【単身花日】最終回ネタバレと感想!原作と違う衝撃ラストが怖すぎる!

当サイトのリンクには広告が含まれます
単身花日・最終回

【単身花日】最終回ネタバレと感想!原作と違う衝撃ラストが怖すぎる!

主演ドラマ【単身花日】最終回が12月9日(土)に放送されました。

最終回は、片山直哉()と花()が隠し続けてきた秘密が明らかに!

初恋不倫を描いた話題作。いよいよ結末を迎えます。

放送後、衝撃ラストに「怖すぎる」「片山ロス」の声が。「正当防衛」「片山直哉」が話題に。

テレビ朝日オシドラサタデー【単身花日】8話のネタバレと感想を紹介します。

あわせて読みたい
【単身花日】ネタバレ・あらすじ!最終回は原作漫画の結末と同じ!? 【単身花日】ネタバレ・あらすじ!最終回は原作漫画の結末と同じ!? 重岡大毅主演ドラマ【単身花日】の全話ネタバレあらすじを最終回・結末までまとめていきます。 原...
あわせて読みたい
【単身花日】のキャストと相関図!重岡大毅と田中樹が実写ドラマ化でライバルに! 【単身花日】のキャストと相関図!重岡大毅と田中樹が実写ドラマ化でライバルに! 【単身花日】を2023年秋、テレビ朝日のオシドラサタデー枠で放送中! 主演は重岡大毅...

見逃し配信:Tverで最新話、テラサで全話配信。
スピンオフドラマ【単身花盛り 花の男–片山直哉】はテラサで配信!

【単身花火】の原作漫画は電子書籍で!
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)
無料漫画が豊富!【まんが王国】(一般TOPページリンク)
DMMブックス

目次

【単身花日】最終回のあらすじ

単身花日・最終回

舜(重岡大毅)とゆり子(高梨臨)を教会に連れて行った花(新木優子)は、そこが想い出の教会だと話す。そこに片山直哉(田中樹)がやってきた。花は舜とゆり子に片山とは兄妹だと話す。花と片山は、これまでの壮絶な生い立ちを語り始め…。さらに、花は片山との秘密を打ち明ける。それは想像を絶する出来事だった。

【単身花日】最終回のネタバレ

花と片山が語る壮絶な過去

「すべてを話す」と言った花(新木優子)ともに教会に行った舜(重岡大毅)とゆり子(高梨臨)。そして、片山直哉(田中樹)もやって来た。

「遅かったね、直ちゃん」という花の言葉をゆり子は不思議に思う。

片山は「俺たちは異母兄弟だ」と告げる。

そして、片山と花の口からふたりの過去が明かされる。

ふたりの父親・片山文哉(田中樹・二役)は、花の目の前で殺された。

父親には愛人は何人もいたが、花の母は特別な存在だった。愛人のひとりが花の家に乗り込み、花の目の前で父親を包丁で刺したのだ。
花の母は、それから情緒不安定になり、花はひとりぼっちになった。

それから、片山は花のそばにいるようになった。

しかし、中学生になり、花が舜と出会ってから、片山は距離を置くようになった。舜が花を守ってくれると思ったのだ。

高校になり、花には新しい父ができた。しかし、父からは虐待を受けていた。大学になり一人暮らしをして家族と離れることができ、教師になった。しばらくして、めぐみ(長井短)の恋人の健一(重岡大毅・二役)と出会った。めぐみの恋人でも好きな気持ちを止めることができなかった。そして、健一と結婚。

幸せなはずの結婚は不幸への道のりに。
健一は結婚してから暴力をふるうように。

健一は自分を通して花が他の誰かを見ていると感じていたのだった。花は、健一と舜を重ねていたのだ。
花が舜の家に泊まったのは、花の心を癒すためだった。

片山は、健一が戻ってきたらふたりを離婚させるから、と話を終わりにしようとするが、舜は、まだ花が全部を話していないと感じる。

片山と花の秘密

単身花日・最終回

ゆり子は健一が会社を辞めていることを突き止めていた。そして、健一を呼ぶように言う。すると花は「健一さんはもういない」と言い出す。

片山は「花、やめろ」と花を遮るのだが…。

花は健一を殺したと打ち明ける。

花は健一とドライブに。すると「何もかもうまくいってた。お前の心は手に入れることができなかった。お前は別の男を愛してる」と包丁を持つ健一は逃げる花を追いかけてきた。花はその包丁を掴み、健一を刺してしまった。

花はそこから記憶が飛び、気づいたら片山がそばにいた。
片山は花を抱きしめ「忘れるんだ。お前は何もしていない。俺が必ずお前を守る」と。

ふたりで健一の死体を埋めた。

花は舜と出会い、自首しなきゃいけないと思い始める。しかし、片山がそれを止めていた。

「俺は花を人殺しになんかしたくなかった」

「直ちゃん、出来の悪い妹でゴメンね。叶うなら、ふたりの間に生まれてきたかった。ふたりが本当のパパとママだったらどんなに良かっただろう」

花は親の愛情に恵まれずに育った。花にとって、舜は初恋の人だけど、どうにかなりたかったのではなかった。舜に父としての愛情を求めていたのだ。

その夜は4人で話をした。

花と片山は自首をすると言う。

舜は父親らしいことをしたい、と言い、警察まで付き添うことに。

舜は、花が抱えていたことに気づかなかったことを謝る。
花と舜は警察に行く前に中学校に行き、想い出を語る。ゆり子と片山がふたりを見守る。

花の正当防衛は認められず殺人罪と死体遺棄、片山は死体遺棄で服役する。

最終回の結末

数年後。

舜は東京に戻ることになり、引っ越しの準備をしている。花からトマトと手紙が届く。

手紙には、花と片山は出所し、トマト農園をしている。「一生をかけて罪を償っていく。どこにいても桜木君とゆり子さんの幸せを祈っています」と書いてあった。

花火があがる。それは初恋のフィナーレだった。

そして、舜の単身赴任は終わり東京に戻った。

道でゆり子と出会う舜。

「ゆりちゃん」と呼ぶ。

ゆり子は男性といた。そして、笑顔で舜に近寄り耳元で囁く。

「初恋はちゃんと殺さなきゃね」

舜は愕然とする。

初恋を自分の手で殺せなかった舜の無期懲役の日々が始まる…。

ハンカチが手のひらから落ちる。

<終わり>

【単身花日】最終回の感想

【単身花日】最終回の感想を紹介します。

原作と違う衝撃ラストが怖すぎる!

最終回は、原作とは違う衝撃ラスト。背筋が凍りました!ゆり子を演じた高梨臨さんの笑顔が素敵すぎて、怖さをマシマシ。毎話、ツッコミと怖すぎ展開で話題だった【単身花日】。最終回もたくさんの感想が寄せられています。

原作は、舜とゆり子には二人目の子供もいて夫婦円満。花と片山との再会を描いたハッピーエンドです。

ゆりちゃん超絶怖すぎ!

最後まで怖かった!

鳥肌もん!重岡大毅さんの演技に絶賛の声!

片山ロスが続々!

片山直哉を演じる田中樹さん。花束を抱えての登場やキザな台詞で視聴者を魅了してきました。最終回はピアノをバーンと弾く場面が話題に。そして、妹を思う兄の涙にウルウル。片山に会えないのが寂しい、と片山ロスの声がX(Twitter)に。

一癖ある片山を演じた田中樹さん。これからもドラマでも活躍しそうな予感!

【単身花日】最終回のまとめ

チラチラと描かれていた殺人場面が回収された最終回。花がトマトを齧る場面がトマト農園に繋がっていたり、薔薇の花束がチラリと最終回でも添えてあったり見せ場があちこちに。花と片山は壮絶な過去を生きてきたわけですが、これからは幸せに生きていくのだろうというハッピーエンド展開。舜の方もゆり子と幸せに暮らすと思いきや、まさかのどんでん返し。
ゆり子は舜のことを許していたわけじゃないんですよね。目には目を歯には歯をというところでしょうか。肉体関係にはならなくても、浮気は浮気。妻を怒られせたら怖いよというこわ~い終わりでした。

とにかくラストが衝撃的でこれはもう絶対に心残るドラマです。毎週、楽しみにしていた【単身花日】。
これから無期懲役の日々を送る舜が幸せになって欲しいと祈るばかり…。

【単身花日】最終回のコメント

単身花日・最終回

【単身花日】最終回を迎え、重岡大毅さん、新木優子さん、田中樹さん、高梨臨さんからメッセージが届いています。メッセージを紹介します。

重岡大毅さんのコメント
本当に楽しかったし、いろんなことがある中で、撮影現場がある、自分の居場所があるということがうれしく、幸せでした。全部を力にかえて頑張ります!

新木優子さんのコメント
ポップでキャッチーな座長のもと、キャストの皆さん、スタッフの皆さんと和気あいあいと臨めました。来るのが楽しくて仕方ない現場でした。放送はまだ続くので、かみ締めながら最後まで楽しみたいです

高梨臨さんのコメント
クランクインしたときの取材では“視聴者の皆さんが共感できる役にしたい”と言っていたのに、フタを開けてみたらとんでもなくヤバいヤツでしたが、楽しんでやれました(笑)

田中樹さんのコメント
人生でこれだけ薔薇を持つこともないだろうな、と貴重な体験でした(笑)

【単身花日】最終回の出演者

重岡大毅、新木優子、田中樹、高梨臨、前原瑞樹、宮地雅子、金澤美穂、宮崎莉里沙、長井短、田仲陽成、茅本梨々華、小木茂光、片山茉広、根岸令奈、前田花、ほか

記事内画像:【単身花日】公式サイト

単身花日・最終回

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次