スポンサーリンク

【天国と地獄】9話あらすじと考察!八巻(溝端淳平)が裏切り?

【天国と地獄】9話あらすじと考察!

天国と地獄-09話

日曜劇場『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS)第9話が3月14日に放送!

前回8話では、「東朔也」が師匠こと湯浅(迫田孝也)であると確定。

しかし東朔也=湯浅と日高が指名手配され、ラストでまたも入れ替わりが!?

注目の9話では、日高()が逃走!彩子()が逮捕される?八巻(溝端淳平)が何やら発言を!もしかしたら八巻が裏切り?

今回は【天国と地獄】9話あらすじと考察について。

※今回は9話の事前考察、8話直後考察となります。

ドラマ【天国と地獄-サイコな2人-】のキャストと相関図!綾瀬はるかと高橋一生が入れ替わる

【天国と地獄】の視聴率と最終回ネタバレ!予想もしない真実と“究極の愛”とは?


ADVERTISEMENT

【天国と地獄】9話あらすじ

<9話のあらすじ>

※<>内は入れ替わった後の人物名

歩道橋から転がり落ちた彩子<日高>()と日高<彩子>()。警察は、連続殺人事件への関与が濃厚な日高陽斗と東朔也に緊急配備をかける。その東朔也=師匠は日高の双子の兄で、陸()ととある場所に向かっていた。

一方、河原()は捜査一課とは別に単独行動に出て……。

https://www.tbs.co.jp/tengokutojigoku_tbs/story/

公式サイトでは、これしか出ていません。いよいよ最終章。物語が動くため伏せているのでしょうか。

でもご安心ください。予告動画や場面写真で(ある程度)考察のヒントが散りばめられています。

【天国と地獄】9話予告動画

<予告動画>

【天国と地獄】9話あらすじの考察ポイント

【天国と地獄】第9話<あらすじ>で気になる考察ポイントは…

(1)望月彩子(綾瀬はるか)の慟哭
・・・「始めからこんなことすんじゃねえよ」という彩子の慟哭とは?

(2)日高(高橋一生)が逃走の意味
・・・「日高が逃走した、女性捜査官1名が追跡中」という声が予告動画にあります。場面写真でも、日高を追う彩子の姿がありますよね。「さがれえ!」と日高が彩子を人質にとって、ナイフを突きつけてる場面も!いったい何が?どういう展開?!

(3)八巻(溝端淳平)の発言
河原:「終わりだ望月」
八巻:「望月さんは…」
というセリフも気になりますね。これは最大の気になる考察ポイントです。<八巻が裏切り>の可能性も?

(4)望月彩子、逮捕される?
・・・河原が「望月彩子、逮捕や」と彩子に手錠をかけるシーンは気になります。

(5)東朔也=湯浅師匠の旅の目的
東朔也=師匠は日高の双子の兄で、陸()ととある場所に向かっていた…と<あらすじ>にあります。どこへ?何しに?

(6)8話本編の9話予告動画(TVerも同じ)での新事実を考察(追記になります)

【天国と地獄】9話考察(1)望月彩子(綾瀬はるか)の慟哭

9話予告動画で、「始めからこんなことすんじゃねえよ」と彩子が慟哭(どうこく=悲しみに耐えきれずに声を上げて泣くこと)!その意味は何でしょうか。

うしろには陸がいますね。ということは、場所はあの奄美大島なのでしょうか。

近くには東朔也(あずまさくや)=湯浅(迫田孝也)もいるのでしょう。

おそらく、東朔也が謝罪したのでは?犯行を後悔しているのでは?

