スポンサーリンク

【澪つくし】83話のネタバレと感想!村長襲撃に久兵衛が激怒!英一郎は外川へ

【澪つくし】83話のネタバレと感想!村長襲撃に久兵衛が激怒!英一郎は外川へ

村長襲撃事件は、当然入兆へも影響します。かをるを心配した英一郎が外川へ。

それがバレて久兵衛が怒り狂うなか、惣吉は検事局へと送検されて…。

【澪つくし】83話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】83話のあらすじネタバレ

【澪つくし】83話のあらすじネタバレです。

かをるを心配した英一郎が外川へ

入兆の久兵衛(津川雅彦)と英一郎(鷲生功)は梅木(柴田恭兵)から名取村長襲撃事件について聞く。久兵衛は梅木に名取夫婦には坂東家に避難することを勧めるように遣わせる。

漁師たちが逮捕されている間、吉武家ではどうすればいいかと思案しているところに、かをる()を心配した英一郎がやってくる。

善吉(安藤一夫)とかをるは惣吉の真意と村長の不正について話す。英一郎はかをるの立場を慮っていることを伝え、久兵衛への伝言を聞く。

とね(草笛光子)は、かをるが惣吉を罪人にしないために一揆を止めようとしたこと、惣吉は離縁を言い渡し、かをるも惣吉も苦しんだ。結果、惣吉は一揆を実行し、かをるは吉武家の嫁になりきった。事件の白黒がつくまで、惣吉を責めないでほしい、どんなことがあっても2人の仲を割かないでほしいという久兵衛への伝言を英一郎に託す。

久兵衛の激昂と惣吉の検事局送検

梅木(柴田恭兵)は、名取村長の現状と、首謀者が惣吉であり逮捕されたと報告する。

吉武家には、漁師の家族たちが詰めかける。息子を返してくれ、これからの生活はどうするんだ、という家族たちにかをるは、惣吉たちは外川をよくするために体を張った。この事件をきっかけに政府や県も調査するだろう、きっといい結果が出るからそれまで協力しあっていこう、と諭す。

吉武家。朝食をとる久兵衛、英一郎。ハマはかをるの結婚は失敗だった、久兵衛はかをるを律子と同じぐらい気にかけている。いっそのことかをるを引き取ったらどうかというハマ(根岸季衣)。あの2人を引き離ないで、裁判の結果が出るまで惣吉を悪者にしないで、という英一郎。村長の悪政をやめさせるためには仕方がなかった…、と言ったことで外川に行ったことがバレてしまい、大目玉をくらう。

数日後、重要な容疑者が八日市場の検事局に送られる。惣吉の姿に拷問を受けたと心配して駆け寄るかをる。警官にすげなく引き離される。

【澪つくし】83話の感想とまとめ

久しぶりの英一郎くん。相変わらずいい意味での天然坊ちゃんぶりを発揮してくれました。

かをるを引き取ったほうがいい、というハマの変化にも驚きますね。すべては純粋でまっすぐなかをるの人格のなせる業。

しかし惣吉は重要な容疑者として検事局に送られます。これからますます厳しい取り調べを受けるのでしょうか…。かをるじゃなくても心配ですね。

それにしても、すっかり利根川丸の親方の妻となったかをるの成長ぶりに感心します。どんどんたくましくなっていきますね。

82話◀︎ ▶︎84話

コメント

タイトルとURLをコピーしました