【怪獣8号】あらすじ・ネタバレを最終回まで!アニメは原作のどこまで放送されるの?

当サイトのリンクには広告が含まれます
【怪獣8号】アニメ化

TVアニメ【怪獣8号】あらすじ・ネタバレを最終回まで!アニメは原作のどこまで放送されるの?

マンガアプリ「少年ジャンプ+」で大人気連載中の漫画【怪獣8号】のTVアニメ化が決定しました。
内容もさることながら、躍動感のある戦闘シーンや迫力のある怪獣のデザインなど、アニメ映えする漫画であるためファンの期待も高まっていることでしょう。

やっぱり大迫力の戦闘シーンが楽しみだな
キャラ同士の掛け合いも早く観たいわ

本記事では、TVアニメ【怪獣8号】の1話から最終話まで全話紹介していきます。
各話のあらすじと、考察を含めたネタバレをまとめていくので是非ご覧ください。

TVアニメが原作漫画のどこまで描かれるのか?
2クール目や映画化等の可能性はあるのか?

アニメの予想や考察と共に、原作についても現在更新中の最新話までの内容を踏まえて考察をしていきます。

目次

ネタバレなし【怪獣8号】のあらすじ

舞台は自然災害「怪獣」が日常的に発生している“怪獣大国”日本。
人々の平和を脅かす怪獣と、それを殲滅する「日本防衛隊」との戦いを描いた物語。

本作の主人公“日比野カフカ”は、幼い頃に怪獣によって住んでいた街を滅ぼされ、幼馴染の“亜白ミナ”と共に「二人で怪獣を全滅させよう」と日本防衛隊を目指します。

しかし、数年後そこにあったのは、夢を諦め民間清掃会社で怪獣の死体を片付けているカフカの姿でした。

「なんでこっち側にいるんだろ 俺…」

ミナが防衛隊の隊長として活躍する姿を見る度に引け目を感じる日々。

そんな中現れた、防衛隊を志すアルバイトの青年“市川レノ”。

「なんで諦めちゃったんですか?」

レノと過ごす中で、カフカは再び防衛隊になることを決意します。
しかし、ある事件をきっかけに強大な力を持つ“怪獣8号”に変身する力を身に付けてしまい、複雑な形で夢が再び動き出すのでした。

【怪獣8号】1話のあらすじ・ネタバレ

・1話の放送日:2024.04.13(土) 23:00~23:30予定

・1話のタイトル:未定

1話のあらすじ

公開までお待ちください

1話のネタバレ

公開までお待ちください

【怪獣8号】の最終回を予想!原作のどこまで放送される?

原作の漫画【怪獣8号】は、2024年2月現在も未完結で随時更新中です。
原作が完結しておらず、現時点での話数(101話:2024年2月2日更新)を考慮すると、TVアニメ版で完結する可能性は低いと考えられます。

昨今のTVアニメ事情を鑑みて、仮に1クール(12~13話)で最終回を迎えると考えた場合、原作漫画のどこまでが映像化されるのでしょうか?

TVアニメ版【怪獣8号】最終回予想!漫画の何話まで?(直前から予想最終話までのネタバレ)

TVアニメ版【怪獣8号】が1クールで終了だと仮定すると、最終回は原作漫画5巻の38話までと予想します。
原作の38話はエピソード4の“捕らわれた怪獣8号”の終盤で、物語の重要且つ大きな転換を迎える回です。

漫画【怪獣8号】の38話に至るまでのあらすじを確認していきましょう。

原作【怪獣8号】直前から38話までのあらすじ[4巻32話~33話](怪獣8号の拘束)

怪獣10号との戦闘にて、怪獣10号が最期に放った自爆攻撃から隊員たちを守るために日比野カフカはやむを得ず怪獣8号の姿に変身します。

自分の立場と身を犠牲にした攻撃で隊員たちを守ることに成功するも、怪獣8号として認識されたカフカは防衛隊に拘束されてしまうのです。

拘束されながらも、自分が人間であると証明しようと意気込むカフカの目の前に現れたのは“日本防衛隊長官”四ノ宮功でした。

原作【怪獣8号】直前から38話までのあらすじ[4巻34話~35話](“日本防衛隊長官”四ノ宮功の登場)

