スポンサーリンク

【にぶんのいち夫婦】最終回のあらすじと感想!タイトルの意味にじんわりするハッピーエンド!

にぶんのいち夫婦・最終回

【にぶんのいち夫婦】最終回のあらすじと感想!タイトルの意味にじんわりするハッピーエンド!

ハラハラスピーディー展開【にぶんのいち夫婦】がいよいよ最終回!

さやかの悪質ないたずらに翻弄された文()と和真()。

二人の関係は“もう戻れない!?”

文と和真の答えは?

テレビ東京【にぶんのいち夫婦】最終回のあらすじと感想を紹介します。

【にぶんのいち夫婦】は、パラビで配信中です。(2021年7月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)


ADVERTISEMENT

【にぶんのいち夫婦】最終回のあらすじ

【にぶんのいち夫婦】最終回のあらすじを紹介します。

和真の後悔

文(比嘉愛未)から離婚を告げられた和真(竹財輝之助)は、自分を責める。

さやか(黒川智花)とは何もなかったのに、嘘を突き通すために、さやかの言いなりになっていたのは、自分のずるさだと思う。

**

出社する和真。

高梨(小久保寿人)が会社に来ておらず、探してみると公園でビールを飲んでいた。

高梨はさとみ(伊藤萌々香)との浮気がバレて妻が出て行ったという。

この時、さとみに文と同じ腕時計を高梨がプレゼントしたことが判明。

**

和真は、文が働くコールセンターに行くが、樋口(坂東龍汰)から
「文は辞めた」と言われる。

実は、文は辞めてはいない。樋口に嘘を頼んだのだ。

文に、パートから社員に、という話が舞い込む。

文は引き受けようかなと思う。樋口とお茶をする。

離婚しようと思う文だが、どこかで迷いがある。

樋口は、文に
「心の整理がつくまで待ちます」と告白。

**

母のアパートに身を寄せる文。
「私は和真と本当の夫婦になれなかった」と泣く。

さやかと再会

香住(秋元才加)と優香(瀬戸さおり)と会う文。

優香のお腹の子は順調に育ち、夫婦仲も良くなっていた。

その帰り、公園でさやかと偶然会う。

さやかは
「文になりたかった。文の持っているものは何でも欲しかった。最低の友達だよね」と話す。

文は、カラオケボックスの時のことを話す。

あの時、さやかだと気づいていたけど、そうじゃないと思いたかった。事実を突き止めたら、友達じゃいられないと思っていた。

「でも、あの時、言いたいこと言い合えばよかった」

文はさやかと向き合うことを逃げていたと、さやかに謝る。

さやかは
「なんで、謝るの」と泣く。

和真が刺される!

文は和真と会って話そうと思い、和真に会いにいこうとうする。

そこに、樋口から「軽く飯でも」と電話。

玄関を開けると高梨が突然入り込み
「責任をとれ」と文に包丁を向けた。

その時、和真が。
文をかばい、刺されてしまう。

樋口との電話は繋がったまま……。

樋口の告白

和真は病院に。

待合室にいる文のもとに樋口がやってきた。
震える文は、樋口の腕にしがみつく。

手術がおわり、和真の手を握る文。

そんな文の姿を見る樋口はそのまま帰ってしまった。

すると、文が追いかけてきた。

「ありがとう。一緒にいてくれて」

「俺、文さんのことが好きです。けど、昨日、文さんといて気づいちゃったんです。俺が好きなのは、旦那さんを一途に愛し続ける文さんです。さようなら」
と樋口。

和真の思い

文は和真の手紙を見つける。

和真からの手紙

僕は自分に自信がなかった。
文ちゃんは僕を好きになってくれた。だから、文ちゃんに相応しい夫になろうともがいていた。
でも、ダメな自分をかえられず取り繕っていただけなんだ。
でも、僕は文ちゃんと一緒に生きていきたいんだ。その気持ちは変えることはできないんだ。

そして、病院に走っていく。

和真

「文ちゃんのことが好きなんだ。どうしても、大好きなんだ」

「わたしも、和真の事が好き。大好き」

私たちは「にぶんのいち夫婦」

こうして二人は一緒に生きていくことに。

「どこから見ても完璧に見える和真も私と同じ弱さを持っている。私と和真は、弱さを持つ“にぶんのいち”どおしだ。

だから、私たちは夫婦になったんだ。

にぶんのいちの夫婦である私たちは、にぶんのいちずつ、精一杯の思いを持ち寄って、私たちだけの幸せをつくっていく」

文と和真が手を繋ぐ。

<終わり>

【にぶんのいち夫婦】最終回の感想

ハッピーエンドで「良かった」の声がTwitterに!
【にぶんのいち夫婦】最終回の感想を紹介します。

にぶんのいち夫婦、最後まで楽しみました!比嘉愛未さんの魅力にハマったこと、竹財さんのファンになったこと。そして樋口くんに癒やされたこと。夫婦って、大好き同士なのだと改めて感じました☆ #にぶんのいち夫婦 #比嘉愛未

結婚を覚悟するくらい好きな人だったんだから、結局好きでいてくれたらやっぱり許せるかな。はめた友達は許せんけどね

最終回、高梨さんが怖かったけど、文ちゃんも、和真さんも優しさに溢れてて、樋口くんは最後までイケメンだった。 なんか、最後は良かったー、良かったー。て泣きました。 #にぶんのいち夫婦

【にぶんのいち夫婦】最終回のまとめ

高梨の思わぬ行動に驚きましたが、和真と文がちゃんと夫婦に戻れてなにより。
樋口くんの思いがちょっぴり切なくもあるけれど、彼の潔さに拍手。夫を愛する妻は美しい。和真も文を一途に思っていたことが、また素敵。
この出来事で二人の絆は深く強く結ばれたと思います。

にぶんのいち夫婦の意味が最後に語られました。
こんな試練を乗り越えた二人だから、この先何があっても、二人で乗り越えて、きっとずっと、幸せだと思います。互いを思う気持ち、それはとても大切なことですね。


記事内画像:【にぶんのいち夫婦】公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました