【探偵が早すぎる2022】4話のネタバレと感想!大谷(塩野瑛久)は悪いヤツ!?

探偵が早すぎる2022/4話

【探偵が早すぎる2022】4話のネタバレと感想!大谷(塩野瑛久)は悪いヤツ!?

×W主演【探偵が早すぎる 春のトリック返し】4話が5月5日に放送されました。

一華は恋する大谷(塩野瑛久)に頼まれバスボムの商品開発に協力するが…。

【探偵が早すぎる2022】4話のあらすじ・ネタバレ・感想について!


ADVERTISEMENT

【探偵が早すぎる2022】4話のあらすじ

一華は大谷に夢中!

一華()は、キャンプ場で勇敢に助けてくれた大谷(塩野瑛久)に夢中。橋田()は恋うつつの一華を不審に思い、千曲川()は浮かれ具合にあきれる。

一華は大谷から大学の先輩で製薬会社に勤める江本(飛永翼)を紹介され、入浴剤の開発に協力してほしいと頼まれる。大谷も一緒ならと一華は引き受け、江本の会社の会議に参加する。

会議の後、一華と大谷は宗介(萩原利久)のバーへ。良い雰囲気の一華と大谷を前にしても無関心な様子の宗介。一華と宗介をくっつけたい葉子(木下彩音)は、大谷に一華のことが好きなのかと尋ねる。「嫌いだったら(キャンプ)にも誘わない」と否定しない大谷にますますその気になる一華。葉子は宗介にはフィアンセがいると暴露する。千曲川が乱入して大谷とダーツで勝負を挑むと勝ち続けて大谷は酔いつぶれてしまう。一華は江本からもらったバスボムを試してみてと葉子にあげる。

大谷は自分が送っていくという宗介。千曲川は一華を送りもせず、バーに居残る。

二郎の毒バスボム作戦

帰宅した一華を二郎()が見張っている。恋に浮かれる一華を心配する橋田()江本一華はバスボムの試供品を使ってみることするが、そのバスボムは二郎が作ったもので、湯に入れると有毒ガスが発生する仕掛け。江本は二郎とグルで、弱みを握った二郎の言いなりになっていた。

風呂場に毒ガスが充満するように換気口を塞ぎ、その瞬間を待つ二郎。しかしなぜかビールを買いに行っていた一華と遭遇。一華が慌てて橋田を探しに行くと、風呂に浸かっていたのは顔色が悪い橋田。しかしそれは泥パックのせいで、ただ眠くなっていただけだった。千曲川がバスボムを叩き割ると毒のカプセルが入っていた。一華はバスボムを葉子にあげたことを思い出して連絡すると、葉子は宗介が使っているかもしれないと言う。宗介と連絡がつかず、慌てて出て行く一華。

その頃、逃げようとしている二郎を千曲川が追い詰める!

【探偵が早すぎる2022】4話のネタバレ

【探偵が早すぎる 春のトリック返し】4話のネタバレです。今回のトリック返しとは?

宗介が危ない!?

宗介(萩原利久)の家に行った一華だが、宗介はきにカップラーメンを食べていた。バスボムは千曲川に渡したと言う。一華はまた千曲川に一杯食わされたのだ。

二郎を追い詰める千曲川。君は大きなミスを犯した。千曲川は江本の手の震えや大量の汗から、ギャンブル依存症であると見抜いた。二郎はその弱みを握り、江本を操っていたのだ。エレベーターの中で金魚鉢にバスボムを入れる千曲川、悲鳴をあげる二郎。いつものトリック返しだ。

作戦を失敗した二郎と連絡がつかない成美(MEGUMI)は、次は自分の番だと心を決める。

宗介の家にいた一華たちは妙な臭いを感じる。それは千曲川の体から漂う臭いだった。帰宅すると千曲川は江本を紹介した大谷を疑う。なぜなら大谷が江本に金を渡していたからだ。

大谷は悪いヤツなのか…?

一華は大谷にそれとなく探りを入れる。家では橋田が大谷の写真を意味ありげに見つめていた。

【探偵が早すぎる2022】4話の感想とまとめ

今回も面白くてあっという間の1時間。相変わらず千曲川がやらなくていい意地悪を一華にするのが子供っぽいけど憎めない。

一華のイケメン同僚・大谷(塩野瑛久)にも疑惑がむくむくと…。橋田さんが大谷の写真を見ていたこと、次回の予告で大谷と成美(MEGUMI)が会っていることを考えるとやっぱり何かある?

宗介(萩原利久)や秋菜()もずっと怪しくて、失踪した宗太(和田聰宏)のことを何か隠していそうだし、後半に入ってどう展開していくのか楽しみです。

記事内画像出典:ドラマ公式サイトより

コメント