「奴が本当に大怪獣クラスならこんなもの簡単に壊せる。大人しく座っているのは奴の意思でしかない。」
四ノ宮功の言葉に(この人なら話を聞いてくれるかも)と希望を抱き、カフカは必死に自分が人間であると訴えます。

しかし、必死の想いも虚しく、カフカへ向けられたのは銃口でした。
功は躊躇なくカフカに発砲します。

部分変身で銃弾を防ぐカフカに対し「生身で弾丸を受け止める生物をこの世界では人間とは呼ばんのだ、怪獣8号」と言い捨てる功。

そして、ナンバーズと呼ばれる識別怪獣兵器を身にまとい「処理」という名目でカフカに攻撃を仕掛けるのでした。

原作【怪獣8号】直前から38話までのあらすじ[5巻36話](怪獣8号VS四ノ宮功)

四ノ宮功がカフカへ攻撃したことを皮切りに、怪獣8号と四ノ宮功の戦闘が始まってしまいます。
最初は攻撃を凌ぎながらどうにか説得しようと考えていましたが、功の猛攻の前に心を折られそうになるカフカ。

揺らいだ意識の中、頭の中にある声が響きます。
「カイジュウ…コロス…」
その声は、カフカを怪獣8号の姿に変えた小型怪獣でした。

功が身に着けたナンバーズと呼ばれる識別怪獣兵器をトリガーに、寄生した小型怪獣に意識を乗っ取られ怪獣8号が暴走を始めます。

怪獣8号の中では、意識を奪われたカフカが必死に主導権を取り戻そうと足掻くのですが、小型怪獣によって更に深い意識の底に沈められてしまうのです。

カフカが意識の中で戦っている最中にも、怪獣8号は功にとどめを刺そうと攻撃を激化させていきます。

「期待したがこれまでか…」
功が意味深な言葉を零し、戦いは終幕へと近づいていくのでした。

原作【怪獣8号】直前から38話までのあらすじ[5巻37話](怪獣8号の暴走と戦いの行方)

暴走した怪獣8号が四ノ宮功にとどめを刺そうとした瞬間

「ずっと待ってる」

カフカの脳内に過ぎるのは、幼馴染である亜白ミナの言葉でした。
その言葉で目を覚ました意識の中のカフカは、意を決し自らの胸を殴り貫きます。

意識中の行動とリンクするように怪獣8号もまた自分の胸を貫き、ようやく収まった暴走。
そして、最後に怪獣8号が口を開き

「俺は怪獣8号じゃない 日比野カフカだ」

紛れもなく自分が人間であることを功に証明してみせ、戦いが閉幕を迎えるのでした。

原作【怪獣8号】直前から38話までのあらすじ[5巻38話](カフカの運命と脅威の再現)

「怪獣8号は 目下兵器化せずに戦力とする」
そう言い放つのは、怪獣8号との死闘を終えた四ノ宮功でした。

功は、実際にカフカと相まみえることで怪獣8号を「制御可能」だと判断したのです。
「奴の桁外れの力を運用出来れば 我々の希望となりうる」

四ノ宮長官はカフカを試していたんだね
試すと言っても命がけね、余程部下を信用していたのね

しかし、功の意見とは相反し防衛隊上層部からは反発を受けてしまいます。

一方のカフカは、戦闘後に治療を受け、目覚めたのはベッドの上。

「目覚めたか」
突如聞こえた声で飛び起きるカフカの横に立っていたのは功でした。

カフカは自分が生かされていること、功に敵意がないこと、これらを踏まえたうえで導き出した疑問を投げかけます。
「俺は人間だって…隊員だって認めてもらえたってことですか」

しかし、功の答えは
「私の結論を言う お前は怪獣だ」

絶望するカフカに向けて更に続けます。
「日比野カフカ 生き残るためにお前の有用性を示せ」

怪獣8号ではなく名前で呼んだことや、敵意がないことに希望を見出すも、功の言葉から「兵器として」生かされただけだとカフカは察します。
しかし、それでもなお「防衛隊員としても認めさせる」と誓うのでした。

希望が芽吹き、物語が大きく動き出す中、別の場所では「絶望」が再び姿を現します。
「人間の手に堕ちた怪獣の力を 怪獣の元に取り戻スとしよう」

怪獣9号、自らの皮を脱ぎ捨てた「日本防衛隊最大の敵」は何を企むのでしょうか。

最終回予想の根拠

なんで38話がちょうど良いの?
40話も切りが良いと思うな

やはり、予想や考察にとって「何故そう考えたのか?」という根拠はとても重要です。

TVアニメ【怪獣8号】の最終回を予想するにあたって、何故原作漫画での38話を選んだのか、その根拠を解説していきます。

TVアニメ1クールあたりの話数相場

TVアニメのジャンルや描写の描き方などによっても大きく変化しますが、アニメ1話あたりは漫画で言えば大体2~4話程度が相場です。

2023年のTVアニメを見てみると、1期が1クール(約12話)で最終回を迎えている作品は、原作漫画の20話~40話あたりまでを映像化しております。

つまり、ここで予想したTVアニメ【怪獣8号】の最終回は、原作漫画での38話も相場に合致しており、可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

区切りが良く、含みを持たせている

原作の漫画【怪獣8号】は現在も連載中で完結しておりません。
つまり、アニメ版の最終回では完結しない状態で終わらせる必要があります。

いくら完結しない状態とは言え、無理矢理物語を終わらせるわけにはいきません。
原作に沿って、完結しないまま最終回を迎えるには以下の要素が重要です。

  • 話の流れとして区切りが良いこと
  • 続きが気になる様に含みを持たせること

ここで予想したTVアニメ【怪獣8号】の最終回は、原作漫画での38話です。

38話は、怪獣8号と四ノ宮功の戦いにも決着がつくと共にカフカの処遇も決まり、物語として一旦の休息を迎えます。
更に、その裏では日本防衛隊の宿敵である怪獣9号が動き出し、今後の物語に含みを持たせているのです。

このことから、38話の終わり方は最終回にぴったりの場所だと言えます。

TVアニメ【怪獣8号】続編(2期)や映画化の可能性は?

原作漫画【怪獣8号】は現在(2024年2月時点)も尚連載中です。
仮に1期目が完結しない状態で最終回を迎えるとすると、気になるのは「2期目の制作」ではないでしょうか?

また、人気の漫画となると映画化を期待する人も少なくないと思います。

TVアニメ【怪獣8号】の2期目の制作と映画化について、その可能性を予想していきましょう。

続編(2期)製作の可能性は高いと言える

結論として、TVアニメ【怪獣8号】の2期目の製作は可能性として高いと言えます。

大きな理由は以下の2点です。

  • 現時点で人気の高い作品である
  • 1期目の話数では完結しない可能性が高い

原作漫画の発行部数の多さや、ジャンプ+の総合ランキングで常に上位をキープしていることから【怪獣8号】がどれだけ人気なのかが分かります。
単純に考えると、人気がある漫画のTVアニメ化であれば、注目度の高さから、制作側も力を入れて臨んでくるのではないでしょうか。

また、アニメ化前の原作漫画が高い人気を持っていながら、アニメ版の最終回では完結しないとなると続編を望む声が多くなると予想されます。

更に、1期目の終了から期間が空いてしまってはせっかくの熱も冷めてしまうかもしれないので、2期目の決定や放送時期は早い段階で発表されるかもしれません。

映画化の可能性も有り得る

昨今の人気アニメ制作の流れとして多いのは

  1. 1期目の終了
  2. 映画化
  3. 2期目の放送

といった“鬼滅の刃”や“呪術廻戦”のようなパターンです。

純粋に【怪獣8号】の人気の高さから、映画化の可能性も十分にあり得ると考えられます。
また、それだけでなく、本記事で予想したTVアニメ版【怪獣8号】の最終回である“38話”以降は、描写やストーリー展開などが特に映画映えしやすい内容だということも大きな理由です。

