【テッパチ】最終回の感想とネタバレ!まいやんの尊いキス…全部持って行った!

主演ドラマ「テッパチ!」(フジテレビ系、水曜午後10時)の最終回が9月14日に放送されました。

桜間冬美(白石麻衣)のもとに、病気休暇中の馬場良成)から退職届が送られてきた。
馬場のことが片時も頭を離れない国生宙)。
宙たちのことを心配していた八女純一)は、馬場の退職届は受理されておらず、今も病気休暇ということになっていると冬美から教えてもらいます。

馬場の為に何かする前に、まずは宙自身がしっかりしろ、と八女に諭される宙。

そんな時、宙たち大木班に災害派遣要請を受け、土砂災害の現場に向かうことに。

最終話激動の最終話!命の最前線とバディの絆】のネタバレと感想を紹介します。

【テッパチ!】最終回のネタバレ

まずはお前がしっかりしろ

芝山と宙

休職中の馬場の為に何ができるのか、宙は頭の中がいっぱいだった。

のことを心配していた八女純一は、馬場の退職届は受理されておらず、病気休暇中扱いとなっていることを宙に教える。
「馬場にしてやれることは何もないが最後まで信じてやることはできる」と告げる。
「それがバディってもんだろ。だから先ずはお前がしっかりしろ」

宙は八女の言葉で少し前向きになれた気がした。

今の自分にできることを考えた宙は入院中の芝山勝也(水沢林太郎)の見舞いに行く。
しかし芝山は宙の姿を見るなり、不快感をあらわにし宙の話を聞こうとしない。
するとそこに風間速人)が現れ、「宙の話を聞いてやってほしい」と頭を下げる。

風間の一言で芝山に話す機会を得た宙は、自信のラグビーを引退した過去を話し、自身はラグビーから逃げたが、必死にリハビリに励む芝山を称える。

芝山はオリンピックに出る大変さを話し、
「オリンピックは死ぬ気でやらなきゃ出られない。人に言う前にあんたが死ぬ気でやっているとこを燃せてみろ。」
と激高した。

ドッグタグ

遥ちゃん 風間 宙

病院の外廊下で、小学1年生の「しらいはるか」と名乗る女の子と出会った。
はるかは宙のドックタグに興味を示し、欲しいとねだるが「大事な仲間に分かってもらうためのものだからあげられない。」と風間に諭され諦める。
宙は異父兄弟の三輪茜( 田中絆菜)にあげるつもりだった、ドッグタグを模した名前プレートと災害時用のホイッスルをあげた。

名前プレートに『HARUKA』と書いて渡すと
「お兄ちゃん、国を守る仕事って、かっこいいね!がんばってね。」と言って去っていった。

災害派遣要請

土砂災害派遣 大木班

神奈川県の山間部で土砂災害が発生し、大木班は現場へ向かった。
生存者を確認しながら、土砂を撤去する作業が夜通し行われた。

土砂の撤去作業も3日を迎えた朝、『HARUKA』と書かれた名前プレートが見つかる。宙がはるかにあげたものに間違いない。
冬美が警察に問い合わせると、白井家は土砂崩れ発生時この現場付近におり、災害に巻き込まれた可能性が高いことがわかった。
生き埋め事故は発生から 72時間を超えると生存率が急激に低下する。
72時間まで残り時間もわずか、焦る冬美のもと神宮寺副連隊長( 緋田康人)より「活動を修了せよ。」と連絡がくる。

その時、近くでホイッスルの音がかすかに聞こえた。
どうしても助けたいという思いが強い宙は、冬美を説得する。
冬美は「熱い心でぶつかってくる宙のような人間も自衛隊には必要だ。」という八女の言葉を思い出し、捜索活動を継続することに許した。
「これより救出活動を継続する!我々の手で白井さん家族を救出する!」
隊員たちの目が輝き、やる気が漲っているのが分かった。

