【恋せぬふたり】5話のあらすじ│千鶴(小島藤子)の恋心が切ない!

恋せぬふたり5話

【恋せてぬふたり】5話のあらすじ!

 W主演のドラマ『恋せぬふたり』第5話が2022年2月21日に放送されました。

5話は、千鶴(小島藤子)の恋心がとても切なくて…。

今回は【恋せぬふたり】5話のあらすじネタバレと感想について。

U-NEXTで見る


ADVERTISEMENT

【恋せぬふたり】5話のあらすじ

【恋せぬふたり】5話のあらすじネタバレです。

「恋愛抜きの家族になるの、俺でよくね?」と言うカズ(濱正悟)に戸惑う咲子()。悶々とする咲子は千鶴(小島藤子)に相談しようとするが電話がつながらない。千鶴はいつの間にか電話番号も職場も住む場所も変えていた。高橋()とカズは落ち込む咲子を気にかけ、三人は旅行もかねて千鶴のいる小田原へと向かう。咲子と再会した千鶴は苦しい胸の内を語り出す。そして咲子もカズに自分の思いを伝えようとし…

千鶴の苦しい胸の内

千鶴は「彼氏なんていない」と咲子に告げた。

前の彼氏と一緒に住むから、咲子とのルームシェアをドタキャンした、はずだったが…。

嘘だった。

咲子は「私が嫌われることしたの?」と思うが…

千鶴は「逆だよ。好きだから 離れたの。」と意外な答え。

部屋を2人で見に行った時、千鶴は咲子を抱きかかえた。その時、急に「あ~ 好きなんだ」と気づいたという。恋愛的な意味の「好き」だった。

千鶴は「今 咲子が会いに来てくれて最高に嬉しいし…最高にしんどい。」と複雑な思いを吐露。

咲子は友達としていてほしい、髪切ってくれるの好きだと言った。

しかし「ごめん。 もとには もう戻れない。」と千鶴は泣いた。

咲子(岸井ゆきの)とカズは解散

カズは、恋愛抜きに家族になるとは相手の「帰る場所になる」的なこと、と高橋に答えた。

高橋はいい答えだと思って、咲子に彼とならいい家族になれると勧める。

高橋は小田原から先に帰って、咲子・カズを二人にした。

咲子はカズを振った。

カズが好きなこと・したいことを咲子はできないから…。

だから解散しようと告げた。

カズは「俺 咲子を好きになったこと後悔しねえから。解散しても終わりじゃねえから」という。

結末

咲子が家に帰ると…高橋が北海道フェアがあったから、とカニを料理する。

咲子は、カニを食べながら泣いた…。

(つづく)

【恋せぬふたり】5話の感想

千鶴(小島藤子)の恋心が切ない!

千鶴が彼氏ができたから、と突然、咲子との同居をやめた…その理由は意外なものでした。

なんと、千鶴は咲子に恋していたから。

いやあ、切ない。

それでも友達でいたいという咲子。髪切ってくれるの好きだから…。

そのことに「好きっていわないで」と悲痛な声でいう千鶴。

一方、カズくんは解散しても終わりじゃないって、言ってましたね。

咲子にとっては終わらせたくなかった千鶴との友達関係。なのに終わってしまった。

その対比も切ないです。


当記事画像出典:NHK

コメント