【わたしの一番最悪なともだち】22話ネタバレ・感想|二人の恋は隠したトマトと無理に食べるチョコレートケーキ?

わたしの一番最悪なともだち22話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

二人の恋は隠したトマトと無理に食べるチョコレートケーキ?

【わたしの一番最悪なともだち】22話が9月26日(火)に放送されました。
(再放送:9月30日土曜午前0時30分)
鍵谷美晴(髙石あかり)が言った「笠松さん、変わったけど全然変わってない」という言葉にとらわれたままの笠松ほたる(蒔田彩珠)。
仕事でも恋愛でも自分を見失ってしまっているようです。
久しぶりに恋人の相澤賢人(高杉真宙)のマンションを訪ねますが、彼が苦手なものを買って行ってしまいます。
今回は、蒔田彩珠さんと高杉真宙さんの繊細な表情に注目です。
それでは、【わたしの一番最悪なともだち】22話のネタバレ、感想をお届けしていきます。

【わたしの一番最悪なともだち】キャストと相関図!友人の仮面をかぶって就活する主人公に蒔田彩珠!
8月21日スタートのNHK夜ドラ【わたしの一番最悪なともだち】は、自分を偽り、友人の仮面をかぶって就活する女性をリアルな世界観で描く繊細な青春ドラマ。蒔田彩珠・髙石あかりなど瑞々しいキャスト陣を紹介します。
【わたしの一番最悪なともだち】ネタバレ・あらすじを最終回まで!幼なじみは天敵?自分の理想の姿?
幼なじみに複雑な思いを抱く笠松ほたる(蒔田彩珠)の就職活動や社会に出てからの姿を通して青春を瑞々しく描く【わたしの一番最悪なともだち】のネタバレとあらすじを最終回までご紹介します。

【わたしの一番最悪なともだち】22話のネタバレ

揺らいでいるほたる

笠松ほたる(蒔田彩珠)は、鍵谷美晴(髙石あかり)から言われた「変わったけど全然変わってない」という言葉で揺らいでいた。
先輩三島麻衣子(倉科カナ)に「自分自身が心から使いたいシャンプーを作ることができているのかどうか考えるようにアドバイスされたことを踏まえ、キンモクセイベースの香りをいくつか確認してみるがどれが良いのかわからない。

おいおい、ほたるはキッチンのシンクを磨いたたわしを見つめ出しちゃったよ。

「わたし…わたし…」って呟いた後たわしを見つめて「これは、たわしだ」って。悩んでるのに面白いこと言っちゃうのがほたるだよね。

マーケティング部に一斉送信したメールにも「わたしたち」を「たわしたち」って書いてて青山くんに突っ込まれてたね。一斉送信はヤバい!

混迷を極めているわねぇ。三島さんも心配そう。

ほたるは、自分が心から使いたいシャンプーとは何かわからなくなっている、それは自分自身が揺らいでいるからだと思う、と三島に相談する。
三島は「自分を俯瞰(ふかん)して見たら」とアドバイスする。
距離を置いて自分を見てみたら肩の力が抜けるし、それによって気づけることもあると思う、と三島は話してくれた。
「多分ここ、笠松さんの踏ん張りどころだから」

恋人に会うのに「頑張る」とは

そろそろ退社しようという時に、相澤賢人(高杉真宙)から「出張から戻ったよ」とメッセージが届く。
ほたるは昨日も今日も賢人からの電話に出ず、メッセージの返信もしていなかった。
返信の言葉に迷い、何度も書いては取り消す。
結局「ごめん、返事遅くなって。スマホ壊れてた」と送信した。
賢人の家で食事を作ることになったほたるはつい「頑張るか…」と呟いてしまい、隣の席の青山悠太(大八木凱斗)に「変なの。恋人に会うのに頑張るって」と言われてしまう。

苦手なトマトとチョコレートケーキ

ほたるは食材を買って賢人のマンションに行った。
賢人はハグして、連絡がなかったから心配したよ、疲れているのに来て料理を作ってくれてありがとうと言う。
「作ろうと思ったから。わたしの気持ちだから」とほたる。
パスタを作ろうとして、ほたるは買ってきたトマトが賢人の苦手なものだったことを思い出す。
慌てて予定を変更してペペロンチーノを作ることに。

仕事の調子を聞かれて順調と答えてしまうほたる。
そして最近休日出勤や出張の多い賢人を気遣う。
落ち着いたら温泉に行こうと話す二人。
食後にほたるは冷蔵庫からチョコレートケーキを出してくるが、賢人はあまり嬉しそうではない。
「苦手だった?」と聞くと、「びっくりしちゃって。嬉しくて」と。

一緒にいて楽しく過ごしたいだけなのに、そうしようとすればするほど緊張してしまう。
それは多分賢人も同じ。
眠れない夜を過ごし、寝違えた首のまま出勤するほたる。
退職した城島和佳奈(久間田琳加)の代わりの社員が来ていた。
ほたるは、和佳奈の不在を改めて感じる。

【わたしの一番最悪なともだち】22話の感想

一緒にいて緊張する恋人

ほたるは賢人の前で「仕事での笠松さん」をやめられないんですよね。
本音を言えない恋人。それは賢人も同じなのでしょう。
ハグも会話も「素敵な恋人」を演じているように見えてしまいました。
賢人の苦手なトマトを買ってきてしまってエコバッグに隠すほたると、あまり好きではないチョコレートケーキを出され無理して「嬉しい」という賢人。
お互い優しくて気を遣い合っているのですが、あまり楽しそうに見えません。

ほたるが先へ進むために

美晴との再会が出口を見つけるきっかけになるかと思いましたが、ほたるは一層深い森の中に入り込んでしまったような気がします。
でも、ここで立ち止まり悩み考えることがほたるにとってもこのドラマにとっても、きっと大事なことなのでしょう。
三島さんが言ってくれたように自分を俯瞰して見ることができたら良いですよね。
「変わっていない」という美晴の言葉の真意を理解できたら先へ進めると思うのですが、今スマホを使っていない美晴とはしばらくまた会えない日々が続くのでしょうか。
慎吾はどうしているでしょうね。相変わらず変なTシャツを着ていてほしいです。

さて、次回は和佳奈が登場します。
23話は9月27日(水)午後10時45分から。どうぞお楽しみに!

記事内画像出典:わたしの一番最悪なともだち 公式サイト