スポンサーリンク

ドラマ【にじいろカルテ】最終回のネタバレと視聴率!倒れた真空はどうなったのか!?

にじいろカルテ5話

ドラマ【にじいろカルテ】最終回のネタバレと視聴率!
倒れてしまった真空。「とうとうこの日が来ちまったな」と朔先生。
真空はどうなってしまうのか!?
ここでは、【にじいろカルテ】最終回の視聴率とネタバレをご紹介します。

U-NEXTで全話配信中!31日間無料トライアル。以降税込2189円※本ページの情報は3月10日時点のものです。

ADVERTISEMENT

【にじいろカルテ】最終回の視聴率

最終回の視聴率は12.3%!

番組最高でフィニッシュしました。平均視聴率は11.03%でした。

ドラマ【にじいろカルテ】の視聴率と最終回ネタバレ

【にじいろカルテ】最終回のあらすじ

虹ノ村に新たな住人がやってくる――。
無口で愛想がなく、謎に包まれた1人の男性・藤田()。張り切りまくりの霧ケ谷(は、一軒の空き家を案内するが…?

そんな中、虹ノ村の面々は、まもなく訪れる“のど自慢大会”の準備の話題で大盛り上がり。微笑ましく聞いていた真空(だが、嵐(から「真空ちゃんの分も申し込んでおいたよ」と突如言われて唖然。なんと真空、朔(太陽(の3人で虹ノ村診療所チームとして申し込み済みだという。有無を言わさず参加することが決定し、驚きつつも嬉しい真空。だが、時おり感じる手の痺れに、一抹の不安を感じ始め…。

そして翌日。診療所に、もがき苦しむ藤田がやってくる。霧ケ谷に抱えられ「足が痛い」とうめくものの、原因がわからず首をかしげる朔。そこへ更に、脚立から落ちた西川、何やら様子がおかしい佐和子(水野久美)、そしてついには骨折したらしいまじょたく(池田良)まで現われ、緊急手術が行われることに…!
突然嵐のように忙しくなった診療所で、真空、朔、太陽は見事なコンビネーションで次々に患者を救って行く。

「私たち、最強の3人だよね」
楽しくて、やりがいがあって、最高の仲間に恵まれて――。そんなある晩。3人が笑いながら食卓を囲んでいると、突然真空の表情が一変。そのまま床に倒れ込んでしまい……!

別れはいつも、突然訪れる――。
医者でも患者でも、どっちでもいいよ。
お願いだから僕らのそばにいて――?

果たして、真空の運命は…?

ありがとう、ずっと大好き――。

【にじいろカルテ】最終回のネタバレ

次から次へと患者が来ててんてこ舞いの診療所。真空の身体を気づかい、真空の休診日だからと休ませようとした朔だったが間に合わず、藤田の治療を任せる。結局、藤田の足の痛みは痛風だった。そして、嵐が連れてきた病院嫌いの佐和子先生をうまく言いくるめて検査する。そんなドタバタの隙に藤田は感謝の手紙を残して帰ってしまった。

のど自慢へ出かけたじじーずや霧ヶ谷夫妻、晴信と雪乃夫婦たちだったががっかりした顔でかえってくる。しかし、真空たち三人だけが合格。村の人間じゃない自分たちだけが…と恐縮する真空だったが、日出夫は「誰のことだ」と怒る。真空、朔、太陽はすっかり村人として迎えられていたのだ。

診療所で朔先生の”50くせに”達成の罰ゲームのご馳走を食べている時、突然真空が倒れてしまった。朔と太陽も付き添い、救急車で大きな病院へ搬送する。

「とうとう来ちゃったな、この日が。診療所で働くのは無理だと言われるんだろうな。でも絶対帰ってこい。あそこはお前ん家だ」と朔先生。

「身体が動かなくなっても三人でいてやるって言いましたよね。約束は守ってもらいますから。医者でも患者でもどっちでもいいよ。真空さんが必要なんだよ。一緒に生きるんでしょ俺たち」

苦しそうな真空の両方のほっぺに何度もキスする朔と太陽。

二人だけで診療所へ帰ってきた朔と太陽。それからは朔先生が内科も受け持っていた。そんな時、のど自慢の放送が流れ、霧ヶ谷や嵐、村人たちがみんな真空との思い出を思い出しながらで見ている。

しばらくして虹ノ村にバスがやってきた。降り立ったのは車椅子に乗った真空だった。出迎えたのは藤田。藤田は世界的に有名な電動車椅子メーカーの社長だった。あの日の恩返しに真空に可愛くデコレーションした電動車椅子を送ったのだった。

診療所に戻った真空はゆっくりと立ち上がり中を見て回る。診療所の中には朔たちの手によってあちこちに手すりが付けられていた。それから嵐、氷月、雪乃が訪れ再会を喜んだ。

真空は車椅子を駆使して体力を使わないようにしながら往診など日々の診療を続けていた。三人はこれまで通り仲良くこの虹ノ村で暮らしていくのだった。

【にじいろカルテ】最終回の感想とまとめ

岡田さんの脚本は必ずハッピーエンドなので安心して見ていられますね。それでいてしっかり感動させてくれるのが岡田脚本です。のど自慢終わりで一瞬「ひよっこ」を思い出しましたが…視聴者の皆さんは感動のあとの喪失感に苛まれているようです。

感謝の言葉もたくさん見受けられました。


記事内画像出典:にじいろカルテ公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました