【純愛ディソナンス】6話の視聴率とあらすじ!正樹(中島裕翔)の流した涙が辛辣すぎる!

純愛ディソナンス 6話 アイキャッチ

木曜劇場【純愛ディソナンス】6話が8/18(木)に放送されました。

規律正しい家庭環境で育ち心に闇を抱えた教師と、複雑な家庭環境で育ち大人びた女子高生の一線を越えてはいけない関係を描く、新時代の純愛×ドロドロストーリー。

「純愛」とは?

順調かに見えた2人の裏で蠢く悪意たち。

正樹()と冴()の選択は…?

今回は、【純愛ディソナンス】6話の視聴率とあらすじ、感想についてご紹介。

【純愛ディソナンス】のキャストと相関図!中島裕翔が吉川愛と禁断の関係に!
【純愛ディソナンス】のキャストと相関図!主演・中島裕翔演じる新任音楽教師が女子高生と禁断の恋に落ちる!? 2022年7月から木曜劇場『純愛ディソナンス』がスタート。 木曜劇場への出演は初めてにして、フジテレビ系ドラマの主演は約6...

【純愛ディソナンス】6話の視聴率

純愛ディソナンス 6話

【純愛ディソナンス】6話の視聴率は3.7%。

【純愛ディソナンス】6話のあらすじ

5年前、正樹()と冴()の盗撮写真をネットに拡散したことを認めた愛菜美()。愛菜美がこれまで優しくしてくれたのは自分をコントロールするためだったと知り、怒りを露にした冴は、愛菜美の本性を正樹に知らせようとするが、愛菜美の妨害に遭い、タイミングを逸する。

一方、正樹は、路加()とのコラボ企画『セカプリゾート』の記者発表の準備を進めていた。路加は、ユーザーが記者発表と同時にサービスを利用できるよう、リゾート施設のリノベーションの完成を早めてほしいと正樹に依頼する。正樹は、プロジェクトを成功させるためにも路加のオーダーに応えようと動き出す。

冴が会社にやってくると、何故か母親の静()が来ており、社員たちに菓子を配って回っていた。冴は、静を外へ引っ張り出し、追い出そうとした。だが静は、そんな冴の気持ちなどお構いなしで、まだ正樹に会っている冴のことが心配だったなどと言い出す。

正樹と会う約束を取り付けた冴は、公園で彼に会い、ついに愛菜美のことを話す。 しかし、正樹から返ってきたのは意外な言葉で……。

出典:純愛ディソナンス 公式HPより

予想外の展開

知ってる

さっき聞いたという正樹。

愛菜美が先回りしていたのだ。

正樹は冴が何を言っても聞き入れなかった。

この5年の間、俺に何があったか知らないだろ。こうやって会うのはもうやめよう

正樹は愛菜美にも冴に関わることをやめようと提案。

一方の冴は、小説のネタが思いつかず思い悩んでいた。

慎太郎から助言を受けた冴は、小説を書き始める。

自身が経験してきた波乱万丈な人生を、だ。

そんな中、愛菜美は原稿が書けないでいた。

全部が嘘に見えるのよ、何もかも

順調な2人の裏では…

冴の小説はどんどんと出来上がっていく。

正樹の仕事も順調に進んでいた。

路加が2人の関係を聞き、さらに母親が来ていたことも話す。

そこからこれまでの人生の不幸話が始まった。

そして、正樹は前に進む覚悟が出来たと打ち明ける。

冴は順調、愛菜美は完全にスランプ。

路加が愛菜美に会いに。

正樹と冴の関係について、自身を「悪魔」と表現する愛菜美。

俺たちみたいな人間は誰かの特別にはなれないんだよ

路加がモノリスエステートと仕事をする理由は?

けじめをつけようとする冴。

プレスリリースのチェックを怠らない正樹。

正樹の携帯が気になる愛菜美。

翌朝、シェアハウスでは冴の小説がみんなに読まれていた。

けじめをつけるためにも正樹にも読んでもらったほうがいい、という仲間たち。

冴は正樹に連絡を入れ、会う約束を取り付ける。

その頃、合同記者会見の会場では、順調に正樹が事を進めていた。

しかし、路加がやって来ない。

路加は同じプロジェクトを他の会社と手を組み、記者発表を行っていたのだ。

裏切られた正樹と、騙された冴。

怒り狂う碓井。

正樹は路加の会社へ。

そこで正樹は愛菜美が全て知っていることを聞く。

路加と愛菜美が食事している現場を目撃した正樹、ショックを隠せない。

愛菜美は全てを失えば正樹が戻ってくること、冴に再びいじわるを仕掛けたことを話す。

惨めにならないのか

冴にメッセージを送っていたのは、愛菜美だった。

やっと手に入れたの。絶対に手放さない。

それぞれの選択

時間になっても、待ち合わせ場所の公園にやって来ない正樹を待ち続ける冴。

そこへ慎太郎が迎えにやって来る。

無視されたと思っている冴は、スッキリとしていた。

しかし、涙が隠せない。

一方の正樹はどうしたらいいか分からず、途方に暮れていた。

人生は何を選択するかで全て変わる

そんな中、愛菜美は路加にキスされる。

そして、碓井を恨んでいるから近づいてきた、と5年前に会っていたことを話す。

最初から私を利用するために近づいて来たんでしょ

正樹は碓井に謝罪、頭から花瓶の水をかけられる。

何を選べば正解だったのか

会社の外に出た正樹は、そこで冴からの着信に気付く。

慎太郎と手を繋いで帰る冴に、正樹から着信が。

その電話は、繋がらなかった…。

例え正解が分かっても、タイミングを間違えれば、…もう遅い

涙する、正樹…。

【純愛ディソナンス】6話の感想

中島裕翔さん演じる正樹の涙

ラストの正樹の涙には、ぐーーーーっと来た方がやはり多かった!!

私もあの展開には、心がギュッとなってしまいました…。

第7話予告!

正樹と冴の周りで悪意ばかりが蠢いて、裏切り・騙されという結果に。

そして、2人の見えない繋がりさえも切られてしましました。

「選択」の重要さ、辛いシーンでした…。

現時点で、再びどん底に落ち冴にいった正樹と、正樹への気持ちを断ち切り慎太郎にいった冴。

どうしてこうも交わらないのかっ!!

冴の「過去にけじめをつける」という強い意志には、本当に脱帽でした。

(私なら絶対に正樹の電話に出て、会いに行く自信しかありません!笑)

運命の選択をし、離れていってしまった2人はまた交わることはあるのでしょうか。

 

次回の第7話は、8/25(木)22時~の放送となりますので、お見逃しなく!

【純愛ディソナンス】のネタバレとあらすじを最終回まで!越えてはいけない関係性の2人の結末は?
ドラマ『純愛ディソナンス』のあらすじ・ネタバレを最終回までまとめます。 主演は中島裕翔さん。 教師と生徒、一線を越えてはいけない関係を描く、新時代の純愛×ドロドロストーリー。 禁断の関係が周囲の人をも巻...

画像出典:純愛ディソナンス 公式HP

コメント