【最愛】1話ネタバレと視聴率!ときめく恋と不可解な事件描写に「圧巻」の声!

最愛1話   【最愛】1話ネタバレと視聴率!ときめく恋と不可解な事件描写に「圧巻」の声!

【最愛】1話のネタバレ・視聴率・感想!ときめく恋と不可解な事件描写に「圧巻」の声!

TBS金曜ドラマ【最愛】1話が10月15日に放送されました。

2021年から2006年にひとっ飛び。
謎多き事件の開幕です!

・梨央()と大輝()は、思い合う仲だったが……。
・高校生の梨央と大学生の大輝に注目!

【最愛】1話のネタバレ・視聴率・感想を紹介します。

見逃し配信:【最愛】の全話はパラビで視聴できます。(2021年10月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください。)


ADVERTISEMENT

【最愛】1話のネタバレ

【最愛】1話のネタバレを紹介します。

事件幕開け

大学生の大輝(松下洸平)。
高校生の梨央(吉高由里子)。

大輝は梨央の姿を追う……。

大輝のナレーション

「その人をいつ好きになったのか覚えていない。話せた日は嬉しい。
会えない日はつまらない。二人になれたときは、このままでいたいと願ってしまう。

気づいたときには、もうこの世でたったひとりの特別な人になっている。
もし遠くに行ったとしても、傍にいられないとしても、その人が胸の中から消え去ることはない。

彼女の名は真田梨央。
その名が世間を騒がせる前の彼女の話をしようと思う」

**

現代。

梨央は警察に連行される。
手に血痕。
雨の中、パトカーに乗る……。

梨央と大輝の恋

2006年、岐阜県白河郷。

梨央は自転車を走らせる。
大輝が参加する陸上の試合会場に向かう。

会場では梨央の父=達雄()らが“白山大学”の旗を振っている。
到着した梨央も声援をおくる。

大輝は見事1位に。
白山大学は優勝し、藤井隼人()ら部員は喜びでいっぱいだ。

梨央は、グランドにいる大輝に向かい大声で叫ぶ。

「大ちゃん、おめでとう。この気持ちを誰に伝えたいですか。私も大ちゃんに伝えたいことがあります。もうわかってると思うけど、私は大ちゃんに……」
「やめろ、今じゃない」
と照れてさえぎる大輝。

**

白山大学陸上部の寮夫を務めている達雄がこの日は出かけることになっていた。

夜は遅くなるからと、寮の配膳や弟の優(柊木陽太)のことを梨央に頼む。
大輝は姉の結婚式に出席する。
達雄が「ついでだから」と駅まで送ることに。

車に乗る前。
大輝は梨央に告げる。
「(今日の続き)俺から言う。推薦入学が決まったら言おうと思ってた」
はしゃぐ梨央。
この時、大輝は梨央に御守を渡す。

達雄が「ほら行くぞ」と言い、ハッキリとした告白はなく……。

車中で達雄と大輝は梨央の話をする。

梨央の目標は「研究者になって薬を開発する」こと。
大学に受かったら東京に行くことが決まっていた。

「宮崎君も寂しいだろ。あれ?君、東京に就職決まってたな。梨央のことよろしく」
と達雄。

優の病気

梨央は優を連れて病院へ。

優は、梨央が東京に行くことに反対だ。
優の病気は、びまん性軸索損傷。
興奮すると記憶が飛んでしまう。
「完治は難しく、一生、付き合うしかない」と医師から告げられる。

事件1

この日は台風が近づいていた。
陸上部の長嶋(金井成大)らは「友達がくるから、飲み会には行かない」と話す。

寮に渡辺康介(朝井大智)がやってきた。
梨央は、面会なら名前を書いて、というが康介は「梨央ちゃん書いておいて」と言いペンをとらない。
寮内にこっそりと学生らが入り込む。女性禁止なのだが、青木菜奈(水崎綾女)もいる。
学生たちは、騒ぎ出しうるさい。

