに転ぶのか…。

福田が去ると久遠は小野田本部長の遺体を前に笑いながら言う。

あなたの選択、面白かったですよ。でも残念。これからがいちばん面白いのに。あなたの死の真相をめぐる物語。

透を見つけた樋口は電話で話をする。透は、本部長のことが許せなかったが、記憶がないと言う。しかし記憶がなくなったときのために音声を録音していた。その音声の内容を樋口が聞くと、「あり得ない、頭がおかしくなる。あと2錠あった薬もなくなっていた。自分がやっていたらアニキに顔向けできない」

午前1時ごろにチェックアウトした客について調べていた透。帽子とマスクをした男の顔にはやけどの痕があった。宿泊者名簿には「株式会社アシスト 加藤武夫」とあったがおそらく偽名。防犯カメラ映像の音声をひかりが聞き取る。

何度も聞いた…やさしい声。ありえない!

それは死んだはずの重藤雄二の声だったのだ。

重藤雄二が生きていると言っても信じてもらえない。もし遺体の解剖記録が改ざんされているとしたら、それができる人間は1人しかいない。透は自分で真実を立証しようとしていると樋口。

【ボイス2】7話のネタバレ

【ボイス2】7話のネタバレです。閲覧ご注意を。

白塗り=久遠(安藤政信)が樋口にあげる「絶望」

透は、重藤雄二を見たような気がするが、はっきりとはわからない。

解剖医の久遠京介(安藤政信)は姿を消していた。研究室には、重藤雄二のカルテにはなまるが描かれ、「よくできました」と書いてあった。住居ももぬけの殻。殺されて間もない自治会長の遺体が放置されていた。

透をいち早く見つけたひかりが話をしていると、重藤捜査一課長ら刑事たちが透を追いかけ、屋上に追い詰める。樋口がやってきて、「お前はやってない」と説得。ECUのメンバーも拳銃がすり替えられていたことなど、透が犯人ではない証拠や、本部長は自殺だったことを口々に伝える。

本部長は罪を犯したことで白塗りに脅され、内通者をやらされていた。最後は自分で決着をつけると言っていたと副室長に語っていた。

透は自分をかばうひかりを人質に取る。しかしそれは2人の芝居だった。白塗りはこのショーを最前列で見ているはず。普通の方法じゃ捕まえられない…。無線が盗聴されているため、スマホのメールで樋口に送る。樋口たちも協力し、芝居を続けるとゴム手袋をパチンと鳴らす音が聞こえる。白塗りは隣りのビルの屋上にいた。

久遠は踊りながら、「絶望をあげよう」と言うと、樋口たちを拳銃で撃ったふりをする。しかしそのとき、透が本当に胸を撃たれていた。血を吐いて倒れる透に樋口たちが駆け寄った…。

【ボイス2】7話の感想

【ボイス2】7話の感想です。

透(増田貴久/まっすー)がひかり(真木よう子)とひと芝居打って、いよいよ白塗り野郎と対峙したかと思いきや、何者かが透を銃撃!しかも心臓を一撃!?

重藤班長生存説は、序盤から囁かれていましたが、やはり班長は生きていた! ラストが衝撃すぎました。

【ボイス2】白塗り野郎は誰だ!?安藤政信が本命、増田昇太で班長生存説も!

【ボイス2】7話の考察とまとめ

以下、原作のネタバレが含まれます。

班長は顔にやけどをしていたので、白塗り野郎に一旦火をつけられたのでしょう。

本部長と白塗りの関係については、5話で考察しましたが、班長が“あちら側”に行ってしまったのはなぜなのか —。白塗りはどうやって班長の闇に火をつけたのか。

白塗りは、ひかりが樋口を好きだとでも吹き込んで火をつけたのか!? いやそれだけでは本部長を殺したりしないですよね。重藤雄二は日本版オリジナルのキャラクター。捜査一課長の義理の弟という登場人物はいたのですが、設定が全然違います。

8話の予告とあらすじでは、透を撃ったのは重藤班長らしいのですが、屋上の一件の間じゅう、いつも重藤一課長と一緒にいる片桐(中川大輔)がいませんでした。透を撃ったのは片桐の可能性もありますね。

そして重藤班長が殺そうとしているのは、樋口なのか、それとも?

韓国ドラマのエッセンスはふんだんに盛り込まれていますが、設定やストーリーは日本オリジナルの部分が大きいので、だんだん先が読めなくなってきておもしろい!

次回8話は、9月11日(土)よる10時から放送です!

原作のネタバレはこちら↓↓

ボイス2のネタバレ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました