【世にも奇妙な物語2021秋/金の卵】のネタバレと考察!山口紗弥加の怪演が光る!

世にも奇妙な物語-金の卵   【世にも奇妙な物語2021秋/金の卵】のネタバレと考察!山口紗弥加の怪演が光る!
©フジテレビ

【世にも奇妙な物語2021秋/金の卵】のネタバレと考察!

【世にも奇妙な物語2021秋】が11月6日(土)に放送されました。

オムニバス4作のうちのひとつは、・主演の【金の卵】。

1番短い作品ながら、山口紗弥加さんの怪演が光る!?

今回は【世にも奇妙な物語2021秋/金の卵】のあらすじネタバレと考察について。


ADVERTISEMENT

【世にも奇妙な物語2021秋/金の卵】のネタバレ

『金の卵』のあらすじネタバレを紹介!

亜美(山口紗弥加)が金の卵と出会う

家に帰った亜美(山口紗弥加)は、折角買ってきた卵が割れていてショックを受けた。

すると、割れた卵の様子がおかしい。卵が金色に光っている!

むいてみると、金の卵だった。

翌朝。「全国各地で金の卵が」というニュースが流れていた。世界一周旅行を当てた田村文江という女性が、幸運な金の卵のおかげと語っていた。

亜美(山口紗弥加)に幸運がまいこむ

亜美は唯一の趣味の宝くじを当てる。番号が耳元に聞こえてきて記入してみたのだ。

ある日、亜美が家を掃除していると、札束を発見?!

テレビで、幸運の女性・田村文江さんが死亡したというニュースが流れる。

アナウンサーは金の卵を狙った強盗殺人かと伝えている。

亜美は冷蔵庫の金の卵を確認。無事だった。

亜美(山口紗弥加)疑心暗鬼に?!

夫(長谷川朝晴)が昼間なのに帰ってきた。警察も来て、夫が対応する。

亜美が携帯電話にかかってきた非通知の電話をとると、「来たんだ。僕が奪われる日が」という声がする。

夫は「戸締まり気を付けて」と声をかけて出社する。

家の中にニワトリがいた。「返せ」という声が聞こえた。

嫌よ。私のなんだから」 亜美はニワトリを外へ追い出す。

夜中。娘(小野莉奈)が台所で何か探してるのに気づいた亜美は、「卵はそこにはないわよ」と告げる。

娘に金の卵を狙われてると疑っている亜美。

夫が起きて来たが、 亜美は夫も警察官とグルになって狙ってると疑う。

まったく知らない様子の夫と娘。

とぼけてんじゃないわよ!…この卵は絶対に渡さない」と亜美 。

夫が庭にいたニワトリを部屋の中に入れる。

娘は「信じらんない。こっちに戻すから」と(ニワトリを)部屋にはなす。

そいつはこの卵を奪いに来たのに!」…亜美は包丁を振り回す。

夫の腕が切られた。娘は通報する。

警察も来て…

・・・クローゼットに隠れた亜美。ニワトリの顔をした男が亜美を追い詰める。

もみあった末、ニワトリ男は階段から落下。床に血が流れる。

亜美は娘にも包丁を向ける。そこへ警察官が来た。

「それ(包丁)を渡しなさい」と警察官たち。

「これ(金の卵)は私のなのよ」と叫んだ亜美。

亜美は警察官に突進するが、取り押さえられた。

金の卵は床に落ちてヒビが入る。

結末

警察官に向かって、「昨日、卵さぐりにきた」という亜美。しかしただの巡回だった。

亜美は「これを狙ってるんでしょ。これが幸運の金の卵だから」

娘は「幸運を呼ぶ力なんてあるわけない!」と叫ぶ。

亜美は札束を確認しに行くが、新聞紙の束だった。

「確かに言ったの、宝くじに当たったの、6・5・7って」

「ママそれは…」

テレビが6時57分、と伝えているだけだった。

亜美は何かにぶつかる。ロボット掃除機だった。ニワトリと思っていたものだ。

血を流して倒れているニワトリ男は、夫だった。警察に連行される亜美。

ひとり残された娘が金の卵を拾う。殻をむくと金色に光る。

「ママが守ってあげる」 と娘もとりつかれ始めて…。

(おわり)

【世にも奇妙な物語2021秋/金の卵】の考察

おそらく本作『金の卵』は、イソップ童話の「ガチョウと黄金の卵」がモチーフでしょう。

ニワトリや金の卵、バッドエンドなど、雰囲気が似てると思うので…。

「ガチョウと黄金の卵のあらすじ」は…貧乏な農夫がいて、毎日ひとつ金の卵を産むガチョウを手に入れます。男は金の卵を売り、お金持ちに。しかし金に目がくらんだ農夫は、もっと金の卵を手に入れるためガチョウのおなかを切りさきます。農夫は二度と金の卵を手に入れられなくなる…というお話。

「ガチョウと黄金の卵の教訓」:欲張り過ぎて一度に大きな利益を得ようとすると、その利益を生み出す資源まで失ってしまう…という教えです。

ドラマの『金の卵』では、 亜美が金の卵に出会って、奪われるのではないかと疑心暗鬼になって、夫を殺してしまうバッドエンド。

亜美は欲張りすぎたというより、欲が大きくなって、幻想をみたという感じでしょうか。おそらく、テレビの時報の声で宝くじが当たったのが、逆に運の尽き。思い込みの始まりでした。

怪しい占いや、カルト宗教を信じすぎる恐怖も描いていたというと言い過ぎでしょうか。はじめの成功体験などで信じてしまって盲信してしまうというか…。

ドラマと童話の対応も考えてみると…

  • 貧乏な農夫=亜美
  • ガチョウ=金の卵
  • ガチョウが産む金の卵=幸運

でしょうか。

いや、ガチョウ=夫かもしれませんね。

「金の卵」「幸運」に目がくらんで、それを生み出す資源(ガチョウ=夫)を殺してしまうので。

亜美は欲に支配されて、夫との幸せな生活を失ってしまいました。

まあ原作ではないので、完全には対応していませんね(笑)

【世にも奇妙な物語2021秋/金の卵】の感想まとめ

山口紗弥加の怪演が光る!

山口紗弥加さんの怪演が光りましたね。SNSでも大反響でした。

筆者は、ドラマ「絶対正義」や「ブラックスキャンダル」などでの山口紗弥加さんの狂気の演技を思い出しました。

やっぱり山口さん、こういう狂った役が上手いですね。←褒めてます(笑)

当記事画像出典:フジテレビ

コメント