【コタツがない家】4話ネタバレ・感想|「万里江にもらい泣き」「悠作の良さが初めてわかった」と感動の声!

当サイトのリンクには広告が含まれます
コタツがない家4話

【コタツがない家】4話ネタバレ・感想|「万里江にもらい泣き」「悠作の良さが初めてわかった」と感動の声!

【コタツがない家】4話「母の仕事 子知らず」が11月8日(水)に放送されました。
会社社長兼カリスマウェディングプランナー深堀万里江(小池栄子)は相変わらず家族に翻弄されています。
息子・順基(作間龍斗)は指定校推薦の面接で、わざと挑発的な態度をとって不合格に。
父・山神達男(小林薫)はお金がないから万里江の家にいるはずなのに、実は700万円の貯金があることが発覚。
そして、ひそかに自分のファンの女の子と連絡を取り合っている夫・悠作(吉岡秀隆)。
自分勝手な3人に万里江の怒りは爆発します。
ただ今回は、親として、夫婦としての万里江と悠作の姿にほろりと泣かされるシーンも。
それでは、【コタツがない家】4話のネタバレと感想をお届けしていきます。

あわせて読みたい
【コタツがない家】のキャストと相関図|小池栄子が民放GP連ドラ初主演!夫と息子と父を養うウェディン... 小池栄子が民放GP連ドラ初主演!夫と息子と父を養うウェディングプランナーに!2023年10月期の日本テレビ系水曜ドラマは、【コタツがない家】です。主演はNHK大河ドラマ...
あわせて読みたい
【コタツがない家】ネタバレ・あらすじを最終回まで全話|万里江(小池栄子)がみんなに元気と笑顔を届... 万里江(小池栄子)がみんなに元気と笑顔を届ける!日本テレビ系水曜ドラマ【コタツがない家】が2023年10月18日にスタート!本作が民放GP帯連続ドラマ初主演の小池栄子...
あわせて読みたい
『コタツがない家』ロケ地まとめ|結婚式場や高校の撮影場所はどこ? 『コタツがない家』ロケ地まとめ|結婚式場や高校の撮影場所はどこ?2023年10月期日本テレビ系水曜ドラマ『コタツがない家』は、カリスマウェディングプランナー深堀万...

【コタツがない家】はこちらで配信。
『俺の話は長い』他、日本テレビ系の名作ドラマも多数配信中です。

目次

【コタツがない家】4話のネタバレ

指定校推薦不合格の順基、ウソがばれた達男、浮気を疑われる悠作

コタツがない家4話深堀家

ferychelan(フェリシュラン)で社長を務める深堀万里江(小池栄子)は、カリスマウェディングプランナーとして取材を受けた「仕事も家庭も妥協したくない」という雑誌記事を部下たちと見ていた。
八塚志織(ホラン千秋)、師島澄彦(河野真也)、首藤凛奈(石川萌香)は、一家の大黒柱として仕事も家事も育児も頑張ってきた万里江を称賛した。
そして、息子の順基(作間龍斗)の大学指定校推薦も面接まで行き、そうなればよほどのことがない限り落ちないと言われているので、子育ても一段落だとねぎらうのだった。

ところが、万里江は高校から呼び出され、順基が挑発的な態度を取ったことが原因で不合格になったと知らされる。
驚いた万里江は帰宅して順基に問いただした。
すると、志望動機を聞かれて「母親が行かせたいだけだ」と正直に答えたのだと言う。
万里江は、うちに浪人するお金なんてないのにどうするつもりだと聞いた。
すると順基は、祖父の山神達男(小林薫)の預金通帳に700万円あるのを見たと言い出す。
お金がないからうちにいるのではなかったのかと驚く万里江と悠作。
親の貯金額を娘に教えるのは普通なのかと居直る達男だったが、詐欺に遭って全財産を失っていたと思っていたのにあざむかれたような気になり万里江も悠作も納得できない。
達男に非難が集中し始めたところで、悠作の携帯から着信音が響く。
なぜか一向に電話に出ようとしない悠作に、「女か」と聞く達男。
「女だよ」と言い切る順基。
悠作が、昼間はしゃいで電話をしていたことに順基は気づいていたのだった。
相手は、前の晩土門幸平(北村一輝)から紹介された悠作のファンの絵里沙(中川来未)。
3人は自分に累が及ばないように他の二人を責め立ててカオス状態になるが、万里江は「もううるさい!みんな一回黙って!」と一蹴する。

順基の失恋

土門が順基の同級生原木田れいら(平澤宏々路)が描いた漫画の原稿を持って悠作を訪ねて来た。
悠作は順基に頼まれて土門に原稿を渡して見てもらっていたのだった。
土門は、思ったより絵力があり展開もうまいのだが、どこかで見たことがあるシーンのつぎはぎにしか見えなかったと感想を言う。
「俺は下手でも破綻していてもその人間にしか描けないものが見たいんだ」

一方、順基は高校の屋上にれいらを呼び出していた。
自分がアイドルのオーディションに落ちた時に慰めてくれたのは、父が漫画家の自分に近づいてプロになる足がかりを作るために近づいてきたということなのではと聞く。
「最低」と言われて、なぜこんなに俺と仲良くしたいのかと質問する順基。
れいらは「友達だからお互いに将来のことや進路のことを相談し合っているんじゃないの」と言う。
順基は「だとしたら猶更、俺に気があるんじゃないのかなって勘違いするじゃん」と遠回しに言ってみるのだが、
「いや、それはないって!」と笑い出すれいら。
自分を女として見てないのがわかるから安心してなんでも話してきたと言う。
「もし惚れられてたらどうしようって心配だった」と順基は表情がこわばったまま言葉を絞り出すのだった。

康彦が万里江に抗議に来る

コタツがない家4話康彦

ferychelan(フェリシュラン)に志織の交際相手徳丸康彦(中川大輔)がやって来た。
志織から「結婚できないなら年内に別れよう」と言われたことが不満で、万里江の入れ知恵に違いないと抗議に来たのだった。
万里江は、彼女は誰かの言いなりになるような子ではない、自分の意思で言ったのだと告げる。
「自分はどこまでも志織の幸せを願うことしかできない、それがどんなにあなたにとってうっとうしいことだとしても」と心を込めて言うが、康彦は「うっとうしいんです」と言い立ち去ってしまう。

コタツがある家

コタツがない家4話万里江と清美

万里江は、母・貝田清美(高橋惠子)の家に来ていた。
「わたしさぁもう疲れちゃったよ」
コタツに身体をすっぽり入れて寝たまま万里江はつぶやく。
仕事は楽しいのだけれど、それ以外の面倒なことが沢山ある。
清美は「万里江なら大丈夫よ、これまでだって全部乗り越えて来たんだから」と。
母に励まされ手料理をご馳走になって元気が出た万里江は、母お手製の梅酒を持って帰宅した。

母と息子

コタツがない家4話深堀家

万里江は、順基を呼んで考えを話す。
あと3カ月死に物狂いで勉強して現役合格を目指してほしい、それでどうしてもダメだったら浪人を許すと。
ところが順基は大学進学しない、行かないでどうするかも考えていないと言い出した。
一流の大学を出た祖父が幸せな老後を迎えているのか、大学出ていない父はそこそこ幸せそうだし、大学を出ているかどうかで変わらないと言う。
そしてそういう特殊な環境で自分はずっと我慢を強いられてきた、この家の犠牲者だと感情をぶつけるのだった。
「仕事も家庭も手を抜かずに両立してきたと気持ちよさそうに語ってるけど、子育てなんかギリギリ最低限しかやってないだろ」と万里江のインタビュー記事が掲載された雑誌を乱暴に置く。
達男も悠作も叱るが、順基の不満は止まらない。
土日の行事のために仕事を休んだことのない母を責め立てる。
「子どもは親の背中を見て育つって聞いたことあるでしょ、自分たちの背中がそんなに自信があったんだ」
「俺はともかく、おかあさんは相当いい背中してるぞ」
悠作は万里江をかばうが、万里江はショックで自分の部屋に行ってしまう。
「逃げるなよ」と言う順基に、達男は「いい加減にしろ」と言い、悠作は「あとでちゃんと謝ってこいよ」と伝えるが、順基は憎まれ口を叩くだけだった。

梅酒を運んでくる悠作

ベッドで休んでいる万里江に、「失礼しまーす」と悠作が清美お手製の梅酒を持ってきた。
「今回の梅酒すごく出来がいいと思う。ちょっと飲んでみてよ」
無言で寝返りを打つ万里江。
二つ置いたグラスのうちの一つを口に運びながら、悠作は親の大変さ、子育ての難しさをしみじみ話す。
万里江は、順基が小学校6年の時の運動会のことを思い返していた。
仕事の合間抜け出し5分だけ見に行ったのだけれど、そんな中途半端だったら来ないほうがマシだと泣かれたのだった。
悠作は、万里江は子育てをよくやってきたと思うと言い、自分がいかにダメな父親だったかを語り続ける。
聞いているうちに万里江は、自分も結構ひとりで頑張ってきた気がしてきたのだった。
自分がやったことなんて運動会や文化祭でビデオを回すことしかできなかったと反省する悠作に、映像でも順基が頑張る姿を見られたことを感謝する万里江。
温かな良い雰囲気になったタイミングで、絵里沙からのメールが届いてしまう。
この子とは何もないと弁明する悠作を万里江は許すのだった。

悠作が部屋から出た後、万里江はしまい込んであった段ボールから運動会の映像が入ったディスクを探し出す。
そこには「おかあさん、リレーには間に合う?」と万里江のことばかり言う小6の順基が映っていた。
悠作がお弁当箱のふたを開けるように言うと、画面には「ガンバレ」と海苔で書かれた万里江の心づくしのお弁当が。
涙を流しながら見ている万里江。

それぞれの顛末

翌朝、万里江と順基は向かい合って無言のまま朝食を食べていた。
そっと見守る達男。

珍しく万里江と同じバスに乗り込んだ順基は、失恋してむしゃくしゃして言い過ぎたと謝る。
「進路についてはもう少し考える時間をください」
バスを降りてから手を上げて車内の万里江に合図する順基。

達男はバイト先でギクシャクしていた熊沢徹(西堀亮)との関係が元通りになった。

万里江は、キッチンカー「ブロンソン」の霞田和恵(野々村友紀子)に子育ての難しさを話す。
「どっちにしても文句言われるのが親の宿命だから」
「川の石も流されながらぶつかり合ってお互いまるっこくなるんよ」と和恵は言うのだった。

志織は、万里江に失礼なことを言った康彦のことを謝る。
万里江は、自分に自信を持って相手のペースに乗らないようにアドバイスする。

喧嘩して結婚式ができるかどうか危ぶまれていた新婦の酒井ひかる)と新郎の普一(森優作)だったが、万里江が厳しく晋一に忠告したことで仲直りして無事に式の打ち合わせができた。

全ては良い方向へ進みだしたように思えたが、ここで新たな火種が。
師島に呼び出された万里江は思いがけない話を聞く。
志織のことを好きになってしまったと言うのだ。
仕事に支障が出てしまうのでと師島は退職願を出す。

コタツがない家4話師島

【コタツがない家】4話の感想

清美の家

コタツがない家4話清美の家

母・清美の家は気持ちよく整えられていて、丹精した庭の花々、その庭のハーブで淹れたお茶、毎年漬けている梅酒、味がしみ込んだイカと大根の煮物などから、清美の丁寧な暮らしぶりが伝わってきます。
ファッションもお洒落でチャーミングで、日々の生活を楽しんでいるのでしょうね。
居心地の良い清美の家には、コタツがあります。
ここでは万里江もコタツにすっぽり包まれて寝転びながら母に愚痴を言える。
一方、自分の家では毎日が戦いです。

悠作の優しさと万里江の涙

「そうだよ、自信持っていいよ。俺がやってきたことなんて運動会や文化祭でビデオ回したことぐらいでしょ」
いつもは言い訳ばかりの悠作ですが、万里江が傷ついてしまった時、自分の情けなさをやわらかなトーンで話して、頑張ってきた万里江をねぎらい慰めてくれました。
夫婦の絆が感じられる温かなシーン。
その後、ひとりで運動会のビデオを見ながら流す万里江の涙には胸がいっぱいになりました。
小池栄子さんと吉岡秀隆さんの真骨頂と言える名場面だったと思います。

順基はおかあさんが大好きなんでしょうね。
忙しいおかあさんに思い切り甘えられなかったさみしさを抱いたまま高校生になったのでしょうか。
あんなに激しく母をなじったのに翌朝はちゃんと対面で朝食を食べ、同じバスに乗り、不器用ながら謝った順基は、やはり万里江と悠作が愛情をこめて育てた子なんだと思いました。

コタツがない家4話チョ―さん

いつも深堀家を見守っているチョーさん。
言葉が話せたら、万里江を励ましてくれそうですね

次回5話は11月15日(水)午後10時からです。どうぞお楽しみに!

記事内画像出典:コタツがない家公式サイト

コタツがない家4話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次