【大奥2 医療編】12話のネタバレと感想|天国から地獄へ…、源内が辛すぎる!

大奥2 12話 鈴木杏
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【大奥2 医療編】12話のネタバレと感想|天国から地獄へ…、源内が辛すぎる!
家治の許しを得て本格的に始まる赤面の研究。治す方法ではなくかからない方法=赤面のサボンを探す源内や青沼、蘭方医たち。五十宮/御台の支援もあり研究は進んでいく。しかし原作ファンが見たくない、あのシーンがついに…。

【大奥2 医療編/幕末編/2023】のネタバレあらすじ一覧!最終回にはあの人が登場!?
【大奥2 医療編/幕末編/NHK2023】のネタバレあらすじ一覧!最終回にはあの人が登場!?NHKドラマ10「大奥」シーズン2のあらすじ・ネタバレをまとめていきます。大河ドラマともいえる壮大な物語はどのような結末を迎えるのか。最終回に出そうな歴史的な人物とは?

【大奥2 医療編】12話|治済の陰謀

五十宮/御台所(趙珉和)の参加により、大奥の男たちは蘭学に力が入る。田沼意次(松下奈緒)と平賀源内(鈴木杏)がやってくる。源内が風来山人名義で書いている春本の大ファンである伊兵衛(岡本圭人)らが大興奮。源内はサインじゃなくて竹とんぼをあげる。よく飛ぶのはいいが拾いに行くのがたいへんだと全然売れないというのだ。

源内は、あるマタギの村で、赤面のタネを見たという。マタギの話では、熊を殺した人が赤面になった。赤面は熊の病なんじゃないか。マタギたちは「かからないように」気をつけているという。だから、「治す方法」ではなく「かからない」方法、つまり赤面のサボンを見つければいい。

そんなことは途方もない話だという青沼に、だからこそみんなにも考えてほしいと源内。五十宮/御台所が「やってみましょ」と鼓舞する。

田沼意次は老中になった。その美しさにうっとりする女たちに、あれは派手な着物のせい、質素倹約をモットーにしていた吉宗に恥ずかしくないのかと批難する田安定信(安達祐実)。定信は吉宗の娘・宗武の娘、つまり吉宗の孫だ。

徳川家治(高田夏帆)に、吉宗公の遺志を引き継ぎ、大奥で「赤面疱瘡」の研究をしたいと申し出る。佐渡守(ふせえり)、右近将監(大島蓉子)にも異論はないが、一橋治済(仲間由紀恵)が割って入る。近頃は異国船も来るし、意次が1人で決めてもいいのではないかと言うが、意次は2人もすぐ知らせることとしたいと言う。

白河の松平に田安の定信を養子にするという話はどうなったかと治済。田安家は宗武の悲願で養子はダメ、部屋住みのままなら将軍になる可能性も残されている。

それで本当によいのか、政道批判を野放しにしたままで、われこそが本道、今の上様は邪道といわんばかりだとチクチク責める。そして定信は養子に出されることになったが、定信は意次が仕組んだことだと誤解して恨みを持つようになる。

またお家騒動に火がつくのではないかと危惧する意次に、お次(堀内敬子)は、上様には世継ぎもいるから大丈夫だろうと言う。

【大奥2 医療編】12話|五十宮/御台所の思い

赤面の研究を急ぐ五十宮/御台所(趙珉和)を心配する青沼(村雨辰剛)。

大奥には蘭学者が次々とやってくる。みな“赤面のサボン”を作ろうと必死だ。杉田玄白も仲間に引き入れる。少し休むと席を立つ五十宮に、自分に診させてほしいと言う青沼だが、お腹に大きなしこりがあり、もう長くないと五十宮。

どうして教えてくれなかったのか、何かできたかもしれないのにと嘆く青沼に、治ったらいいけど治らなかったら蘭方医のせいにされる。それは御免だ。

姫の家基も実は自分の子ではない。長く風邪を患っていたときに家治と別のお中臈との間にできた子供だが、家治が気遣ってくれている。どこか虚しさや寂しさを感じていたが、青沼が来てそれが埋まった。仲間と共に学び、語らい、赤面を駆逐するという高い志をもらって、虚しさなんてどこかに行ってしまった。「ありがとう、そなたのおかげや」、青沼に、最期に充実した人生を送れたことへの礼を言う。涙ぐむ青沼。

まもなく五十宮はこの世を去った。36歳だった。

青沼たちは、五十宮の遺志をも継いでますます真剣に研究に勤しむ。

【大奥2 医療編】12話|赤面のサボン発見!?

それを苦々しく思うのは漢方医の赤井。松方(前田公輝)は気になさらずとなだめる。すると腰痛を訴える者が診てほしいと頼む。赤井は稽古のしすぎだから寝れば治るという。心配した青沼が飛び跳ねるようにいうと不思議なことに腰痛が治った。腰の痛みは体の中に石があるから、そのうち尿と一緒に出るが、水分をよく摂るようにとアドバイスする。

「蘭方医ってすごい」そんな噂が広まる。立場を危ぶまれる灰谷(山下容莉枝)や赤井ら漢方医らが、松平定信(安達祐実)に、蘭学の講義には素性の知れない怪しい者どもも出入りしていると吹き込む。意次に恨みを持つ定信は、早速意次に文句を言いに行く。金と異国好きだと意次を非難する定信に源内は、そもそも金と異国、蘭学好きだったのは吉宗。吉宗公の遺志を引き継いでいるのは意次のほう、髪型や着物、上っ面だけ真似してもしょうがないと定信を痛烈に批判する。

ますます意次に恨みを募らせる定信を、治済がさらに煽る。

伊兵衛(岡本圭人)が講義中にまた春本を眺めている。黒木(玉置玲央)が注意したとき、飛んだ本を僖助(新名基浩)が開いたところに、「Pokken(痘瘡)」の記述がある。青沼が読んでみると、トルコの老女たちは胡桃の殻に痘瘡の種を持ち歩き、希望するものに針でその種を植え付け、わざと軽い痘瘡にしてしまうというのだ。

いろいろな場所を歩いてきた源内は、赤面に2度罹った人を見たことがない。ある村で赤面が出たときに手伝っていたところ、少年は2、3日で回復したという。だから、軽症の赤面にわざと罹れば、2度と赤面に罹らないはず。できた!これが赤面のサボン!蘭学者たちは歓喜する。

しかし軽症の患者を探すのは源内頼みになってしまう。自分たちはここから出られない。伊兵衛がここを辞めると言い出す。女と博打しかやっていなかった放蕩息子で、母親に「人様のお役に立て」と言われて、人の役になんて立つものか!と思って仕事も怠けてきたのに、このままだとめちゃくちゃ人の役に立っちまうじゃないか!伊兵衛の無茶苦茶な理屈に一同は大笑い。

【大奥2 医療編】12話|源内のキスとレイプ事件

報告を聞いた意次が何か褒美をあげようとすると、「ちょっと口吸いなどしていただければ(キスしてくれれば)」と言う源内。意次は「いつも他愛のないものばかり欲しがる」とその望みを叶えてくれた。唖然とする源内。それは10年前、源内が意次に一目惚れしたときも言ってみたことだった。

その夢が叶ったその夜、夜道を歩いていた源内は、見知らぬ男たちに襲われる。最初唐辛子を巻いて逃げながら、昔のことを思い出す。赤面疱瘡の研究を始めたのは、弟を赤面で亡くしたからだった。しかし源内は男に捕まり犯されてしまう。

男たちを使った覆面の女は、治済の下で家斉の養育係をしている武女(佐藤江梨子)だった。

辛い目にあった源内は、赤面のタネを付けるため、先が2つに分かれた針を持ってくる。さすが天才!と喜ぶ一同だが、源内にはある心配ごとがあった。密かに青沼を呼び、レイプされてから発症している病について相談する。

【大奥2 医療編】12話の感想

前半は、安達祐実VS松下奈緒、そしてにっこり微笑みながら暗躍する仲間由紀恵。女の戦いがじわりじわりと始まりました。安達祐実の凄みは迫力満点。

避けては通れない、源内の辛い事件。医療編は赤面の駆逐が前進していくその裏で、闇深い事件もたくさん起こるので観るのが辛いけど、しっかり見届けなくては!

【大奥2 医療編】12話の再放送はいつ?

12話の再放送は、次の2回です。(放送日時は関東)
NHK総合1 10月12日(木)24時35分〜
NHKBS4K 10月17日(火)18時15分〜

またNHKプラスでも放送後1週間配信されています。
動画でイッキ見するなら[ad_tag id="388547"]で!

次のエピソードはこちら↓↓

【大奥2 医療編】13話のネタバレと感想|青沼・源内の最期と黒木の叫びに視聴者号泣!
【大奥2 医療編】13話のあらすじ・ネタバレと感想|青沼・源内の最期と黒木の叫びに視聴者号泣!赤面疱瘡撲滅のために尽力した者たちへの、あまりにも理不尽な仕打ちに、黒木じゃなくたって涙が止まらない!
【大奥シーズン2 医療編/幕末編】のキャストと相関図!後半も神キャスト!
NHKドラマ10【大奥シーズン2 医療編/幕末編】のキャストと相関図!2023年秋に放送される【大奥シーズン2】のキャスト・出演者情報をまとめていきます。徳川の将軍たち、青沼、平賀源内、田沼意次、松平定信、瀧山、西郷隆盛のキャストは誰!?待望の続編キャストを紹介します。

記事内画像:(C)NHK