【ソロ活女子のススメ3】第1話「誕生日はソロクルーズで幸せな思い出を」のロケ地はどこ?ネタバレと感想もご紹介!

ソロ活女子のススメ3第一話ソロ東京湾クルーズ
※当サイトのリンクには広告が含まれます

ソロ活女子のススメ3】人気ドラマのシリーズ3がいよいよ4月5日にスタート!
「ひとりで好きな場所に行きひとりで好きなことをしてひとりの時間を楽しむソロ活女子」五月女恵江口のりこ)は、これまで自分の誕生日にはちょっと豪華なソロ活をして過ごしてきました。
シリーズ1の誕生日には「ソロ焼肉とソロリムジン」、シリーズ2では「ソロアフタヌーンティ&ヘリクルーズ」というソロ活に挑戦しましたが、シリーズ3では、「ソロ東京湾クルーズでフレンチフルコース」という優雅な誕生日を満喫します。
今回の記事では、第1話「誕生日はソロクルーズで幸せな思い出を」のロケ地についてや、ネタバレ、感想をお届けしていきます。

【ソロ活女子のススメ3】キャスト・登場人物|江口のりこ主演ドラマ待望のシーズン3!
【ソロ活女子のススメ3】(テレビ東京毎週水曜深夜1時)は、既存の価値観にとらわれずに様々なソロ活に挑戦し自分一人の時間を楽しむ主人公早乙女恵のライフスタイルを描く人気シリーズ第3弾です。主演の江口のりこをはじめとするキャストについてご紹介いたします。

ソロ活女子のススメ3】第1話ロケ地「東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニー」について

東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニーの基本情報

五月女恵が第1話で誕生日に堪能した東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニーについて、ご紹介します。

  • 予算
    4,000円〜21,500円
  • ドレスコード
    無し。
  • 喫煙可否
    分煙。船内は完全禁煙です。 デッキに喫煙スペースがあります。
  • 乗船場所「シーライン東京 日の出ふ頭営業所」の最寄駅
    ・新交通「ゆりかもめ」にて「新橋駅」より3つめ「日の出駅」下車徒歩1分

   ・JR山手線「浜松町駅」南口より徒歩約12分

   ・都営大江戸線「大門駅」より徒歩約15分

  • 駐車場
    無し。最寄りの交通機関をご利用ください。
  • 住所
    〒105-0022 東京都港区海岸2-7-104
  • 問い合わせ
    TEL:03-3798-8101

東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニーのクルージングプラン

  • ランチクルーズ(11:50~14:00)
    東京湾でのデイライトも清々しいランチクルーズは、お台場やディズニーリゾートなどを眺めながらゆったりと観光気分を楽しめるプラン。フランス料理をはじめ、イタリア料理・バイキングなどが用意されています。
  • アフタヌーンクルーズ(15:00~15:50)
    スイーツやカフェで大人のおしゃれな午後を楽しめます。50分間のショートクルージングなので、気軽に乗船することができるプラン。
  • サンセットクルーズ(16:20~18:20)
    今回、五月女恵が堪能したのはこちらのサンセットクルーズです。日の出桟橋を出航後、レインボーブリッジの下を通過し、お台場、大井ふ頭へと進みます。品川ふ頭を通過後は、進路を左転し、東京ゲートブリッジの下を通過します。その後、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを始め、中央防波堤越しに東京都内の風景、羽田空港の景色を見ることができます。羽田空港通過後は、デッキからレインボーブリッジ越しに東京タワーや東京スカイツリーの景色を楽しみましょう。夕日に染まる東京の幻想的な風景は、船上からしか見ることができません。ロマンティックな”通”好みのクルーズです。季節によって雰囲気が変わるので、お気に入りの季節を探してみるのも良いかもしれません。
  •  ディナークルーズ(19:00~21:30)
    マンハッタンを思わせる夜景で船内の雰囲気もムーディーになるラストクルージング。サンセットクルーズよりも少し大きく東京湾を回って、きれいなハートを描く航路です。映画のワンシーンの中にいるような気分を味わってみてはいかがでしょうか。
ソロ活女子のススメ3東京ベイクルージングレストランシンフォニー航路図

東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニー公式ホームページ (symphony-cruise.co.jp)

東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニーのクルージングの予約

▽Web予約申し込みはこちらへ。
https://www.symphony-cruise.co.jp/index.php

▽電話予約

  • レストラン(個人) 03-3798-8101(10:00~18:00 無休)
  • パーティー(個室貸切・全船チャーター) 03-3798-8145(10:00~18:00 土日祝休)
  • ウェディング(婚礼)03-3798-8146(10:00~18:00 水休)

※インターネットでの予約は2日前まで。当日および前日は電話で予約してください。

【ソロ活女子のススメ3】第1話あらすじ

「誕生日はソロクルーズで幸せな思い出を」

今日は五月女恵(江口のりこ)にとって年に1度の特別な日。仕事を早退し「ソロ活」として訪れた場所は、東京湾のクルーズ船。映画『タイタニック』に出てくるような豪華客船で優雅なひとときを楽しむ恵。フレンチフルコースを堪能した後デッキに出て赤ワインを飲んでいると、ひとりの女性客が声をかけてきて…

【ソロ活女子のススメ3】第1話のネタバレ

「ダイジェスト出版」編集部

今回のオープニングもお馴染みのナレーション(大塚明夫)、そして五月女恵江口のりこ)と青木遥佐々木春香)のいつもの会話で【ソロ活女子のススメ3】第1話が始まりました。
恵「それ何情報?」遥「ネットです」恵「だろうね」
安定のトーンに和みます。
半休をとっている恵は15時になるとそそくさと帰り支度。
今日の恵はなんだかエレガントな服装です。特別なソロ活が待っているのでしょうか。
そんな彼女を編集部の黒田彩子小林きな子)、石岡洋平渋谷謙人)、青木遥が見送ります。
「五月女恵、ひとりで好きな場所に行きひとりで好きなことをしてひとりの時間を楽しむ。そんな彼女をソロ活女子と呼ぶ」
彩子がナレーションの真似をしていましたが、やはりここは大塚明夫さんご本人の名調子を。

ソロ活女子のススメ3ダイジェスト出版編集部1

ソロ東京湾クルーズでソロ活の醍醐味を味わう

思っていた以上に大きなクルーザー。船内は映画タイタニックを思わせる豪華さ。

ソロ活女子のススメ3東京湾クルーズ1

カップル多めのスポットでは未だに肩身の狭さを感じてしまう恵でしたが、給仕するスタッフ(小野塚勇人)が、カップルは確かに多くて中にはプロポーズする人もいることに言及しながらも、「おひとりのお客様は料理をひと口ひと口堪能され、景色だけではなく、海の空気、風の匂いなど五感を通じて楽しんでいらっしゃるように感じます」と丁寧に話してくれました。
それはまさにソロ活の醍醐味を簡潔に言い表す言葉で、これもソロ活が世間に認知されてきた証だと恵は嬉しくなります。

ソロ活女子のススメ3東京湾クルーズ2

ダイジェスト出版編集部で繰り広げられる「誕生日とは」という会話

恵はクルーザーのレストランで、1週間前の彩子、洋平、遥の3人との会話を思い出します。
誕生日を祝うのはなぜか。親や親戚が子どもに対して元気に育ってくれておめでとうというのはわかる。友達同士が祝うのは誕生会を名目においしいものを食べたり飲んだり楽しむリクリエーションみたいなもの。では自分で自分を祝うのは?一年がんばったこと&これからがんばることへのご褒美?親に感謝する日?
彩子は言います。「恵さんは毎年誕生日に特別なことをしているから思い出になって良いんじゃない。誕生日は思い出したら幸せになる日ってことで」

ソロ東京湾クルーズでフレンチフルコース

本格的フレンチフルコースに舌鼓を打つ恵。
「美味しい。美味しい以外のコメントなんて無理だよ。五郎さんじゃないんだからね」などと胸の中で呟きながら。

ソロ活女子のススメ3東京湾クルーズ3

ひとりの女性客との出会い

料理を堪能した後、デッキに出て景色を楽しむ恵。
椅子にかけて赤ワインを飲んでいると、やはり赤ワインを片手に景色を見ていたひとりの女性客(大塚寧々)が話しかけてきました。
「これまで何度か乗っているけれど女性ひとりは珍しい」と彼女は話します。
地方から上京して長年東京に住んでいるという女性客。
「この船に乗って見る東京がちょうど良いんですよね。東京に住み始めてからひとりでいろいろな体験をしたけれど修学旅行の延長レベルで結局本当に東京の人にはなっていない気がする。でも、なんかちょっと離れた海から東京を見ると妙に落ち着くと言うか。この距離感がちょうど良いのかなあって」
彼女の話を聞きながら恵は思います。
船に乗れば、ちょっと離れて自分が生きている場所を見ることができる。輝く夜景を彩る灯りの下で自分と同じように笑い悲しみ悩む人がいるんだと感じる。それだけで明日からもなんとか生きていこうっていう気になるのかもしれないな。

ソロ活女子のススメ3東京湾クルーズ4

2時間の船旅を終えて

別れ際に女性客は「ディナークルーズも良いですよ。天気が良い時が良いけど。夏よりも冬の寒い時の方が空気が澄んで東京の夜景がきれいに見えます。まあ夏の霞んだ景色もそれはそれで東京っぽいですけどね」と教えてくれます。
「じゃ次はディナークルーズに来てみます」と答える恵の素直さに驚く女性客に、「せっかくソロ東京の先輩に教えてもらったから試してみたいなって」と。
東京湾クルーズも、「ソロ東京日本代表レベル」の女性客もとても素敵でした。
もう再び会うことは99.99%無いのかもしれないけれど、ソロ活で出会う人はたった一度、数時間の出会いが思い出に残る気がする、「ソロ東京日本代表レベル」の先輩に刺激をもらって自分もまだまだやりたいことをやるぞとモチベーションを上げる恵でした。
ソロ活を重ねて人生を豊かにしていく恵を敬意と愛情を持って見守る編集部の3人。

ソロ活女子のススメ3ダイジェスト出版編集部2

【ソロ活女子のススメ3】感想

SNSにはシーズン3のスタートを喜ぶ声があふれていました。

上司の黒田彩子が言うように、毎年ソロ活で特別な誕生日を過ごす五月女恵は、その年その年の誕生日が鮮明な思い出になっています。
もう二度と目にすることはないかもしれない景色、もう会うことはないかもしれない人との出会い。
だからこそその瞬間、その場所、その人の記憶がいつまでも心に残るのかもしれません。
自分の誕生日が「思い出したら幸せになる日」で、そしてそれを毎年積み重ねていくことができたら、本当に素晴らしいですね。

次週第2話は「ソロ温泉宿
西武鉄道特急ラビューで秩父へ。 元力士が営む温泉宿やパワースポットで心も体もリフレッシュ。
4/12(水)25時をお楽しみに!

記事内画像:©テレビ東京