大きなスクリーンで、防衛隊と巨大怪獣との戦闘を観られることを期待しています。

【怪獣8号】原作のネタバレ・考察!物語の核心に迫る

原作の【怪獣8号】はTVアニメ放送前の現在(2024年2月時点)も連載中で、まだまだ核心となる部分は見えてきません。

読み進める中で、ストーリー展開やキャラクターの正体、黒幕などを考察するのも漫画の醍醐味ではないでしょうか。

ここでは、まだ完結されていない状態の原作漫画【怪獣8号】の核となる部分に触れて考察していきます。

怪獣9号の正体と狙いは?

まずは【怪獣8号】において、日本防衛隊の最大の敵とも言える“怪獣9号”について考えてみましょう。

圧倒的で強大な力、狡猾さ、そして識別怪獣との関わりなど、多くの謎を持った敵キャラです。

怪獣9号の正体や狙いなどにフォーカスを当てて考察していきます。

怪獣9号の正体は?怪獣の生みの親?

凄まじい戦闘力や再生能力、人語を話せる知能、怪獣を生み出し、取り込む力など、様々な能力を持ち防衛隊を苦しめる怪獣9号ですが、その正体は一体何者なのでしょうか。

ここでは、怪獣9号の正体を「怪獣の生みの親」と予想します。以下が考察の理由です。

  • 怪獣を生み出す力がある
  • 怪獣に司令を出せる
  • ナンバーズを回収しようとしている

注目すべきポイントは、怪獣9号の持つ能力です。
識別怪獣はそれぞれ異なった特有の能力を持ちますが、怪獣9号だけは“異質”と言えます。

他の識別怪獣は個として戦うための能力であるのに対し、怪獣9号は種族として生き残り、敵対する生物を打ち滅ぼすための能力。
言わば「母体」としての能力を持っているのです。

現時点では怪獣10号以降の識別怪獣を生み出し、余獣に指令を出すなどの能力が明らかになっていますが、今後はどのような能力を見せてくるのでしょうか。

また、怪獣9号の放つセリフから「ナンバーズ(もしくは識別怪獣)を回収しようとしている」というハッキリとした目的を持っていることも理由の一つです。
人間に奪われた「我が子」を取り戻すという親の務めを果たそうとしているのかもしれません。

怪獣9号の目的は?識別怪獣の回収も手段の一部?

怪獣9号の正体も気になりますが、彼の目的は一体何でしょうか。

38話では「人間の手に堕ちた怪獣の力を 怪獣の元に取り戻スとしよう」という発言をし、ナンバーズもしくは識別怪獣を回収することを明言しています。

やはり、目的は識別怪獣達を自らの元に取り戻すことなのでしょうか。

否、真の目的は別にあり、ナンバーズの回収は「手段の1つ」でしかないと考えます。

ここで予想する怪獣9号の目的は「生態系の頂点に立つこと」です。
怪獣9号だけではなく、怪獣全てが種として生き残るために、最も大きな障害になりうる人類を滅ぼそうとしているのではないでしょうか。

その目的のために、人類に「兵器として」捕らわれた識別怪獣達を回収し更なる力をつけているのだとしたら、今後の展開に胸が昂ぶりますね。

カフカに寄生した小型怪獣(通称:ミツケタ)の正体は?

【怪獣8号】の中でも最も謎が深いと言っても過言ではないのが、本作の主人公“日比野カフカ”に寄生した小型怪獣です。

原作ファンの間では登場時のセリフから“ミツケタ”と呼ばれている小型怪獣ですが、行動や目的など疑問が多く、原作ファンの間でも様々な考察をされています。

通称“ミツケタ”の正体や目的などを予想していきましょう。

“ミツケタ”の正体と目的は?

