【探偵が早すぎる2022最終回】のネタバレとレビュー!真犯人の動機と真相に驚愕!

探偵が早すぎる2022春のトリック返し最終回/黒幕

【探偵が早すぎる2022】の最終回ネタバレとレビュー!真犯人の動機と真相に驚愕!

宗介(萩原利久)と結婚する一華()。

千曲川()がいないはずの披露宴で真犯人と真相が暴かれる!

【探偵が早すぎる2022最終回】のあらすじ・ネタバレ・感想について!


ADVERTISEMENT

【探偵が早すぎる2022最終回】のあらすじ

【探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り】のあらすじです。

一華と宗介がついに結婚!

美津山家。宗介(萩原利久)が秋菜()に一華()との入籍を報告する。奈々(堀未央奈)の容態を気にする秋菜。

研究所で。大谷(塩野瑛久)を振ったことを気にする一華だが、真央(新條由芽)は「気にすることない」という。大谷はすでにほかの女子たちとランチを楽しんでいた。

美津山家。千曲川()に報酬を渡す秋菜。橋田()は千曲川に海外にいく前に一華に会ってやってというが、千曲川は任務は終えたとお茶を濁す。十川家では、橋田が一華に厳しく花嫁修行をさせるが、宗介との結婚を祝福する。

秋菜にもらった報酬で早速いつものバーで飲む千曲川。マスター()にこれまでのツケを多めに支払う。

一華と宗介の結婚式。一華の身の安全を守りたい宗介は、秋菜と葉子(木下彩音)と橋田だけを招待するが、中世の貴族みたいな格好をした千曲川が現れる。ケンカ別れはよくない、と宗介に言われて千曲川と話に行く一華だが、千曲川は相変わらずふざけすぎ。任務は終わったから海外に旅立つという。でも「信じられる者だけを信じろ、必ず助けてくれる」という言葉を残す。

まだ新居も決めていない一華と宗介。十川家で暮らす一華が宗介のバーを手伝った後、帰宅する途中に工事中のビルの上から鉄パイプが落下する。心配で迎えに来た橋田が間一髪助ける。その近くにフードをかぶった宗介がいた。

美津山家。一華に危険が迫ったことを知った一同は、結婚披露宴をホテルではなく、セキュリティーチェックがしやすい別荘でやることを提案する。秋菜は一週間後の開催を希望する。

焙煎機から毒ガス噴射!?

披露宴当日、招待客に賑わう別荘。秋菜は腕のいい焙煎士を雇ったから美味しいコーヒーをどうぞと橋田にコーヒーを取りに行かせる。宗介はなぜか焙煎士にヘッドロックをかけると焙煎機を操作して換気扇を止める。すると何かのガスが換気扇から噴出。橋田や招待客たちが次々に倒れていく。橋田を助けに行った一華もガスを吸って倒れてしまう。

犯人は一酸化炭素中毒を狙った

と、千曲川が現れる。コーヒー豆の性質を利用したトリックを暴いてみせる。その相手はなんと秋菜だった!しかし千曲川はもちろん事件を未然に防いでいる。一酸化炭素の代わりに笑気ガスを噴射させるように細工していたのだ。招待客たち、橋田や一華も笑いが止まらなくなっている。

【探偵が早すぎる2022最終回】のネタバレ

【探偵が早すぎる2022最終回】のネタバレです。今作最後のトリック返しとは?

宗太は殺されていた!

秋菜が言っていた一華の母とのエピソードは作り話。奈々を操ったのも秋菜。実は奈々は意識を取り戻しており、奈々は経営が傾いた父の会社を救うために利用され、失敗したら自殺するよう脅されていた。

昔はとてもやさしい人だった…。でも父が失踪してからそのやさしい祖母の笑顔が変わった、と宗介。

5年前に失踪したはずの宗太(和田聰宏)も、実は秋菜が殺した。宗太が海外の企業と不正取引をしていたというのも真っ赤な嘘。秋菜と夫が会社の金でインサイダー取引をしたことを、真面目な宗太が公表した。言い争ううちに皿で殴って殺してしまった。しかし宗太が死ぬと思った瞬間、怖くなり、お金も地位も名誉も手に入れることにした。

秋菜にとって何よりも大事なのは会社とお金。動機は一華が所有する5兆円。宗介と一華を結婚させてその財産を奪うのが目的だった。お金さえあれば、好きなように生きていける!秋菜はただの金の亡者だったのだ。

ガスに倒れた橋田を助けに行くなんてバカだという秋菜に一華は、「橋田がいなかったら生きていけない」という。お金さえあればいいという秋菜に、死んだら金なんてただの紙切れだと千曲川。

すべてを暴かれた秋菜は、万が一千曲川が現れたときのために芝生のスプリンクラーに薬物を仕込んでいたといい、スイッチを入れる。でも千曲川はもちろん未然に防いでいた。テーブルの下に隠されていたバズーカ砲でトリック返しをする。

それぞれの別れと旅立ち

宗介は、一華への思いは本当だが、身内が一華を危険に晒したことを謝る。自分と顔を合わせれば一華は傷ついたことを思い出すだろう、そんなの気にしないで幸せになってほしいと別れを告げる。

結婚までして傷つけてごめんな…。

ゴメン。さよなら…。一華は宗介を抱きしめて別れを告げる。

今度こそ幸せになれると思ったのに…。幸せになれるのは遺産がなくなったとき? いつでも寄付すれば?と話している一華と橋田のもとに千曲川が現れる。いつもの口ゲンカを始める一華と千曲川。飛行機のチケットを見せて、本当に旅立つことを証明する千曲川。

君が危険にさらされていると俺はどこにも行けないからな。頼むから幸せになってくれ。

そうすればその面白い顔を見なくて済む。

木の枝を投げ合う千曲川と橋田。反対方向に歩き出す一華と橋田、千曲川。

もう、本当に会いたくないな…という一華はどこかさびしそうだった。

【探偵が早すぎる2022最終回】のレビューとまとめ

犯人・黒幕はやはり秋菜でした。

手塩に育てた息子を殺してしまったときから、人格が変わってしまった。やさしかったときの祖母を慕っていた宗介と葉子には、父殺しの犯人がその実母である祖母だなんて酷な結末です。

一華と出会ってから人間らしくなっていった宗介。だからこそ一華と別れなければいけなくなったという別れが切なかったですね。

でもこれで続編がまた観られる可能性が出てきました。一華ちゃんには申し訳ないけれど…。また一華・千曲川・橋田のトリオに出会えることを期待しています。

記事内画像出典:ドラマ公式サイトより

コメント