【持続可能な恋ですか?】4話のネタバレと視聴率!様々な「頑張れ」に考えさせられる回!

【持続可能な恋ですか?】4話のネタバレと視聴率!

【持続可能な恋ですか?】の4話が5月10日に放送されました。

起業セミナーの終了でと晴太が急接近!?三角関係の行方は?

【じぞ恋】第4話のネタバレと感想をご紹介していきます。

 

【持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~】の配信
Paraviで全話配信
※本ページの情報は2022年3月20日時点のものです。

【持続可能な恋ですか?】4話の視聴率

第4話の視聴率は7.7%でした。

前回より0.5ポイントアップしました。

【持続可能な恋ですか?】4話のネタバレ

)が仕事から帰ってくると夕食の支度、「頑張ったねえ」と肩もみなど完璧な颯()。そこに着信。無視する颯。

は以前の職場で「先輩の様に頑張れない」と泣いた後輩のことを思い出す。

ある日、ヴァネッサ(柚希礼音)から新しいヨガスタジオのマネージメントを任せたいとオファーされる。もし引き受けるとプライベートの時間も取れる。そうなれば晴太()との時間も…と、独立に迷いだす

一方、明里()のクリニックを訪れた林太郎()は、明里から骨フェチであることを告白される。そして言葉フェチの林太郎はその「骨フェチ」という言葉や「キュン」という言葉に目を輝かせる。「私たち似てますね」と言う明里は、林太郎には何でも話せると言う。そして治療が終了した林太郎を時々いっしょにウォーキングしませんかと誘う。

と晴太は、起業セミナーの一環で自分への取材…ジャーナリングを学ぶ。「自分の大事なもの」というテーマで思いついたものを書き出す

ヨガ、独立、自分のスタジオ、資金、友達、ビールetc…。隣では晴太も何か一生懸命に書いている。

セミナーが終わり、晴太を食事に誘うだったが、晴太は待っているであろう颯を気遣い、誘いを断る。そして女性起業家のロールモデルの紹介の約束をした。

帰ってくると颯と仲睦まじく食事の支度をする二人を見て、林太郎は気を聞かせてウォーキングに出かける。独立が揺らいできた話をするに「別に頑張らなくてもいいんじゃない、ちゃんがいいなら。っていうかもう頑張ってるじゃん毎日」と言う颯。「優しいね。なんで?」と言うに昔両親がケンカしてたから自然に身に付いたと話す颯。そこにまた着信。出ようとしない颯。

晴太と待ち合わせてパーソナルジムを営む先輩女性起業家・足立瞳(MEGUMI)の所に向かった。そこは、「胸キュンプログラム」を行う “カップルジム”だった。ふたりで揃いのTシャツに着替え、いっしょに柔軟体操、ウエイト、マシーンでのジョギングを体験すると晴太。終わって話をする三人。「頑張れ」って頑張ってる人にはきついと話す。そして起業を迷っていることを話す。驚く晴太。

その帰り道。本心では晴太とのプライベートも考えて独立を諦めようとしているに「頑張ってください」強く言う晴太。夢のために結婚もしたくないと言っていたが夢よりもプライベートを優先することが許せなかった。そして心から応援したい気持ちで言った言葉だった。自分の本当の気持ちをわかってもらえないは怒ってしまう。

その夜、はいつもの仲間と飲み会。そしてその頃、自宅でセミナーの時に書いた大事なものリストを見返している晴太。そこには「さん」の文字が!

の自宅では颯と林太郎がふたりきり。着信の電話に出ようとしない颯をいぶかしむ林太郎に「知らない番号だから」と言う颯。颯が席をはずした隙に除くと着信履歴には「お母さん」とあった。

が帰ってきて今度は三人の時にまた着信音が鳴る。相変わらず出ようとしない颯に「お母さんなんだろ」と言う林太郎。不在着信を見たことを謝る。「心配してるだろうから、うちにいることを知らせた方がいい」と気を遣うが、出て行ったきり音信不通だったのに、一度会ったらしつこくて。たまに近況報告するくらいの距離感がちょうどいいと言う颯。「面倒でも一度頑張って…」と言いかけて口をつぐんでしまう

のヨガ教室に来た颯。生徒に脱力させ、「頑張るという言葉はヨガでは使わない。でも頑張っても優しさだから。ありのままを受け入れるのは苦しいですが、そんな自分を認めてあげましょう」と説く。その言葉を強く受け止めている颯。

その夜、また三人でいる時に着信が来る。電話に出る颯。「話したくなかった」と素直に言う。部屋から話しながら出ていく颯。

颯が戻ってくると、ひとりソファーで寝てしまっているにお礼を言う颯。「頑張ったね」と

ぐったりとまた寝そうなの横に座り、くつろぐ颯。うたたねするを抱きしめようとしてやめるとの肩に頭をつける。

翌日、ウキウキとウォーキングに出かける林太郎。歩きながら明里の婚活の進捗状況を聞く林太郎は「これはこれでしんどいものだ」とつぶやく。明里は何でも話を聞いてくれる林太郎に信頼を寄せていた。池のカメを見て、カメの骨格の話をする明里に胸を押さえて座り込む林太郎。「差し込みですか?」と心配する明里に「いえ、いわゆるひとつのキュンです」と言う林太郎。

最後のセミナーが終わり、晴太とが外に出ると雨が降っていた。傘を持っていた晴太が「送っていきます」とふたりで歩き出す。途中、雨はやんでいたが、傘をさしたままの晴太。の家の前までくる。

先日のことを謝る晴太。晴太は独立を諦めることにしたと告白する。の考えを尊重し、賛同する晴太に「やっぱり独立することに決めました」と言う。晴太の言葉で決めたと言う。「頑張れって言葉が悪いわけじゃない。誰にどう言うかが大切で、応援が嬉しかった。自分が頑張りたい人なんだと気づけました。ありがとうございます。晴太さんに出会ってよかったです」「僕もです。頑張れ」「頑張ります」

別れ際、を抱きしめる晴太。固まる。その姿を帰宅した颯が見ていた。

【持続可能な恋ですか?】4話の感想

今回はいろいろな「頑張れ」が出てきました。使っていい場合と悪い場合。いい頑張れと悪い頑張れ…難しいですね。そんな言葉で怒ったり、元気になったりの三人でしたが、ドラマを引っ張るにはちょっと弱った印象を持ちました。視聴者のみなさんもいろいろと考えさせられたようです。


たった一つの言葉にいろいろと考えさせられる回でした。さて、急接近しそうなと晴太ですが、目撃した颯との三角関係も複雑になりそうな予感ですね。
記事内画像出典:持続可能な恋ですか?公式サイト

コメント