【ノンレムの窓2023・夏/出世したくない君へ】のネタバレ|意識高い系はダサいと言われて瀬戸康史が通うセミナーとは?

「ノンレムの窓」出世したくない君へ

意識高い系はダサいと言われて瀬戸康史が通うセミナーとは?

2023年7月8日に放送された【ノンレムの窓2023・夏】は、バカリズムが原案・脚本を手掛ける新感覚ショートショートドラマの第4弾です。
この記事では、オムニバス3作品の第3話、瀬戸康史主演【ノンレムの窓2023・夏/出世したくない君へ】のネタバレをお届けします。

最近は出世したくない人が増えているそうです。

意識を高く持っていると出世してしまうから、そうならないように教えてくれるセミナーがあるんですって。このドラマでのお話ですけど。

【ノンレムの窓2023・夏】キャスト|主演は小澤征悦、夏帆、瀬戸康史!バカリズム原案の不思議なショートドラマ
【ノンレムの窓2023・夏】はバカリズムが原案・脚本を手掛ける新感覚ショートショートドラマの第4弾です。主演の3人、小澤征悦、夏帆、瀬戸康史をはじめとするキャストについてご紹介します。
【ノンレムの窓】最新話をTverで無料配信中。(7月15日20:59終了予定)
huluでは過去話も配信。

【ノンレムの窓2023・夏/出世したくない君へ】のあらすじ

「意識高い系」の男、田前 真司(瀬戸康史)は憧れの女性に、今どき意識高く出世しようとしている人はダサいと言われたことで、意識を低くしようと「意識を低くするセミナー」に通い始めることに。
張り切って時間前に行くと、時間前に来るのは意識の高い行動だと叱責される。そのセミナーの「意識を低くする」講義内容とは?

【ノンレムの窓2023・夏/出世したくない君へ】のネタバレ

意識高い系はダサい?

意識高く生きて来た男、田前 真司瀬戸康史)が日曜日のカフェで「世界を変えるニューリーダー30人」が掲載されているビジネス誌を読んでいると、高校時代の同級生小谷 晋也田中俊介)、溝口 隆弘近藤頌利)、そして憧れの女性の関本 七瀧本美織)に声をかけられる。
田前が読んでいた雑誌に「世界を変えるニューリーダー30人」が掲載されているのを見た七が、こういうのに載るのはダサいと言い切ったので、田前は戸惑った。
七は、これからの時代は仕事よりプライベート、ガムシャラに仕事するのがカッコイイ時代なんてとっくに終わってると言う。
田前が七に話を合わせていると、七はその雑誌の裏表紙に「意識を低くするセミナー」の広告を見つけ、意識高かった人が、ちゃんと自分の人生を生きている人のほうが魅力的だと気づき始めているんだねと話す。
田前はそのセミナーに通うことにした。
初日、張り切って時間前に行くと、講師の御子柴 海八嶋智人)に「そんなきっちり時間を守っているようじゃ出世しちゃうよ」と叱責されてしまう。

出世したくない君へ贈る意識を低くするセミナー

御子柴は、次からは時間に遅れてくるように言い、最前列の席に座った田前に、そこは意識が高い人が座る席だとダメ出しする。
仕事ではなくプライベートができる奴になるためにはどうすればいいのかと問う御子柴に、田前は「意識を低く持つことです」と答える。正解。
意識が高いところを上司に見つかると、意欲があると見られて出世して責任のある役職につくことになってしまう。
「そうなったら、都合の良い社畜として一生を会社に捧げることになるんです」と御子柴は言い、そうならないためにできるだけ意識を低くして出世をしないことだと告げた。

意識を低くすることに対して意識が高い人

田前はこのセミナーでも優秀だった。
初日こそ御子柴に数々のダメ出しを受けたが、意識が低い人間が食べるべきもの、やるべき行為、やってはいけない行為をあっという間に習得した。
見た目も以前のスタイリッシュな雰囲気から一変して、すっかりラフでゆるい感じに。

「意識を低くするセミナー」の講師に

再びカフェで田前に出会った同級生たちは、田前の変貌ぶりに驚く。
Tシャツにダウンベスト、サンダル履きによれた靴下。
「ありのまま生きてるだけだよ」
オーガニックカレーを注文した小谷を「意識が高い!」と叱り飛ばす。
「意識を低くするセミナー」はどうかと聞かれた田前は、自分の性に合っていて、講師にならないかと誘われていると言う。
田前の講義を受けに行こうかなと七が言うと、田前は「ちゃんと遅刻してきてね。最悪来なくてもいいし」と笑うのだった。
クリームソーダをこぼして、指をなめている田前を見ながら、微妙な気持ちになる同級生たち。

「絶対に出世しないための意識低いセミナー第4期講習」で講師として生き生きと講義する田前の姿が「新時代を切り開くニューリーダー30人」を特集するビジネス誌の表紙を飾った。
それを見て「ダサッ!!」と吐き捨てる七。
「意識を低く持とうとする意識が超高い系な」と小谷。
「性格だろうな」と溝口。
七は「もっと肩の力を抜けばいいのに」と。
その後3人は楽しくオーガニックカレーを食べるのだった。

【ノンレムの窓2023・夏/出世したくない君へ】の感想

田前は根っから真面目で期待に応えてしまうタイプなんでしょうね。
「意識が低いこと」を求められると、全力で「意識が低くだらしない人間」を体現してしまう。
誰かが提示した理念をそのまま疑問を持たずに受け入れて突っ走ってしまうことの危うさを感じました。
どこでも一生懸命に努力することができて優秀な結果も手にできる田前、いつか自分の価値観を見つけることができると良いですね。

(エンディング)若者の出世欲は

マドカ斉藤由貴)は「あるアンケートによると20代で出世したいと答えたのはわずか2割だそうです」と言うが、窓先案内人バカリズム)は「出世したいと答えるのが恥ずかしい人もいるかもしれないからそれは出世欲そのものの数字ではないしこういうアンケートは信用していない」と言う。
約100年後の未来から来たマド谷貴乃花光司)は、「未来では若者の7割が出世したいと思っていますね」と言う。でもそれはマド谷の肌感覚の数字らしい。

窓先案内人「それでは皆さんの今夜の眠りがノンレムであることを祈りつつ。またお会いしましょう。おやすみなさい」

【ノンレムの窓2023・夏/出世したくない君へ】の出演者

田前 真司  … 瀬戸康史
関本 七(フリーライター)… 瀧本美織
小谷 晋也  … 田中俊介
溝口 隆弘  … 近藤頌利
御子柴 海(セミナー講師)… 八嶋智人

【ノンレムの窓2023・夏/出世したくない君へ】の関連記事

【ノンレムの窓2023・夏/夕暮れ時の葛藤】のネタバレ|どちらの列が速い?小澤征悦がスーパーのレジに並ぶ!
【ノンレムの窓2023・夏】は、バカリズムが原案・脚本を手掛ける新感覚ショートショートドラマの第4弾です。オムニバス3作品の第1話、小澤征悦主演【ノンレムの窓2023・夏/夕暮れ時の葛藤】のあらすじ、ネタバレ、感想をお届けします。
【ノンレムの窓2023・夏/推してもいいデスか?】のネタバレ|「推し」がアイドルグループを脱退して絶望するOL役に夏帆!
2023年7月8日放送の【ノンレムの窓2023・夏】は、バカリズムが原案・脚本を手掛ける新感覚ショートショートドラマの第4弾です。オムニバス3作品の第2話、夏帆主演【ノンレムの窓2023・夏/推してもいいデスか?】のあらすじ、ネタバレ、感想をお届けします。

記事内画像出典:ノンレムの窓|日本テレビ

コメント