【テッパチ!】7話のネタバレと感想!二部始動!違うドラマみているみたい…新キャスト勢揃い!

さん主演ドラマ「テッパチ!」(フジテレビ系、水曜午後10時)の第7話が8月17日に放送されました。
国生宙( )が陸上自衛官となり、任務に当たる姿を描く第二部「部隊編」がいよいよスタート!

第二部では新たなキャストとして、さん、さん、久保田悠来さん、さんが先輩自衛官に、また水沢林太郎さんがオリンピック選手として登場します。

7話「第二部・部隊編スタート!初の現場出動は緊張の連続!」のネタバレ・感想を紹介します。

【テッパチ!】7話のネタバレ

先輩自衛官からの歓迎

桜間と宙と馬場

馬場良成)は南関東駐屯地に配属された日に同じく昇進し移動してきた桜間(白石麻衣)に「スキルアップを忘れないで」と助言を受け、これから生活を始める寮へ向かう。

宙と馬場は部屋の扉を開けるなり、先輩たちから水鉄砲で容赦ない歓迎を受ける。
班長で1曹の大木隆之(久保田悠来)、金子慎也)、風間速人)、野村晴樹さん)の4人だった。

大木隆之 班長で 1等陸曹。筋肉マニア
金子慎也 班長の次に古株。ギャンブル好きでバツイチ。7歳の娘がいる。
風間速人 駐屯地1の爽やかイケメン。
野村晴樹 一番年下だがアタマが良く優秀。

宙と馬場は先輩たちからの子供っぽいイタズラに耐えつつ、押し付けられる雑用をこなしながら、日々厳しい訓練に明け暮れる。

「先輩ガチャ、失敗」
まさに馬場の言うとおりだった。

暑苦しいマッチョマンの班長、パっと見爽やかの女ったらし風間、ギャンブルにめがないくたびれたオッサン金子、太鼓持ちの野村、と宙と馬場の先輩に対する評価は低かった。

ラグビー部への勧誘

歓迎会

宙と馬場の歓迎会で、自衛隊にもラグビー部があると知った宙だったが、高校時代のトラウマからラグビーをしていたことを隠していた。

ネットで宙が高校時代にラグビーのスター選手であったことを知った野村は、ラグビー部の監督・前橋にその事を教えた。
早速、監督は宙をラグビー部は勧誘するが、宙は「もう興味がない」と言って断ってしまった。
ラグビー部の練習場から、宙と馬場を見かけた西健太( 藤岡真威人)が走り寄ってきた。
聞けば野戦科に配属された西は、更に強くなって空挺団に配属されるためにラグビー部に入部したという。
久びさの再開に嬉しくなった3人はまた遊ぼうと約束した。

初めての任務

災害派遣へ向かう宙

テレビで神奈川県相模大野に大雨特別警報のニュースが流れると、先輩たちの表情が一変した。
神奈川県知事からの災害派遣要請で、宙たちの舞台は現地へ出動する。

宙と馬場は非難場所への誘導を行う事を指示された。
避難住人たちから忘れ物を取りに帰宅したいなどいわれた宙は、代わりに取りに行くと約束し各家庭を回る。
避難所に戻ってくると、既に予定時刻よりも早くトラックが到着しており、宙は大慌てで避難誘導を再開する。
避難住民に忘れ物の催促をされた宙が、トラックからの誘導中に持ち場を離れてしまったときに避難者がトラックの荷台から転落して右足を骨折しまう。

持ち場を放り出し、忘れ物を取りに行き、避難者を負傷させたとして桜間は宙を「自分勝手な行動をとるな!」と叱責する。

宙の犯したミス

入院中の芝山

負傷者の芝山勝也(水沢林太郎)は次のオリンピック代表を期待されるスケートボードの強化選手だった。
今回の骨折からの回復には相当の時間を要し、オリンピックへの出場は絶望的となった。
南関東駐屯地を訪れていた八女()と桜間の話を聞いてしまった宙は、芝山の入院する病院へ急いだ。

「昨日はすみませんでした。」と宙は謝罪したが
「謝ってどうなるんだよ!早く消えてくれ!」と宙の持ってきた菓子折りを投げつけて激高する芝山だった。

現場を混乱させ、負傷者を出してしまい、ガックリと肩を落として戻った宙を八女が待っていた。

宙は、危ない目にあっている人たちの大事なものを守りたかったのに、こんな結果になってしまい自信を失くしてしまった。

「もしお前がそれ(忘れ物)を取りに行っている間に、ほかの場所で誰かが死んでたとしたら、どうする?」
八女は宙の目をまっすぐ見て言った。
「大事なものは人それぞれだ。でもな、何よりも大事なものは命だろ。
俺たちはそれを守るためにいるんだ。それが俺たちの仕事だ」

と優しく諭され、宙は涙したのだった。

大木班の結束

ちゅうとん家で 大木と風間

落ち込んだ宙を居酒屋に誘ってくれた大木班の先輩たち。そこには子供っぽいおちゃらけた姿はなかった。
先輩たちも最初の任務は上手くいかず、失敗を重ねて分かるようになってきたんだと話してくれた。
避難所で宙や馬場への感謝の声を多数聞いたことも教えてくれた。

ギリギリで生きている人たちの命を守らなくてはいけない。そして冷静でなくてはならない。
いつも大木が心がけていることだ。

これまでの雑務のムチャブリや、数々のイタズラもどんなところでも適応できる能力を付けてもらうためだった。

先輩ガチャに失敗したわけではなく、先輩たちなりの宙と馬場に対するエールだと知り、感謝し改めて宙と馬場は深々と頭を下げた。

【テッパチ!】7話の感想

二部始動!違うドラマのよう…

1部と比べ2部は「大人のテッパチ」といった感じで重厚感が増した感じでした。
訓練生から自衛隊員になり、責任もグッと重くなりました。
イタズラシーンでは男子校のようなワチャワチャ感を残しつつ、大人の落ち着きと冷静さが現れていました。

【テッパチ】7話まとめ

クセ強めだけの先輩に囲まれ、大木班での自衛官生活が始まった7話でした!

オープニングのタイトルバックも 第二部バージョンに変わり、宙の精悍な顔つきになりましたね。

災害派遣要請を受け、近隣住民を避難所へと誘導するため 宙と馬場は初めての出動勤務に。
訓練通りにはいかない現実に戸惑ってしまう二人でした。
避難者を負傷させてしまうミスを犯しながらも、感謝してくれていた避難者もいた自治つを知り、深く考えさせられた宙と馬場でした。

先輩たちも「人の命を守る」という信念に共感し、さらに成長していく二人に期待!

次は7月24日放送予定です。

コメント