康介は「うるさくてごめんな」と梨央に謝りにきた。
梨央のノートを見つけ、それを読み出した。
康介は薬のことを話しだす。

**

梨央は、目が覚めると腕に傷があることに気づく。

達雄が帰宅。
靴が泥だらけ。

「梨央、大丈夫か?ごめんな、お父さんがもう少し早く帰ってれば」

「昨日の寮の食堂で勉強してた。気づいたら布団で寝てた」
「覚えてないのか」という達雄。

梨央は記憶が飛んでいた。

洗濯機が回っている。
中は、血だらけの服。

達雄がお風呂に入っている。ドア越しに梨央は話をする。

「今までどこに行ってたの?昨日、着てた服知らん?お守りが入ってる」
達雄は知らないという。

試験のことだけ考えておけ、という達雄。

優はジャングルジムから落ちて怪我をした。それが原因で記憶障害になった。
梨央は「私が目を離したすきに」と後悔を口にする。

「心配いらない」と達雄は梨央を励ます。

大輝から貰った御守を探す梨央。
結局、御守は見つからず……。

**

梨央は東京に受験に行く。
父の達雄が見送る。
携帯には大輝から「がんばれ」とメールが届く。

父の死

優の携帯が見つからない。
学校から帰って来た優は
「お父さん知ってる?」と言いながら2階へ。
達雄が椅子に座ったまま死んでいた。

**

康介の父・昭()が
「康介がいなくなった」
と寮にやってきた。

失踪から10日目。

梨央に
「あんた、みとらんかね」と聞いてくる。
梨央が「あの」と言おうとすると、長嶋がそれを遮った。
「来たけど、すぐに帰るって」と言う。

その後、警察が本格的に捜査に乗り出した。

**

梨央は達雄の写真を選ぶ。
その時、ビニール袋の中に血だらけの服を見つける。

あの夜のことがかすかによみがえる。
「怖くないよ。朝になったら、全部忘れてる」という康介の顔が歪む。

達雄の遺体につぶやく。
「私、取り返しのつかないことしたの?何があったのか教えてよ」

梨央は、血だらけの服を燃やす。

**

葬儀に弁護士の加瀬賢一郎()がやって来た。

母の梓(薬師丸ひろ子)が依頼したのだ。

分厚い香典袋を差し出す賢一郎。
「落ち着いたら進路のことを」と。

**

祖母の恵(茅島成美)と梨央が話していると優がやってきた。

梓とは時々、会っているという梨央。
優は母親が違うことを知らない。
優は、達雄の再婚相手の子供。すでに母親は亡くなっている。

そこで、母親が違うことを伝える。
「でも私と優は姉弟だよ」
梨央は優のことが心配で、大学に行くことを迷う。

祖母の恵は「後悔してもおそいよ」と梨央の背中を押す。

梨央と大輝の別れ

全国駅伝まであと6日。

大輝が梨央に声をかけるが梨央は大輝を避ける。

**

優は「東京に行っていいよ」と梨央に言う。
離れるのは嫌だけど「おばあちゃんもいる。ひとりじゃない」と。

梨央は「大学に行ったら、勉強して、優のために薬をつくる」と約束する。
梨央は祖母に優のことを頼み、東京に行く決意を固める。

その夜。

梨央は大輝と話す。
父を亡くした梨央を心配する大輝。

大会が近い。
「怪我には気を付けて」と梨央。

大輝
「俺、梨央が好きやよ、好きや」
梨央は悲しく笑う……。

梨央を抱きしめる大輝。
梨央は大輝の胸の中で泣く。

「元気出せ、元気出せ」
大輝は必死で梨央の背中をさする。

梨央はいつでも誰かを励ましていた。
大輝もそうだった。
…そんな梨央が好きだった…。

**

陸上全国大会の日。

梨央は東京に行く。
賢一郎が一緒だ。

「姉ちゃんのことよろしくお願いします」
「会いたいときはいつでも姉さんに会いにきてくださいね」
賢一郎は優しく優に言う。

車の中、賢一郎は大事なことを伝える。
「環境が変わります。住む場所も食べる物も着る物も出会う人も。身の回りのことは私に相談してください」

ラジオから大会の中継をきく。
「がんばれ」梨央はつぶやく。

大輝にたすきが渡された。

「飛行機はやめて新幹線にしましょう」
賢一郎は梨央の気持ちを汲み取り変更してくれた。

車の中から大輝が走る姿を見る。

一旦、タクシーから降りた梨央は歩道橋から大輝を見つめる。

大輝は無事に走り終えた。
その姿を目に焼き付ける。

大輝は梨央が東京に行くことを知らされていなかった。
梨央の友達が大輝に教える。

大輝が歩道橋に行くが、すでに梨央の姿はなかった……。

梨央は東京に

こうして梨央は東京に。

梓は、真田ホールディングスの社長。
梓は梨央が来たことを喜ぶ。
兄の政信(奥野瑛太)は、梨央が来たことが面白くない様子。

大輝:ナレーション

「もう会えないんだとわかるまで少し時間がかかった。
メールも電話も返事がこなくなって、どうしているかもわからなくなった。
再び梨央に会ったのは、15年も経ってから」