作品のプロローグ部分、病院のベッドで療養中のカフカの目の前に突如として現れた小型怪獣ですが、その正体は一体何者なのでしょうか。

実は、ミツケタ「何者かが残した生物兵器」なのかもしれません。
そして、そう仮定すると、目的はやはり「怪獣を打ち滅ぼすこと」だと考えられます。

以下が考察の理由です。

  • 「ミツケタ」という発言から、明確に誰かを探している
  • 「カイジュウ…コロス」と、怪獣に対し強い敵意を示している
  • 人間(カフカ)に寄生している

まず、寄生する対象を明確に絞っている点と、その対象が人間である点が大きなポイントと言えます。
ミツケタが自らの意思で寄生するのであれば、より強い種族であるに越したことはありません。

例えば、怪獣でもよかったのではないでしょうか。

しかし、ミツケタが選んだのは人間であり、その中でも身体能力が平凡ともいえるカフカでした。
これは、人為的かつ目的があっての行動に見えます。
“あえて”人間を、“あえて”カフカを選んだと考えてもいいでしょう。

更に、カフカの脳内でミツケタが放った「カイジュウ…コロス」という発言にも注目です。
発言自体からも怪獣に対して強い殺意と敵意が感じられます。

また、このセリフは日本防衛隊長官“四ノ宮功”が識別怪獣兵器“ナンバーズ”を装着した時のものです。
他の余獣や怪獣9号でも起こらなかった反応だと考えると、功のナンバーズのベースである“怪獣2号”もしくは怪獣7号以下の識別怪獣に特別な想いがあるのかもしれません。

このことから、ミツケタは過去に識別怪獣によって被害を受けた人類が、怪獣を打ち滅ぼすために秘密裏に生み出した生物兵器だと考えられます。
怪獣への強い恨みから、未来の人類へ希望という名の兵器を託したのかもしれません。

何故カフカが選ばれたのか?

ここでは、ミツケタの正体を「何者かが残した生物兵器」だと予想しましたが、何故星の数ほどいる人間からカフカが選ばれたのでしょうか?

これは、カフカでなければならなかったからです。
その理由を2パターン予想してみました。

まず1つは「カフカが人間と怪獣のハーフである」です。
実は、カフカは唯一の人間と怪獣のハーフである人類なのではないでしょうか。

ミツケタがカフカをピンポイントで発見できたのは、カフカの持つ特有の匂いや周波数などを探知したかもしれません。
また、いくら寄生とは言え、取り込んだ力を瞬時に発揮できる順応さも怪獣の細胞故だと考えられます。

2つ目は「カフカは怪獣の研究をしている家系の人間である」
カフカの家系は、代々怪獣の研究をしていて「怪獣化」の技術を持っていたのではないでしょうか。

日本防衛隊が持つ識別怪獣を兵器化させる技術があるなら、怪獣化、言わば人間を兵器化させる技術があってもおかしくはありません。

怪獣の脅威に対抗すべく、先代が残した兵器こそが“ミツケタ”であり、その力を子孫のカフカが受け取ったのではないでしょうか。

どちらのパターンにしろ、カフカを知る者、特にカフカの血縁である人間が関わっている可能性が高いと言えます。

【怪獣8号】あらすじ・ネタバレは毎週更新

TVアニメ【怪獣8号】は、日本防衛隊と怪獣の戦いを描いたバトルアクションアニメです。

漫画が原作のアニメ化なので、どの様に映像化されるのか、原作との相違点はあるのかなど注目ポイントがたくさんあります。

【怪獣8号】はテレビ東京系列で毎週土曜日の夜23時から放送予定です。

本記事では【怪獣8号】のあらすじネタバレを最終回まで更新予定なので、是非また見に来てください。

【怪獣8号】アニメ化

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次