馬場の復活

八女に説得される馬場

土砂災害の様子はニュースにも取り上げられ、馬場はネットニュースで馬場は宙たちが災害作業をしていることを知った。
スマホの留守電を聞くと宙から「お前を待ってる、お前から逃げねえぞ。だって、俺はお前のバディだからな。」とメッセージがあり、馬場は涙を流す。
その時、インターホンが鳴り馬場の家に八女がやってきた。
八女は今の馬場なら、人の痛みが分かる、と言って馬場のドッグタグを渡した。
「頼めるか。」
馬場は大きくうなずいた。

最強のバディ

宙と馬場のグータッチ

だが、救出作業は夜遅くまでおよび、周囲が真っ暗になっても状況は変わらない。
班員全員、疲労が蓄積していた。
そこへ迷彩服を着た馬場が「馬場良成、ただいま戻りました!」と登場。
宙や八女からの想いに心を動かされた馬場は、自衛官として人を守るために戻ってきた。
馬場と宙、2人の最強バディはグータッチをしてほほ笑んだ。

疲れを吹き飛ばし、現場に活気がもどり、近くでかすかにホイッスルの音が聞こえた。
土砂を掘り起こし、白井一家の生存を確認・救出するし病院へ搬送することが出来た。

芝山の決意

宙と馬場

後日、ニュースで宙たち自衛隊の活躍を知った芝山は、病院にいた宙を訪ね
「死ぬ気でやったんだよな、あんた。あの姿を見て思った。俺もまたできるかも。だからもう逃げない。もう一度やってみるわ、オリンピック。」
と、再び五輪を目指すことを約束した。

芝山の姿を見た馬場は
「音楽隊、あきらめないことにしたんだよ。もしかしたら、オレのトランペットで救われる人がいるかも。」と語り、宙も
「ラグビーやってみるわ。」
と、2人とも前に向かって進みだそうとしていた。

桜間冬美との別れ

桜間と宙

宙を屋上に呼び出した桜間は、希望が叶ってアメリカの陸軍学校に1年間赴任することになったと打ち明けた。
「ありがとう、あなたのお陰でちょっと変われた気がする。」
「オレの方こそ、ありがとう。」
と宙が言い終えると桜間は宙の首を引き寄せキスをした。

振り返り去っていく桜間を宙は微笑んでみていた。

一人前のテッパチ

八女(北村一輝)

大木班は総合火力演習に選ばれ、会場に向かうことになった。
総合火力演習は戦闘車両や火砲などによる実弾射撃などが行われ、その模様は全世界にライブ配信されるため、大木班は気合がはいっていた。

部隊の荷物を車に積み、テッパチを被る宙。

その様子を見守っていた八女。
「1人前のテッパチだぁ。」
その言葉には喜びがあふれていた。

【テッパチ】最終回の感想

まいやんの美しすぎるキスシーン‼

宙(さん)と桜間(白石麻衣さん)の美しすぎるキスシーンにSNSは大騒ぎ!
強きな桜間らしい、胸ぐらをつかんで突然のキスは夕日バックに絵画のようでした。
最後のキスシーンに全部持っていかれた…という感じですね!

あの桜間のキスの意味は何だったのでしょうか?
宙からの好意に対する返事なのか?アメリカから帰ってくるまで待っていて、の意味なのか?
宙の微笑みを見る限り、2人の関係が終わってしまうという感じはしないのですが。
視聴者の想像にお任せ、という意図でしょうか。

【テッパチ】まとめ

7月6日から9月14日まで11話にわたり放送されたましたが、主人公・国生宙の成長を感じていただけたでしょうか?
“やけっパチ”に入隊した宙が、自衛官にとって身を守る鉄帽=“テッパチ”にふさわしい自衛官へと躍進した姿が描かれたと思います。

猛暑の中クランクインし、最後まで汗まみれ泥まみれでの撮影で出演者の皆様、スタッフの皆様、ご苦労様でした。

個人的には総合火力演習で、1部の候補生が新たな配属先から参加し、再会するシーンも見たかったのですが。
役者さんの役にかける体つくりや、仲の良さが伝わる作品でした。
ありがとうございました!

画像出典:「テッパチ!」公式サイト

コメント