【この素晴らしき世界】4話のネタバレと視聴率!あっさりとした夏雄の伏線回収!しかし、衝撃の事実が!

この素晴らしき世界 4話 アイキャッチ 
※当サイトのリンクには広告が含まれます

木曜劇場【この素晴らしき世界】4話が8/10(木)に放送されました。

スーパーでパートをしている平凡な主婦が、ある日突然大物女優に!?

それは"失踪した大物女優の身代わりになってほしい"という話だった…。

真逆な生活を送ることになった一人の主婦の、完全オリジナルコメディー作品。

今回は、【この素晴らしき世界】4話の視聴率とあらすじ・ネタバレ、感想についてご紹介。

【この素晴らしき世界】のキャストと相関図!若村麻由美が一人二役で20年ぶりのフジテレビ連ドラ主演!
【この素晴らしき世界】のキャストと相関図!2023年7月から木曜劇場『この素晴らしき世界』がスタート。主演は、体調不良により降板となった鈴木京香さんに代わり、地上波連ドラでは20年ぶりとなる若村麻由美さん。共演には、木村佳乃さん・沢村一樹さん・マキタスポーツさんという豪華キャストが脇を固めます。さらに、主題歌は小田和正さんが『what’s your message』を新曲書き下ろしと、こちらも豪華!平凡な主婦と悪魔のような大女優は、一人二役!?普通の生活をしていた主婦が大物女優との二重生活を送る、"なりすまし"コメディードラマとなっています。今回は、ドラマ【この素晴らしき世界】のキャストと相関図をご紹介!
見逃し・全話配信は、FODにて配信中!

【この素晴らしき世界】4話の視聴率

この素晴らしき世界 4話

【この素晴らしき世界】4話の視聴率は8/14(月)に更新予定です。

【この素晴らしき世界】4話のあらすじとネタバレ

若菜絹代(若村麻由美)になりすます浜岡妙子(若村麻由美・二役)は、番組で共演したアイドル、七瀬ほのか(足川結珠)の体調異変に気づき窮地を救う。だが、その時、大勢の前でかつて介護の仕事をしていたと口走る。しかし、本物の若菜自身は介護の仕事などしたことがなく、妙子は室井セシル(円井わん)たちに叱られてしまった。

後日、七瀬の所属事務所スタッフ・中澤(坂田直貴)が『プロダクション曼珠沙華』に礼を言いに来た。中澤は若菜が七瀬を救ったことをインスタグラムに上げても良いかと比嘉莉湖(木村佳乃)に尋ねる。莉湖は妙子のなりすましがバレることを危惧して断るが、七瀬を救ったのは若菜だと匂わせ投稿されてしまい、SNS上で若菜の名前がトレンド入りするほど盛り上がる。そんな時、西條隼人(時任勇気)は、中澤がかつてドラッグパーティーで死亡したタレントを出した事務所にいたことに気づいた。

自分の不注意でなりすましがバレてしまったらと申し訳なく思う妙子には、他にも懸念事項があった。まずは、莉湖に気をつけろと言われた水田夏雄(沢村一樹)。その夏雄が、ある夜、自宅にあった大きなクーラーボックスの中身を大木戸らん(谷田部俊)に手伝わせて林の中に捨てていた事を妙子は知らない。また、妙子のスマホに届くMr.Summer Timeと名乗る人物からの謎のメッセージ。妙子は意を決して返信してみると…。

そんな日々を送る妙子だったが、なりすましに使っている『ラビットマート』の駐車場で夏雄から忘れ物を受け取る様子を育田詩乃(平祐奈)に目撃されていて…。

出典:この素晴らしき世界 第4話 公式HP

夏雄が必死に捨てたかったクーラーボックスの中身は、去年のBBQの残骸である野菜や肉・魚だった。

 

謎のメッセージの相手 ”私はあなたの味方です”

いったい誰なのか?

 

セシルから”若菜絹代の正体を疑っている人がいるかもしれない”と、注意するよう言われ警戒する妙子だったが、詩乃にあとをつけられていた。

詩乃は妙子が”若菜絹代”に扮していることを突き止め、パート中に”何してる人ですか?”と尋ねる。

答えに戸惑う妙子だったが、”自立したいから”などと話し語った。

詩乃「…だって妙子さん」

妙子「何か、見た…?」

そんな詩乃のあとをつける、1人の影が。

ストーカーと化した同じ職場の男性とやり合う詩乃。

そこへ妙子の息子・あきら(中川大輔)がやって来て、ストーカーを撃退する。

実は詩乃とあきらは、友達同士だった。

現状を伝え合う2人。

あきら「健太郎はさ…」

詩乃「その名前で呼ぶなよ」

健太郎=詩乃=元男の子。

詩乃「親父がさ、家に俺の遺影飾ってんだよ。嫌みだろ」

あきら「死んだことにされてんのか?」

詩乃「てか、お前と話すと何か男言葉、戻っちゃうんだけど」

あきら「いいじゃんか」

詩乃「何か気持ち悪い」

あきら「偉いな~、健太郎は。自分で道を決めて、前に進んでる」

詩乃「前…。前なのかな。家族を悲しませてる…。悲しませてんのに、まだ世話になってる。ちゃんと自立したい」

あきら「俺の母親もさ、昔からよく”自立しなさい”って言うんだよ。”自立できてない人間は、ずっと誰かの言いなりになるしかない”って。”幸せになりたければ、人を頼らず自立しなさい”って」

詩乃「いいお母さんじゃないの」

あきら「でも、そう言ってる自分は全然自立なんかできてないんだよ」

詩乃「あれ?あきらのお母さんって、何してんだっけ?」

あきら「今は、ラビットでパートやってる」

詩乃「はっ!あきらのお母さんって、妙子って名前?」

あきら「え~、そうだよ。知ってんの?」

詩乃「パートの先輩」

妙子の正体が分かり、その場から走りだした詩乃だった。

 

翌出勤日、全てを妙子に話す詩乃。

妙子「待って。お願い、待って。誰にも…」

詩乃「言わない。絶対、誰にも言わない。妙子さんも言わなくていいです。でも、気を付けて。誰かに見られてるって思って、気を付けて。…ごめんなさい。ごめんなさい!」

妙子「えっ、どうして謝んの?育田さん、私に何かした?」

詩乃「してません。でも、しそうになった。大事な友達をなくすところだった。私も、人に言えないっていうか、言いたくないっていうか。…なことあって。しんどいとき、あります。でも、ほんの少しでも、1人でも2人でも理解してくれる人が近くにいたら、別に応援とかしてくれてるわけじゃなくても、理解してくれてるだけで、そういう人がいてくれたら頑張れるなって思うこと、あります。この世界にたった2人だけ、そういう人がいます。母ともう1人だけ…。人に言えない秘密を抱えるのって、しんどいです。私に今できること、何かありますか?」

妙子「うん。ありがとう。私ね、今、すごくやってて楽しい思えること見つけて、最初はできるわけないって思ったけど、そう思わないでやってみようって思えるようになったの。まだどこまでできるか分からないんだけど、でもやれるところまでやってみたいんだよね。育田さんが味方でいてくれることは、本当にうれしい。私、心強い。育田さん、ありがとう。私も、育田さんの味方でいさせてね。私も真由美さんも、いつもがみがみ言ってると思うけど、私たちはいつも育田さんの味方のつもりなんだよ。いつか私も真由美さんもいなくなって、育田さんの後輩が入ってきて、そのときに楽しく一日一日を過ごせるように、育田さんがちゃんと自立できるようにって、心から願ってるよ。それは本当に。育田さんには、本当のこと全部話すよ。でも…。取りあえず仕事しよう。主任に怒られちゃう」

 

そして、それぞれの世界がまた動き出そうとしていた…。

【この素晴らしき世界】4話の感想

第5話予告!

あっさりと夏雄のミステリー要素の回収が終わり(笑)、衝撃の事実が判明!といったとこでしょうか。

私も、育田家は兄を亡くし家族関係が崩壊し、ああなっているものだと思い込んでいました。

まさかの、詩乃=健太郎!

しかし、あきらとのいい関係のおかげで、さらに妙子との親子関係を知り、自身の母親との関係もあり、詩乃は”素晴らしき世界”に気付けたように思います。

今回は、なりすましの場面が描かれませんでしたが、次回はまたいろいろと起きそうな予感ですね。

あきらが合流した会社も怪しさ満点で気になりますが、どうなっていくことでしょう。

 

次回の第5話は、8/17(木)22時~の放送となりますので、お見逃しなく!

画像出典:この素晴らしき世界 公式HP

<<3話 5話>>