そんなこと言うなら始めから殺人をするな!という…彩子の嘆き、と予想します。

(注釈)ちなみに、私(当記事筆者)は7話ラストで望月彩子と日高陽斗は入れ替わり成功。元に戻ったと予想している立場です。当記事もその立場で語ります。

【天国と地獄】9話考察(2)日高(高橋一生)が逃走の意味

9話予告動画で、「日高が逃走した」という声があります。おそらく、管理官の五十嵐公平(野間口 徹)の声。

追いかけている女性捜査官は、動画や写真から、望月彩子なのでしょう。

気になるのは「下がれええ」と日高が彩子の首すじにナイフを突きつけている場面。

天国と地獄-09話-4
©TBS

いったい何が起きたのか。

9話に至るまでの彩子・日高の関係から考察すると、2人は<サイコパスな殺人鬼>と<刑事>の関係に思えません。

彩子・日高は、真犯人を追うバディ(相棒)のように思えて仕方ありません。

となると、彩子・日高の2人は芝居をしていると思います。

日高が凶悪犯のふりをして、何かから逃げようとしています。

背景に旅行パンフレットみたいなのがあること、長い椅子があることから、場所はフェリー乗り場とかでしょうか?

あるいはフェリーなのかもしれません。

あれ?奄美大島へ行くには何があるのでしょうか(笑)

調べると3つあるようです↓

関東から奄美大島へ行くための主な方法は、「羽田空港または成田空港からの直行便」「鹿児島空港からの飛行機」「鹿児島空港からのフェリー」の三つです。

https://www.t-marche.com/tripper/article/931/

飛行機は、指名手配犯は厳しいですよね。となると、フェリーを使う?

日高は彩子を人質にして、刑事たちの足止めをして、2人はフェリーに乗ったのかもしれません。そんな上手くいくかは不明(笑)

窓や銀の支柱の感じから、フェリーの室内?

ともかく彩子・日高は自作自演で、逃亡している…と事前考察をしておきます。

【天国と地獄】9話考察(3)八巻(溝端淳平)の発言

9話予告動画で、八巻は何を言おうとしているのでしょうか。

「望月さんは・・・」

のあとです。

【天国と地獄】のポンコツ刑事で、愛されキャラの八巻。今までの流れでいくと、「望月さんは何も悪いことしていません」と彩子をかばうはず。

しかし9話は最終回直前です。八巻=犯人説も捨てがたいんですよね。

「東朔也が謝罪したのでは?犯行を後悔しているのでは?」と先に述べましたが・・・

それは東朔也=湯浅和男が真犯人だから、と仮定しての考察。

八巻が真犯人という可能性もあるんじゃないかな、と思います。

当初、陸の方が怪しいと思われました。しかし陸は、怪しげなシーン、カットが多いのです。逆にそれだと意外性がないですし、文字けしなど怪しいシーンは説明されています。

一方、八巻が怪しいシーンがないのが、逆に怪しい!

今一度、連続殺人の経緯を整理します。

●官僚の一ノ瀬を殺害したのは、十和田()。
→その十和田が(罪悪感なのか)自殺。十和田は漫画「闇の清掃人φ」の作者(?)で、クウシュウゴウの名義人。
→十和田の遺品清掃に入った東朔也=湯浅和男が、漫画を持ち帰り、二代目・クウシュウゴウになる。
→東朔也=湯浅和男が、田所・四方を殺害。
※田所仁志は『2』、四方忠良の『4』の指示が書かれた。各人物は毎回違う(?)。
※東朔也=湯浅和男が信頼している渡辺陸(柄本佑)に文字けしを毎回依頼。
→リスト外の久米幸彦が殺害される。被害者は久米正彦社長の息子
※久米親子には、東朔也は恨みがある。

久米の息子殺害現場の防犯カメラで、東朔也=湯浅和男がリストアップされました。証拠となる物証も多いようです。これは日高が証拠隠滅を出来なかったからですね。

しかし、まだ…まだですよ。まだどんでん返しがありそうなのです。

東朔也=湯浅和男が殺害実行犯だとは言っていません。

仮に実行犯だとしても、裏で計画している人物がいる。そう。漫画の「ミスターX」ですね。

ミスターXは数字で殺人指令を出すから、指示者が東朔也、実行犯は日高・・・共犯説もありえたのですが・・・日高のやさしい人格的になさそうなのです。

となると、八巻がミスターX=黒幕!いろいろヘマをしているのも演技でしょう。警察内部だから、情報をつかみやすいですからね。

最初にもどると、「望月さんは…」の件ですが…

望月さんは日高と入れ替わっています。逮捕してください。」と、言ってしまう?

望月さんは日高と手を組んでいます」の方が河原たちは信じてくれそう。

ともかく、八巻が裏切る、と考察しておきます。ちょっと自信ないですが…(笑)

【天国と地獄】9話考察(4)望月彩子、逮捕される?

予告動画で、望月彩子を河原が逮捕するシーンがあります。おそらくボートの上?

フェリー乗り場で囲まれたからボートに切り替えたのでしょうか。

しかし(何らかの理由で)先回りしてボートに忍び込んでいた河原。
※<あらすじ>の捜査一課と別の、河原の単独行動とはこのこと?

そこで河原が手錠をかける!という展開を予想します。

やっぱり八巻が裏切りの証言をしたから、逮捕するのだと思います。

しかし7話ラストの階段付近で、河原がいる場面写真があります。↓

天国と地獄-09話-2
©TBS

このときになぜ逮捕出来なかったのか。

日高に逃げられて、河原の目撃証言で、「女性捜査官(望月彩子)が追っている」というセリフにつながるのでしょうか。

【天国と地獄】9話考察(5)東朔也=湯浅師匠の旅の目的

天国と地獄-09話-3
©TBS

<あらすじ>では、東朔也=師匠は日高の双子の兄で、陸(柄本佑)ととある場所に向かっていた…とあります。

「とある場所」は奄美大島でしょう。

7話ラストで陸を誘っていましたから。そして、場面写真のうしろには「奄美大島」「フェリー」の看板が!ここはフェリー乗り場のようです。

(椅子の色などから、彩子が人質にとられた場面は船内かもしれません。フェリー乗り場は緑の椅子、彩子の人質シーンの椅子はグレーっぽい色)

東朔也=湯浅師匠の旅の目的が、最終回に向けての最大のポイントになるはず。

余命わずかだから、母の実家への思い出の旅行

それだけだと物語があまり進まないので、おそらく、「入れ替わりの伝説」がもっと明かされると思います。呪いの石と呼ばれた石が、実はお守りだったことも怪しいです。

東朔也=湯浅師匠は陸と入れ替わる気かと予想されたのですが、(入れ替われる)満月の夜は過ぎてしまいました。8話で。

他の目的は何か。東朔也と日高陽斗の母親がキーになりそう。なぜ亡くなったのかは明かされていませんよね。(見過ごしてなければ、「亡くなった」とだけしか言ってません)

実は「俺は日高の母なんだ」と入れ替わりを明かす?(東朔也の魂は母の遺体の中で消滅?)

あるいは、(高校時代の)日高の近所の悪評のおじいさん=日高の実父(浅野和之)で、あのとき、日高の実父と東朔也が入れ替わっている

しかし8話で「お前が15分先に生まれてれば」と東朔也=湯浅和男は日高に怒っています。母との入れ替わり説、おじいさんとの入れ替わり説は、ないでしょうね(笑)

日高の母の実家がある緋美(あけび)集落。日高<魂・彩子>が行ったとき、小屋(?)には入りませんでしたよね。あの民宿のご主人が呼び止めたんです。あの主人も何か知ってそうです。

日高の母は殺された?殺人現場だから止めた?

思えば初回の冒頭の夢で、彩子が石で殴られたんですよね。殺人にも使われたし、だから呪いの石とすりこまれていたのですが・・・。

東朔也=湯浅和男は、警備会社をしていたとき証券会社も警備していました。陸も元は証券マン。

第8話の窃盗の濡れ衣を着せられたとき、陸が(湯浅が警備していた)証券会社に在籍していたならば・・・陸にも恨みがある?あるいは、陸だけは心配してくれたのかも?

陸は「師匠は優しい」とよく言います。なので、陸は告発しようとしたけど湯浅師匠が「お前は若いからやめとけ」と、そのまま罪をかぶった?かも。

東朔也=湯浅和男は、陸を信頼していて、母の殺害の犯人を捜してほしいと頼む?

