【#居酒屋新幹線】2話のネタバレ!仙台の“無限チーズ”に悶絶する進

損保会社の内部監査室に勤務する高宮進(眞島秀和)が出張帰りの新幹線で楽しむご当地テイクアウトグルメを描くMBS/TBS系新たなグルメドラマ【#居酒屋新幹線】の第2話が12月21日に放送。今回は宮城県・仙台に出張!

【#居酒屋新幹線】のネタバレ・感想・まとめを紹介します。


ADVERTISEMENT

【#居酒屋新幹線】2話のネタバレ

【#居酒屋新幹線】2話・ネタバレになります。

仙台で野望に燃える進

仙台への仕事を終えた高宮進(眞島秀和)は、帰りの新幹線の時間まで【#居酒屋新幹線】での酒と肴の調達=仕込みのため、仙台市内を散策。定番のものよりも、今まで知らなかったグルメを探し、たどり着いたのは「支倉焼」のお店。店員さんの言葉で「支倉=はせくら」と読むことが分かった進は、誤った読み方を口にしなかったことにホッとする。デザート用に支倉焼を買って仙台駅に着いた進は、駅内で再び「仕込み」の続きを。「お豆腐揚かまぼこ むう」という看板を見て、小さい頃に「むうくん」と呼ばれていた進は「むう」をいう響きに惹かれ、初めての「お豆腐揚かまぼこ むう」もゲット。さらに、メインとして以前から目をつけていた「えんがわずし」を調達しに行く。炙りと笹巻きで熟考しながら、「笹巻きえんがわずし」をチョイス。お酒は、限定という言葉につられ、「仙臺驛政宗」を選ぶのだった。

伊達政宗公に呼ばれたチョイスに!

新幹線に乗り込み、新幹線の座席のテーブルに、本日の品々をセッティングし、写真をSNSに投稿、【#居酒屋新幹線】は開店した。早速、SNSのフォロワー=常連さんからのメッセージをチェックしつつ、「お豆腐揚かまぼこ むう」「仙臺驛政宗」を味わいながう進。「笹巻きえんがわずし」が、かれいのえんがわであることもしっかりチェックしつつ、「伊達政宗公に呼ばれた」という品々を思いっきり堪能。常連さんに教えてもらった「麻婆焼きそば」もチェックしつつ、「クリームチーズの仙臺みそ漬」を食べることに。グルメ武将・伊達政宗公ゆかりの「仙台みそ」の話を聞いて、ちゃっかり買っていたのだ。そんな「クリームチーズの仙臺みそ漬」を食べ、思わず「そんなの反則だって」「まさに無限チーズ」と笑みがこぼれる進。締めに「支倉焼」を味わい、潔く終わる【#居酒屋新幹線】の良さもかみしめながら、営業を終了=下車準備をするのだった。

<続く>

【#居酒屋新幹線】2話の感想

深夜放送ながら、1話に続き2話も【#居酒屋新幹線】がTwitterのトレンド入り!

【#居酒屋新幹線】2話・感想を紹介します。

今回の進の仙台グルメのチョイスへの反応が多数ありました。仙台土産の良い参考なりそうですね。お酒好きの方には、酒飲みチョイスなところもポイントが高いようです。そして、今回のグルメも東京で買える店舗と共に一部紹介されていました!

さらに、主人公・進が更新する劇中Twitterの登場もうれしい限り! ドラマを見ながら、【#居酒屋新幹線】の常連さん気分を味わえそうですね。

【#居酒屋新幹線】2話のまとめ

【#居酒屋新幹線】2話・まとめになります。

伊達政宗公騎馬像を前に【#居酒屋新幹線】のために良いものを仕入れをお願いする進の姿がキュート(笑)。進いわく、妻(星野真里)への帰り時刻の連絡=下準備らしく、そのワードセンスも妙にジワります。店で「支倉常長」のことが思い出せない進を察して店員さんが説明するなど、進は一見クールそうですが、思っていることが顔にでてしまうキャラクターなのかも。

なぜか、伊達政宗公しばりでグルメを選んだり、「えんがわずし」を炙りと笹巻きで迷う姿にも、クスっとさせられたり…2話では、そんな進の人となりが、より際立っていました。

モノローグでつづられる味の感想が実に達者で、【#居酒屋新幹線】歴の長さも感じさせてくれるというもの。次回はどんな「仕入れ」をするのか楽しみですね。

次回予告

  • 第3話は「古川」編
  • 次回は2022年1月4日(火)放送です!

次回もお楽しみに!

記事内画像出典:【#居酒屋新幹線】公式サイト

2022年冬ドラマ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント