【じゃない方の彼女】9話ネタバレと視聴率!怜子(山下美月)の告白が切ない!

じゃない方の彼女9話

【じゃない方の彼女】9話ネタバレと視聴率!

主演、 企画・原作の不倫ドラマ『じゃない方の彼女』第9話が12月6日に放送されました。

9話は温泉地でまさかのお忍びデート!? 道ならぬ恋に新展開? 天然魔性女子の切ない本心…妻の突撃でピンチ!果して、2人の関係はバレてしまうのか?

今回の記事では【じゃない方の彼女】9話のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【じゃない方の彼女】【じゃない方の夜】配信情報
【じゃない方の彼女】とスピンオフドラマ【じゃない方の夜】はパラビで配信中。
※本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況はParavi公式サイトにてご確認ください。


ADVERTISEMENT

【じゃない方の彼女】9話のネタバレ

不倫相手が家にやってきて妻と鉢合わせした地獄のバーベキュー後のお話し。

不倫がバレる?!

雅也(濱田岳)は怪我をした教授の代わりに大学の入試問題の差し替え作業をするため、先輩の片桐()と共に山奥の旅館へ2人で泊まることになる。不倫にはもってこいの宿だと茶化す片桐。

一方、怜子()の方も…。友達の彩菜()がバーベキューの時の様子や、雅也のスマホの着信音をきっかけに、怜子が好きな相手は雅也と気づく。

彩菜に「自分がしてることわかってるの?」と問いただされたが、好きになったら仕方ないと認めてはくれた…。

宿では…。片桐を追いかけて不倫相手(多岐川華子)がやってきて、どこかへ2人で去ってしまう!?

雅也は一人で作業をするが…怜子から「話があります。会えませんか?」と雅也のスマホにメッセージが来た。試験問題作成があるからと断る雅也。しかし、うっかり旅館の場所を伝えてしまい…。

午後3時ごろ。「来ちゃいました」と怜子が旅館へやってきた!?

「会いたかったから」

じゃない方の彼女9話

雅也のもとに差し入れを持った怜子が現れて、戸惑う雅也。

とりあえず部屋に連れて行く。

「バーベキューびっくりしましたよね?…でも楽しかったですよね?」と怜子。

雅也は答えに困った。

じゃない方の彼女9話

怜子はニューヨークの道端で売ってるホットドッグを死ぬまでに食べたい、人生はあっという間だからと言い出す。

やりたいことをやろうって決めたんです。自分に正直に生きます」と宣言する怜子。

雅也は戸惑いつつ「それで?今日はなんで?」と聞く。

会いたかったから…それじゃ…理由になりませんか?」と怜子。

またも答えに詰まる雅也。

「風が冷たい。もう、さんまの塩焼きの季節も終わりですね?」と怜子は話題を変える。

「好きでしたよね。さんまの塩焼き。秋はさんまの塩焼き。冬はカキフライ。じゃあ春は…?」と怜子。

(同時に)怜子:「カツオのたたき」/雅也「タラの芽の天ぷら」

前に言ったことと違うと思った怜子。

好きだけど1番じゃないっていうか…」と焦る雅也。

思い詰めた表情で下を向く怜子。

「野々山さん」

「その呼び方、嫌」

怜子は改めて問う。

涙をこぼしてしまう雅也。

「先生?本当に楽しかったですか?バーベキュー

じゃない方の彼女9話

雅也はまたも返答せずに、「お茶いれるね。お湯をもらってくる」と部屋を去る。

怜子(山下美月)の告白

雅也が部屋に戻ると、怜子の姿がなかった。館内を探してもいない。

外に出ても見当たらない。

電話をかけるとツーツーツーと話し中のもよう。

その瞬間、怜子も雅也に電話をかけていた?!

雅也が探しに向かった方向とは逆方向に怜子は歩いていた。

雨が降って濡れる2人。

歩き疲れて呆然としていると、遠くに怜子の姿が!

怜子ちゃん!!!

橋の上にて。雅也は怜子に駆けよろうとすると、

好きなんです。好きが止まらないんです。

と告白する怜子。

怜子:「ダメですね、私」

雅也:「違うよ。ダメなのは僕だよ

雨女だけど好きな雨

雅也と怜子は部屋に戻った。

濡れている怜子にバスタオルをかぶせて、

「風邪ひいちゃうよ」と声をかけた雅也は抱きしめた。

****

2人は旅館で用意されている浴衣に着替えて、
床に座って、並んで…。

「まーくんは雨男?」と怜子。

怜子自身は雨女で、からかわれてきたので、
ずっと雨が嫌いだったが…

でも今日の雨は好き」と怜子。

そこでノックがした。

「まーくん?まーくん?」と妻の麗()。

9話の結末

雅也はパニック状態になり、怜子をトイレに隠す…!?

差し入れをもってきた麗。

鍵を開けると、雅也が断っているにもかかわらず、部屋に上がる麗。

片桐がいないのは女の子と出かけたと説明する雅也。

トイレに行こうとする麗。

ごまかしきれずにトイレに入られてしまうが…。

何事も起きなかった?!

お隣さんに娘を預けてきたからとすぐ帰る麗。

部屋の風呂に隠れていた怜子。

旅館の玄関を出た麗は、部屋のトイレに落ちていた【保湿化粧水の試供品】が気になって、旅館を振り返った。

(つづく)

【じゃない方の彼女】9話の感想まとめ

怜子(山下美月)の告白が切ない!

山下美月さん演じる怜子が、雨に濡れた直後のシーンで「好きが止まらないんです」と改めて告白。

切ない。切なすぎますね。

でも雅也も自分が悪いと分かっているんですね。

愛する妻子がいるのに、どこか怜子への思いを持ち続けているから…。

嫌われたくないし、好きなんですよね。

しかし一度、男女の関係を持ってしまいましたし…。雅也、流されてる。

今回の浴衣になったシーンも多分そういうことですよね?いや、布団が乱れてなかったような…?

いけないことと分かっていても惹かれてしまう。

しかし上戸彩と斎藤工の不倫ドラマ「昼顔」のときと比べると、今回のサレる側…麗ちゃんが良い奥さんすぎて見てて辛いです。

次回予告ではその麗が【で、やめる気あるの…?不倫】と雅也に迫る?ドキドキな第10話です。

【じゃない方の彼女】9話の視聴率

【じゃない方の彼女】9話の視聴率は分かり次第、お伝えします。

>>10話

次回の【じゃない方の彼女】10話は、2021年12月13日(月)23:16~の放送です。いつもより10分遅れなのでご注意を。お楽しみに。

画像出典:テレビ東京

2021年秋ドラマ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント