【探偵が早すぎる2022】7話|殺人の懸賞金!見えない敵が一華を襲う!

探偵が早すぎる2022-7話

【探偵が早すぎる2022】7話|懸賞金につられた刺客が一華を襲う!

×W主演【探偵が早すぎる 春のトリック返し】7話が5月26日に放送されました。

ダークウェブに「事故に見せかけて一華を殺したら1000万円」という投稿が!

見えない敵が一華を襲う!

【探偵が早すぎる2022】7話のあらすじ・ネタバレ・感想・考察について!


ADVERTISEMENT

【探偵が早すぎる2022】7話のあらすじ

つきまとう千曲川の裏に新たな敵

一華()は秋菜()からの遺産相続を断ると決めた。橋田()は、改めて一華の意志を秋菜に伝えることにする。そもそもこの話を持ってきた橋田が悪いという一華に橋田は、身の危険を顧みず、宗介たちを守ろうとした一華のやさしさに触れられてうれしかったという。母のやさしさを受け継いでいてよかった…。褒められたと調子に乗る一華をまだ半人前だ!と嗜める橋田。

美津山家では、ますます一華を気に入る秋菜。相続を放棄したら好きにさせてあげればという宗介だが、秋菜は逆に一華を説得してと頼む。

一華は、大谷(塩野瑛久)から映画に誘われるが、先日身を投じて助けてくれた宗介(萩原利久)のことが気になり断ってしまう。
その頃、ある男がダークウェブを見て一華の殺人を請け負っていた。

一華が宗介のバーに行くと、千曲川()がダーツで勝っては客に奢らせている。詐欺みたいなことはやめてくれという宗介だが、千曲川は気にしないどころか一華が来ることを予言した。

もう守ってもらう必要もなくなったのに付きまとう千曲川に、一華はいら立ち、ヘッドロックを仕掛ける。一華は宗介に、助けてくれたお礼を言うが、宗介は感謝されるようなこともしていないのに、ありがとうと言われて複雑な気分。千曲川が一華の登場を予言したのは、盗聴器を仕掛けていたからだった。

バーに宗介の婚約者・奈々(堀未央奈)が現れ、一華が座っていた席は自分の特等席だとどかせようとする。そこに大谷がやってくる。

宗介と大谷、好きなのはどっち?

宗介と大谷、どちらのことも気になって仕方がない一華は、寝坊するが橋田起こしてくれなかったことに文句を言う。珍しく叱らない橋田。その理由はミスをしたときに他人のせいにして言い訳ばかりする人を叱っても仕方がない。寝坊しないような工夫をするべきだと諭す。
その頃奈々が秋菜のもとを訪ねていた。

研究所で大谷に出会った一華。今日はどうかとまたデートに誘われ、 迷うが奈々のことを思い出してOKする。同僚の真央(新條由芽)に言われて髪型を変えてデートに行くと、大谷はイメージが変わったと褒めてくれた。

宗介のバーでは奈々が結婚式場を決めようと迫るがそっけない宗介。葉子が本当は一華が好きなんだろう、正直になればと言っているのを奈々が陰で聞いてしまう。

研究所で毒ガス事件発生

デートの後、一華を家まで送る大谷。それをジッと見ていたのは帰りを待っていた橋田だけではなかった。後を尾けてきた宗介が遠巻きに見ている。

社員証を忘れた一華は、橋田に届けさせる。するともう用がないはずの千曲川も社食のナポリタンを食べに来ていた。警備員に扮した刺客が火事を起こそうとする。消火器を噴射しようとする一華からそれを奪い外に噴射する千曲川。消火器には毒ガスが仕込まれていた。

千曲川はダークウェブに一華殺害に1000万円の懸賞金がかけられていることを突き止めていた。黒幕は誰なのか…。見えない敵をあぶり出すことにする。

【探偵が早すぎる2022】7話のネタバレ

【探偵が早すぎる 春のトリック返し】7話のネタバレです。今回のトリック返しとは?

駐車場でトリック返し!

一華は大谷と週末のデートを約束する。週末、車でデートに出かける一華。何かと怯えるような一華に、何かあるなら言って欲しいという大谷。でも命を狙われているとは言えない一華。夕日をキレイという一華がキレイだと大谷。デートの帰り、駐車場に行くと大谷の車の前で車が衝突していた。男(山根和馬)が出会い頭にぶつかった。当てた人が警察を呼びに行っていると話す。

エルビス・プレスリーの仮装をした千曲川が喫煙所で共犯者の林田(阿部亮平)と接触して去っていく。駐車場にいた男がやってくる。大谷が車のエンジンをかけると、マフラーの下に生石灰とアルミの粉を入れた筒を置いている。エンジンをかけてエアコンが起動すると水滴がその中に落ちて化学反応を起こす。火災が起これば報知器が感知して防火シャッターが降り、 二酸化炭素が充満。その中毒で殺すという計画だ。

そんなこととは知らず車の中で談笑する一華と大谷。林田たちが火災報知器の音を聞いて成功を確信するが、警報がなっても警察も消防も来ないどころか、大谷の車は何事もなく出て行った。駐車場に戻ると車の1台はパンクさせられていた。しかも林田のキーがない。すると千曲川がやってきて、トリックを暴いてみせる。千曲川からキーを手に入れて車で一華たちを追いかけようとするが、千曲川がトリック返し。

何も知らない一華たちは無事に帰宅。一華は狙われていることを大谷に打ち明けようか迷うが言えない。家では千曲川が待っていた。一華が大谷とデートしたのは、犯人をあぶり出すためだったが黒幕はわからない。大谷も一華の周りで起きる不思議なことをすでに怪しんでいるという。

大谷は宗介のバーに行き、わざわざ「デートしてきた」と報告する。一華について何か隠していることはないか?と尋ねる。

その頃、先に帰った葉子は何者かに襲われる。

倉庫のような場所に運ばれていた林田たちが目を覚ますと、橋田がやってきて雇った人物について教えろと迫る。男たちは橋田に襲いかかるが橋田はめっぽう強くて歯が立たない。橋田はスタンガンを持って…。
(つづく)

【探偵が早すぎる2022】7話の感想とまとめ

美津山兄妹に狙われることがなくなり、晴れ晴れとした気分の一華に新たな敵が迫る!

ダークウェブで懸賞金をかけて刺客を募る黒幕は誰なのか?

宗介と大谷の間で揺れる一華の前に、宗介のフィアンセ・奈々が登場。宗介も一華のことを好きになったようで、恋愛模様にも波乱の予感…。

秋菜が一華をどうしても遺産相続人にしようとするところがやはり引っかかる。一華の母への感謝の気持ちにも何か裏がありそう。

残りあと3話? 黒幕は誰か、千曲川はどうやってトリック返しをするのでしょうか?

記事内画像出典:ドラマ公式サイトより

コメント