2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【さくらの親子丼】最終回ネタバレ!続編待望の声続出のハッピーエンド!

さくらの親子丼3最終回
©フジテレビ

【さくらの親子丼3】最終回のネタバレと感想!

真矢ミキ主演の【さくらの親子丼】シーズン3・最終回が12/19(土)に放送されました。

放送後、続編待望の声続出!意外にも感動のハッピーエンド!?

今回は【さくらの親子丼3】最終回のネタバレと感想について。

【さくらの親子丼3】の動画FODプレミアムで視聴できます。(2020年12月現在の情報です。最新情報はFODサイトでご確認ください。)


ADVERTISEMENT

【さくらの親子丼3】最終回のネタバレ

さくら(真矢ミキ)と多喜(山崎静代)のもとに、拓真(後藤田しゅんすけ)が中学の同窓会に行きたいと相談にきた。多喜はハチドリの家のルールで、身の安全を守るために外出許可はできないと話し、さくらは拓真の首を絞めて自殺を図った母親の意識が戻ったと告げる。驚く拓真…実は同窓会で企てていたある行動が、母親の事件と関係していた。

その夜、サプライズで拓真と朝子(倉島颯良)の誕生日パーティーが開かれた。ろうそくのついたケーキを吹き消し、ご馳走を食べ…そこには子ども達の楽しそうな笑顔にあふれている。そしてさくらからは、あるプレゼントが用意されていた。

そんな折、雪乃(新川優愛)の父・太一(千葉哲也)が高校生を襲い、財布を奪って逃走して逮捕され、雪乃を弁護士として指名する。面会した雪乃は弁護を断るが、「俺を見捨てないでくれ」と泣き崩れる太一を断ち切ることができない。雪乃は桃子(名取裕子)とさくらに、ある決心を表明し…。

ハチドリの家に耳を疑う報告が桃子から入る。拳銃をネットで販売していたグループが摘発され、その拳銃の購入者に拓真の名前があったという。慌てて拓真の行方を捜すさくらだったが、当の拓真は思いがけない行動に出ていた…!

さらに朝子を連れ戻そうと父・徳納伸也(仁科貴)が若い暴力団組員を連れハチドリの家に乗り込んでくる。脅迫じみた伸也たちを何とか追い返した桃子たちだが、子どもシェルターの秘匿性を保持できなくなったと運営の危機に…。その様子を察した朝子は、自ら「ハチドリの家」を離れてしまうが…そこで雪乃がある行動を起こす。

子どもたちに真摯に向き合ってきたさくらたち。一体どんな未来が待ち受けているのか?希望の祈りを込めた最終回をどうぞお見逃しなく!

https://www.tokai-tv.com/oyakodon2020/story/

「拓真が中学の同窓会で企てていたある行動」とは…拳銃を使っての復讐。拓真はヒドイいじめを受けていたのだ。「母親の事件との関係」は、拳銃を持っていた拓真を止めようと心中を図ったこと。

「さくらからの、あるプレゼント」とは…オルゴール。曲は「さくら」(森山直太朗)だった。「私のテーマ曲なの。いつまでもさくらをお忘れなく」とさくら。朝子は喜んだが、拓真はあとで投げて壊した。

「当の拓真は思いがけない行動」とは…病院に忍び込んで、母親を撃とうとしたこと。しかし看護師に発見され、立ち去った。ハチドリの家に戻った拓真は、さくらにみんなと出会って「生きていたい」と思ったという。オルゴールは源さんが直してくれていた。さくらは最後に親子丼を食べさせる。手錠をかけられ連れていかれる拓真。桃子も泣いた。

「朝子は、自ら『ハチドリの家』を離れてしまうが…そこで雪乃がある行動を起こす。」とは…雪乃が「ハチドリの家」を辞めること。雪乃の父親は暴力団組員で、雪乃は子供のころ父から虐待を受けたいた。虐待する父の弁護をすることで、矛盾が生じるから、「ハチドリの家」を辞めるという。

桃子は辞めることを承諾するが、「まずあなた自身が、父親の呪縛を断ち切りなさい」と突き放す言い方をする。

桃子は、自分の息子が殺された話を雪乃にする。ファミレスで育児ノイローゼの母(17歳)が赤ちゃんを殺害しようとしたため、店員だった息子が止めに入り刺された。その母親の弁護士だったのが桃子先生。さくらはその母を許せなかったが、桃子にある時こう言われた・・・

ひとは悲しみの中では生きていけるけれど苦しみの中では生きていけない。誰かを憎んで生きるのは苦しすぎる…と。

「あなたもいつかお父さんへの憎しみを捨てられるといいわね」と、さくらは雪乃を励ました。

朝子は無断で父・徳納伸也(仁科貴)が待つ家に戻った。何日も、雨の日も、雪乃は家の前で見張った。朝子はびしょ濡れの雪乃を部屋にあげて、着替えさせると、背中に入れ墨があった。

「あなたと同じ、父に入れられたの」と雪乃。身の上話しをする↓

雪乃は8歳のときに母が出ていき、やくざの父とずっと暮らしてきた。殴られても蹴られてもこの人からは離れられないと思っていた。小学校5年のとき、友達の家の優しいお父さんが作ってくれたのがオムライス。父親でも優しい人がいると初めて知って、それから父に反抗しはじめた。

徳納伸也(仁科貴)に見つかった雪乃。朝子とともにハチドリの家へ帰りたいとお願いしたが、口論になる。「子供は親の持ち物じゃないわ!」雪乃は反発。暴力を振るわれる、雪乃と朝子。

「やめなさい!」雪乃はゴルフクラブを持ち出し、振り回す。雪乃は本気だ。花瓶などを割り続ける。朝子も割った。そして二人で家を出た。

朝子は「初めてだよ。こんなバカな大人みたの」と笑う。雪乃は朝子に「私も断ち切るよ」と告げた。

・徳納伸也は「ハチドリの家を口外しない。娘をよろしく頼む」と桃子に頼んできた。
・雪乃は朝子の家での大暴れを桃子にこっぴどく叱られたが、徳納伸也は訴えず、「肝のすわった立派な先生だ」と褒められ、元気に仕事を続けている。
・雪乃の父は桃子が弁護を担当。
・保護観察処分となった拓真がクリスマス・イヴの日にハチドリの家に帰ってきた。
・真由子(井本彩花)は、海外の治験薬が劇的に効いて、来年の夏には退院できそう。
希望のぞみ(清水香帆)は、裁判は敗訴になったが、施設から学校に通って沢山の友人がいる。
・さくらの恋は…失恋。岡林(鶴見辰吾)がお見合い倶楽部で出会った、美彩子と結婚することになった。料理教室の先生だという。

ラストシーンは、クリスマスイヴのお祝いシーン。メリークリスマス!(おわり)

【さくらの親子丼3】最終回の感想まとめ

ネットでの視聴者の感想は…

シーズン4・続編待望の声が続出!

シーズン3最終回は、意外にもほぼハッピーエンドでした。

雪乃と朝子の、父からの解放がちょっと駆け足でしたけど良かったですね。

拓真だけは逮捕されましたが、保護観察処分なので軽い処分になったもよう。(保護観察とは、犯罪をした人または非行のある少年が、社会の中で更生するように、保護観察官及び保護司による指導と支援を行うもの)

さくらさんだけは失恋なのでハッピーエンドではないかもしれませんが(笑)

続編でまたさくらさんに会えることを期待して、キャストスタッフの皆様、全10話お疲れさまでした。

さくらの親子丼3
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】