事件2

2021年。

昭の遺体が世田谷で発見された。

康介の遺体も発見されている。
藤井は富山県の刑事。大輝と連絡をとる。

康介の死体は山林で発見され、白骨化している。
大輝は藤井から資料を個人的に送ってもらう。

事件概要

被害者:渡辺昭・無職・70歳。
死後、3~4時間。前日の深夜11時~1時。
争ったあとの足跡痕が複数。
後頭部に挫創、頸部に圧迫痕。
何者かに頸部を掴まれ池に落とされたと考えられる。

指揮をとるのは、山尾敦(津田健次郎)。

**

フリライターの橘しおり()は、真田ウェルネスの専務・後藤信介()に写真を見せる。それは渡辺昭のもの。
「知らない」と答える信介。

信介は情報屋()に「関係を詳しく調べて。真田梨央を潰すまでやる」と伝える。

**

一方、大輝は仁美とふたりで事件を追う。
その時、藤井からメールが届く。

康介の遺留品の写真から、見覚えのある物を見つける。
それは、大輝が梨央に渡した御守の中に入っていたメモだった。

**

防犯カメラに昭が梨央と話しているのが映っていた。

梨央は昭の事件の重要参考人となる。
大輝は梨央に警察手帳を見せる。

梨央は大輝に言う。
「宮崎さん、初めまして」

その笑顔も俺を見る目も、何もかもが違っていた……。

<続く>

【最愛】1話の視聴率

【最愛】1話の視聴率は、8.9%でした。
個人視聴率は4.9%でした。(関東地区、世帯視聴率:ビデオリサーチ調べ)

【最愛】1話の感想

・制作スタッフが同じと言うので「Nのために」がトレンドに!
・「面白かった」「圧巻」の声がTwitterに!

【最愛】1話の感想を紹介します。

先程、最愛、観終わりました。私は、ドラマが大好きで、たくさん観てきてるわけですが、たまに、魂が揺さぶられる作品に出会えます。久しぶりに、そんな作品に出会えた気がします。Nのためにに、作調が似ているのかな。#最愛 #Nのために

Nのためにのスタッフ陣で 創られた最愛。 脚本、演出、音楽 なにもかもが1話から最高で 1話から涙が溢れた。 没頭3分で泣いた。 最高にいいドラマになる予感しかない。 このスタッフ陣のドラマは だいすきなドラマばっかりで 制作発展から期待大やったけど 1話観て圧感。#最愛 #最愛ドラマ

#最愛 今の所全く怪しさ0の大輝こと松下さんがこれから絡んでくるのかもしれないと思う。果たして最後まで真面目な刑事のままか!?

発端が見えても何が起きたか分からなくて、見入ってたらあっという間だった このドラマにもハマった#最愛

最愛ドラマ面白かった〜〜期待値高かったけど大満足……! 松下洸平さんがこんなに良い役者さんだったとは知らず…(恥) 続きがきになる!楽しみ!

【最愛】1話のまとめ

【最愛】1話は話足りないほどの内容がギュギュッと詰まっています。1話から感嘆。
まだ物語は始まったばかり。謎は大量に。あちこちにヒントが散りばめられている感じもします。
康介は梨央を襲ったのか?誰かが康介を殺している?それが優かも?

高校生の梨央と大輝の大輝の恋にキュンキュン。歩道橋から大輝を見る梨央。歩道橋で泣き崩れる大輝に涙。
大輝のナレーションがとても良い。じんわりと胸が熱くなります。
1話からこのスピーディーな展開。この先どうなるのかワクワクです。

次回は、14年前の2007年が描かれます。

次回予告

・大輝が梨央を取り調べ!?
・梨央が優と再会するのだが……。

次回もお楽しみ♪♪

>>【最愛】2話

記事内画像:【最愛】公式サイト

コメント

  1. dorama9管理人dorama9管理人 より:

    ご指摘ありがとうございます。修正致しました。

  2. さら より:

    舞台は栃木県でなく岐阜県です。