もうわかりません。ヒントはあるようで、分からないようになっています。

第9話の放送を(色々と予想しながら)楽しみましょう!

【天国と地獄】9話考察(6):8話本編とTVerの予告動画より

(追記になります)

「8話本編」最後の9話予告動画、「TVer8話」(https://tver.jp/corner/f0068880)最後のの予告動画を見ました。

すると、新たな事実が判明。

  • 東朔也=湯浅和男は「俺はクウシュウゴウになりたい」と日高(?)に言っている。
  • 八巻がなぜか仙台に行っている。「なんなら北海道まで行きますよ」と誰かと電話している。
  • 河原が「大当たりだ」と言っている。望月彩子の家宅捜索のとき?証拠品があった?
  • 八巻が「さよなら望月さん」と上を向いて言っている。→やっぱり裏切り?
  • 彩子が東朔也=湯浅和男をぶん殴っている。隣には陸もいる。フェリーの船上っぽい。
  • 河原が「終わりだ、これで。日高も望月も」とつぶやく。→証拠を発見か?
  • 彩子が日高を壁ドン?→自作自演のお願いか?
  • 車で、彩子と日高が誰かに敬礼をしている。日高のジャンパーが緑=八巻のもの?

ここから考察を追加すると…

東朔也=湯浅和男は、日高に(二代目)クウシュウゴウになると宣言。ここから2人の連絡は途絶えることになると予想されます。

河原の行動については、八巻の証言(実は望月さんは犯人をかばってるんです。望月さんの家に証拠品がありますよ、とか?)が関係しそうです。やっぱり八巻は裏切った?

八巻の「さよなら望月さん」も裏切りっぽいし、意味深ですよね。でも、予告はミスリードするよう編集するのが定番なので分かりません。

※予告動画でいえば、日高<魂・彩子>の「陸、愛してる」も本編では告白じゃなかった。ただの感謝の言葉だったという前例もあります。

彩子が東朔也=湯浅和男を殴るのは当然でしょう。しかし車内で、彩子と日高が誰かに敬礼をしているのが意味不明。敬礼は警官に対してですよね。逃げる途中で警察にあったら緊急配備中なので、ばれるでしょう(笑)これもわかりません。

ただし八巻の緑のジャンバーを日高が着ているってことは、逃走用なのかも?では、八巻は日高の逃亡を助けている。日高と彩子が逃げのびて、東朔也と再会させるために?「八巻の裏切り」っぽい予告はミスリードか?

そこで気になる八巻のもうひとつの行動。仙台にいて、北海道にも行く発言。これ、日高<魂・彩子>が水に落として捨てたスマホを拾って、八巻が九州の奄美大島と逆方向の北へ移動している…のかも?今のスマホって防水機能ありますし、GPS機能が生きていて、それで彩子たちのために持って逃げてる?→あれ?やっぱり八巻裏切り説はミスリードでしょうか。

八巻はポンコツだから、宮城県仙台市と鹿児島県薩摩川内(さつませんだい)市と間違えた説もあり得ます。しかし、仙台市なら「仙台で見つかった、向かえ」と指示がありそうですが、東京の人が川内(せんだい)と間違えるでしょうか(笑)その前の部分、「鹿児島の…」を聞きもらした可能性はありますけどね、ゆとりハチ巻き八巻なら!

調べると、甑島(こしきしま)へのフェリーが川内港ターミナルから出ています。(参照:https://www.koshikisho.co.jp/access)。

しかし奄美大島へは、川内港ターミナルからは出ていないようで、鹿児島市へ行く必要があります。何かルートがあるのかもしれませんが…薩摩川内(さつませんだい)市で彩子・日高が一泊したのかも?

ともかく、「実は望月さんは」発言、「上着」「仙台」の謎があり・・・八巻の裏切り説、まだ仲間説が混在してしまいます。八巻が味方で仙台へ、八巻がポンコツで仙台へ…果たしてどちらかなのも第9話の注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました