スポンサーリンク

【緊急取調室シーズン4】7話のあらすじと感想まとめ!二役の板谷由夏が絶妙!

    【緊急取調室シーズン4】7話のあらすじと感想まとめ!二役の板谷由夏が絶妙!

【緊急取調室シーズン4】7話のあらすじと感想!

賛否はあれど二役をこなした板谷由夏の演技に感動!

そして大國塔子の死でカントリは崖っぷちに立たされた。

ここでは、【緊急取調室シーズン4】7話のあらすじや感想を紹介します。

【緊急取調室】の配信
U-NEXTで全話配信中!31日間無料トライアル。以降税込2189円
※本ページの情報は7月1日時点のものです。

ADVERTISEMENT

【緊急取調室4】7話の視聴率

第7話の視聴率は12.4%!

前回より1.5ポイントのアップ。

【緊急取調室4】7話のあらすじネタバレ

ハイジャック犯・大國塔子(桃井かおり)が初公判で「爆弾は偽物だった」と証言した。驚く有希子。

一方、ハイジャックの時、有希子と同乗していた警乗警察官・山上善春(工藤阿須加)が新しい渡辺(速水もこみち)の相棒として捜査一課に配属された。山上は警視庁の受付で「失踪した医師の霊から助けを求められた」と言っている霊能力者・貴船馨(板谷由夏)と出くわすが、追い返してしまう。

しかし直後に失踪中の美容外科医・小林英ニ(黄川田雅哉)のバッグが郊外の橋の下で見つかり、捜査本部が立つ。渡辺、山上のナベヤマコンビが馨に話を聞くために出向く。山上の態度に憤慨する馨を双子の妹・佐久間渚(板谷二役)の説得でキントリに連れてくる。

馨の事情聴取をする有希子だったが、馨は透視能力に懐疑的な有希子の考えを見抜き、プライベートなことまで言い当て翻弄する。そして二つの鉄塔の間の水の中と死者の遺留品のある場所を言い出す。

それらしき場所を真剣に探す渡辺を飽きられたように見る山上だったが、馨の言った通りの場所から靴や携帯が発見された。

サイバー犯罪対策室の玉垣が馨の透視ビジネスに最近陰りが出ていたことを調べてくる。すると新しい動画で透視を信じない警察へ挑戦するように自ら遺体のありかを探すと言い出す。

ナベヤマら警察と馨を信じる民衆を引き連れ遺体がある場所を探す馨。すると林の中の別荘で馨の言う通り小林の撲殺遺体が発見される。

馨の自作自演ではないかと考える有希子。しかし馨と小林との接点は見つからない。

馨の自宅へナベヤマと向かった有希子は、出てきた妹の渚と話をする中で右手で耳の下を触る癖が馨と同じことに気づく。事情聴取した馨も動画の馨も応対した渚も同一人物と睨む有希子。

有希子からの依頼で小林の美容外科を調べた渡辺から顧客の中に「佐久間渚」の名があったと連絡がくる。時期は3年ほど前で簡単なレーザー治療をしたようだった。引き続き小林と渚の関係を追おうとした渡辺に山上は「キントリのパシリ」と苦言を残し、遺体発見現場へとひとり向かってしまう。

キントリの菱本(でんでん)が馨、渚姉妹の小学校時代の教師からの情報を持ってきた。渚の右耳の下には大きめのほくろがあり、それをよく手で隠していたと言う。美容外科の治療はほくろの除去手術と考える有希子。山上の調べで渚が勤めていた園芸店で遺体が発見された別荘の手入れをやったことがあることがわかる。

渚が馨になりすまし、小林を殺害したという状況証拠は揃った。有希子は騙されたフリをして再度馨と対峙しようと、山上に馨でも渚でもどちらでもいいから話を聞きたいと言わせる。

やってきたのは馨だった。

有希子は馨として話を聞き出し始める。そして小林と渚の関りを透視してほしいと言い出すがうまくかわされてしまう。すると自分が透視すると言い出し、殺害時の状況を見えているように語り出すとイラついた馨が遮る。すべて調べた事だと白状し、渚が小林を殺害したのに気づいたから遺体の場所を知っていたと追求すると、馨は「自分が殺した」と告白する。妹が貢がされ脅したから殺したのだと言う。小石川が何を脅されたのか?偽物だということかと追求し「違いますか?佐久間渚さん」と追い打ちをかけた。

「わかってるなら早く言ってよ」と開き直る渚。そこで馨の居場所を問う有希子。「自宅中庭の物置にある冷凍庫の中」と白状する渚。

すぐに待機していたナベヤマに連絡、渚の言う通り冷凍庫から馨の遺体が発見された。渚は昔から馨にバカにされ続けていた。長年の恨みが爆発し馨を殺害したのだった。小林は渚が馨を演じていることに気づいていて、殺したことにも気づいたため殺害したという。

昔から陽の当たる所にいた姉の人生を乗っ取ったが、結局はみじめだったと嘆く渚だった。

最後に透視すると言って「有希子や他の仲間も近いうちに仕事を追われる」と言い出す。ドキッとする有希子だった。

国土交通副大臣・宮越肇と密談する刑事部長の北斗(池田成志)。見張り役として送り込んだ山上からキントリは変わった動きは見せていないと話している。「他人事の様に言わないでください。彼らを確実に黙らせる方法を考えてください。我々はもう後へは引けませんから」と念を押す宮越。

今回の映像データをしまってる有希子の目に『大國塔子、拘留中に死亡』のネットニュースが飛び込んできた。

緊急事案対応取調班 解散まで

あと26日…。

【緊急取調室4】7話の感想まとめ

今回も面白かった

でも双子の自作自演ものはありきたり

でも板谷さんの演技はさすがだったわ

確かに。いつもメインゲストの力の入れようは凄い

大杉漣さんの写真が泣けたわ

スパイが息子ということが最後にどう絡んでくるんだろう?

確かに国土交通副大臣・宮越肇と刑事部長・北斗の悪事にどう立ち向かっていくのか気になるところです。敵対視している山上があと数話でキントリ側に傾いていくのでしょうが、間に合うのか心配ですね。

記事内画像出典:緊急取調室4公式ホームページ

緊急取調室4
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました