【イチケイのカラスSP】のキャスト・あらすじ・ネタバレ!「女神の教室」から北川景子がコラボ出演!

イチケイのカラスSP2023

【イチケイのカラスSP】のキャスト・あらすじ・ネタバレ!「女神の教室」から北川景子がコラボ出演!
竹野内豊主演の法廷ドラマ【イチケイのカラス】の映画公開を記念して、スペシャルドラマが1月14日に放送されました。ドラマ本編の1年後、熊本に異動になったみちおがイチケイの仲間たちと大きな事件を解決する!
【イチケイのカラスSP】のキャスト・あらすじ・ネタバレ・視聴率・感想・レビューについて!

【イチケイのカラスSP】のキャスト

【イチケイのカラスSP】のキャストと登場人物一覧です。

  • 入間みちお(キャスト:竹野内豊)…熊本地裁の裁判官
  • 駒沢義男(キャスト:小日向文世)…部長
  • 坂間千鶴(キャスト:黒木華)…イチケイの裁判官
  • 井出伊織(キャスト:山崎育三郎)…検事
  • 浜谷 澪(キャスト:桜井ユキ)…書記官(産休中)
  • 一ノ瀬糸子(キャスト:水谷果穂)…書記官
  • 川添博司(キャスト:中村梅雀)…書記官
  • 岡林 保(キャスト:戸塚純貴)…書記官
  • 立石政子(キャスト:ふせえり)…熊本地裁第二支部支部長
  • 青山瑞希(キャスト:板谷由夏)…青山弁護士事務所所長・弁護士
  • 城島怜治(キャスト:升 毅)…東京地検特捜部の検事
  • 日高亜紀(キャスト:草刈民代)…カレー屋店主

【イチケイのカラスSP】のゲスト

【イチケイのカラスSP】のゲストを紹介します。おもに2つの事件関係者です。

代理お家騒動裁判の関係者

  • 大藪重之(キャスト:北村一輝)…“代理お家騒動裁判”で世間から注目される大企業「星積ホールディングス」の役員。
  • 嶋津奈都子(キャスト:中村アン)…「星積ホールディングス」の役員。跡目争いで大藪と対立する。
  • 丹羽昭久(キャスト:吉沢 悠)…被告人。奈都子の部下。
  • 佐倉朝子(キャスト:堀田真由)…青山弁護士事務所の弁護士

ヤンキー傷害事件の関係者

  • 諏訪遙人(キャスト:髙橋優斗/HiHi Jets/ジャニーズJr.)…被害者。ヤンキーグループ「くまヤン」の元リーダー。決闘の仲裁に入り、意識不明の重体に。
  • 内田 亘(キャスト:嘉島 陸)…被告人。加害者と思われていたが…。
  • 吉塚 悟(キャスト:小柳 友)…弁護士。内田の弁護人。
  • 木内真菜(キャスト:向里祐香)…検察官
  • 四宮陽一(キャスト:宮世琉弥)…グループNo.2
  • 本多みどり(キャスト:渡邉美穂)…四ノ宮の彼女
  • 鳥山勝(キャスト:吉田健悟)…ヤンキーグループの一員。ある証言をする。

その他の重要人物

  • 月本信吾(キャスト:斎藤 工)…人権派弁護士
  • 赤城公子(キャスト:西野七瀬)…裁判官
  • 鵜城英二(キャスト:向井 理)…防衛大臣

【イチケイのカラスSP】の相関図

【イチケイのカラスSP】に「女神の教室」から北川景子が出演!

「女神(テミス)の教室」柊木雫役の北川景子がクロスオーバー出演。

みちおとの関係は? みちおが柊木の先生だったとかでしょうか。

【イチケイのカラスSP】のあらすじ

熊本のヤンキー事件

変わり者の裁判官・入間みちお(竹野内豊)がイチケイから熊本地裁へ異動になって1年後。イチケイの主席書記官・川添(中村梅雀)が熊本地裁にやってくる。自ら志願して岡林保(戸塚純貴)とトレードしたという。

とある河原ではヤンキーグループ「くまヤン」の決闘が行われていた。四宮陽一(宮世琉弥)が内田亘(嘉島陸)を探していると、内田は倒れていた諏訪遙人(髙橋優斗)の前に立ちすくんでいた — —。

熊本地裁第二支部では、ヤンキーグループの仲裁に入った青年・諏訪遙人が殴られ、意識不明の重体となったこの傷害事件が起訴される。

加害者と思われた内田亘は、仲裁に入った諏訪とケンカになり殴ったが、強く殴ったわけではなく、勝手に倒れて苦しみ出したという。

みちおは何かを言いたそうな四宮を証言台に立たせる。四宮は内田が供述を途中で変えたことに納得がいっていない。一方内田は全面的に罪状を認めており、執行猶予付きの判決で収束するはずだったが、みちおたちが調査を進めるといくつも不審な点が…。内田は警察の取り調べに対して容疑を否認していたというのだ。なぜ、内田は証言を変えたのか?みちおは、真実を知るために職権発動する。

お家騒動と傷害事件

一方東京では、イチケイの部長裁判官である駒沢義男(小日向文世)が、大企業「星積ホールディングス」の社員同士の傷害事件を審議していた。次期社長候補の派閥に属する社員たちが代理戦争を起こしていた。対立しているのは、役員の大藪重之(北村一輝)と嶋津奈都子(中村アン)。奈都子の部下で被告人の丹羽昭久(吉沢悠)らが、とにかく早く裁判を終わらせようとしていた。

青山瑞希(板谷由夏)の部下で若手刑事弁護士・佐倉朝子(堀田真由)は、刑事事件担当を辞めたいと考えていた。99.9%有罪確定の刑事裁判を30件もひっくり返した人がいると青山が言うと、佐倉はそれは青山が好きだったみちおのことだろうとからかうが、それは駒沢のことだった。

裁判では、丹羽昭久と被害者によって示談が成立していた。丹羽が三鷹緑地に行ったのは教育事業のプロジェクトのため。ネット上でAIを使った職業体験をしたり、廃校を使った施設の検討などだった。
被害者も加害者も犯行現場にはたまたま行ったということに疑問を持つ駒沢。

目撃者の証言では犯行時現場にはもう1人いたはずだが、丹羽は「記憶にない」と白を切る。納得がいかない駒沢は職権を発動する。

元・最高裁判所判事の日高(草刈民代)は念願のカレー店をオープンしていた。イチケイメンバーの溜まり場にもなっている。 

川添が熊本に来た理由

熊本では、みちおや川添たちがヤンキーたちの協力で事件の日を再現していた。鳥山は、諏訪らしき人物が橋の上を頭を押さえて歩くのを目撃していた。諏訪はなぜ殴られる前にふらついていたのか。

もともと「くまヤン」は諏訪が作ったものだった。今はグループを抜けて牧場でアルバイトしながら弁護士を目指していたという。

川添がなぜか四宮と言い争っている。すると本多みどり(渡邉美穂)が「なんでいるのよ!」と割り込んだかと思うと川添にビンタ炸裂。四宮の彼女のみどりは、川添の娘だったのだ。元妻からみどりがグレたと聞き、熊本への異動を志願したのだった。

支部長(ふせえり)が医師の見解書を見せる。脳挫傷の程度から倒れる前に15分程度行動できてもおかしくない。そして近くのホールの階段から誰かが転げ落ちたという通報があったが、救急車が駆けつけると誰もいなかったという。

前代未聞の共同審理!?

駒沢たちが、被害者が行ったというそば屋を確認すると、行ったはずの時間はアイドルタイム。ネット情報を見てウソの供述をしたことになる。つまり2人は偶然ではなく、何らかの理由で会っていた。

「ハクビシンに注意」という看板を見て、駒沢たちが調べると、防犯カメラに明進大学の教授・正木浩介が逃げる姿が映っていた。正木は奈都子の大学時代の恩師だった…。

捜査を進めていく中、みちおと駒沢一行は、星積ホールディングスで鉢合わせ。川添の調査でみちおも同じところにたどり着いていたのだ。奈都子に事情聴取するが、諏訪と一緒にいた、また丹羽が階段から落ちた人を探していたという目撃情報があったにも関わらず、奈都子は丹羽とともに講演会でホテルにいたとアリバイを主張。

みちおと駒沢は併合審理すると言い出すが、法学を勉強していた奈都子は被害者が同一でない場合は、条件を満たさないとそれはできないと主張。駒沢は前代未聞の共同審理を提案する。

みちおは、ロースクールで教鞭をとる柊木雫(北川景子)と遭遇する。

“熊本・ヤンキーの決闘”と“東京・大企業の代理お家騒動”。全くスケールの違う2つのケンカ事件にはある接点が…。その背後にある切ない愛の物語と大きな闇とは — —!?

【イチケイのカラスSP】のネタバレ

【イチケイのカラスSP】のネタバレです。

全員だんまりなのは…

奈都子は子供たちが30種類以上の職業体験ができる施設の取材を受けている。親の収入など環境でやりたいことを諦めてほしくない、夢を持つ手助けをしたいと奈都子。大藪が差し入れにやってくる。熊本のローストホース丼、奈都子のふるさとの味だと振る舞うが、奈都子の表情はかたい。

駒沢たちが奈都子と諏訪の関係を調べると、諏訪が奈都子の息子らしいことがわかる。奈都子は自ら16歳で出産したことをすでに公表していた。それは裁判所への抗議でもあった。最初は一緒に育てると言った相手が認知をしなかったため、子供を施設に預けた。さらにお家騒動の件で世間を騒がせた責任を取って、一弁護士に戻ると告白したのだ。隠し子は本当に隠したいことじゃない、と疑惑を強める駒沢。

奈都子と大藪がいるところにやってきた駒沢は、本当に隠したいことのために、秘密を知られたくない人に知られてしまったか…と追及する。大藪の方も駒沢について調べていて、駒沢の娘が星積に就職活動をしていることを突きつけて暗に脅す。

駒沢は東京地検特捜部の検事・城島怜治(升毅)に相談していた。城島は星積のお家騒動は、奈都子を排除するために大藪が仕組んだことだろうという。

川添はヤンキーたちに、内田が主張を変えた理由、いつ変えたのかを尋ねる。2か月前に面会したときまでは当初の主張をしていたと聞き、みちおに面会記録を調べてもらう川添。結果、丹羽が身内といつわって内田に面会していたことが判明する。青山と佐倉が丹羽を追及するが、意に沿えないなら別の事務所に頼むと言われてしまう。いったい何を隠そうとしているのか…。

諏訪の意識が戻ったが、事件のことは一切話さない。全員だんまりの事件。内田にも諏訪にも相手がだんまりに徹していることを言ったらどうか、とみちお。だんまりなのは相手を思ってのことだ。

【イチケイのカラスSP】の真相と結末

証言台に立つ内田にみちおは、諏訪も黙っていること、そして仲間たちの主張を伝える。内田は弟のために供述を変えたのではないか、また諏訪はもう1人の人をかばっていて、それを内田も知っているのだろうという。

みちおは、弁護士を目指す諏訪のために真実を話してくれと頼む。内田は苦しみながらも告白を始める。諏訪はあのとき泣いていた…。

川添はみどりと話す。料理人を目指したのは本気だったことをわかっていた。みどりは料理人になろうと思って働いたところで「使い物にならない」と言われて心が折れていたのだった。川添は、離婚したことをちゃんと謝り、みちおにもらったグルメツアーのチケットを渡す。


奈都子が出廷する。諏訪は内田にだけは本心を打ち明けていた。諏訪は親に捨てられてグレていたが、ある弁護士に出会ったことから弁護士を目指そうとしていた。奈都子が母であることは施設の人から聞いた。

大藪の部下、鮎川大介が、奈都子は司法試験の際、問題作成に関わっていた正木から問題を買って合格したことを告発しないかと持ちかけてきた。

諏訪は正木を追及したが当然話さない。次に奈都子と話しに行くが奈都子も話さない。奈都子がその手を振り払った拍子に諏訪が階段から転げ落ちた。奈都子から聞いた丹羽が確認しに行ったが、諏訪の姿はなかった。大藪は奈都子が諏訪を突き落としたように見える写真をネタに奈都子を脅した。

諏訪は、誰にも顔を見られないように、助けも呼ばずに階段から落ちた現場から離れた。それは奈都子を守るため。諏訪が本当に言いたかったことは、「産んでくれてありがとう」という感謝の気持ちだったのだ。

奈都子は諏訪の思いを知って、真実をすべて話した。大藪に脅されていたことも。司法試験の漏洩が事実であることも。

大藪は発言を求める。駒沢は異例ながら許可。大藪は脅迫と奈都子は言ったが、事実を隠そうとしたことでそういう受け取り方しかできなくなっていたのでは、と論点をすり替える。駒沢が部下が諏訪をけしかけたことについて追求すると、大藪は全部部下が勝手にやったことだといい、その場で謝罪を要求。

なめてはいけない!司法の場を。いくらでも人を操れると思っているかもしれないが、人が人を思う気持ちは操れない。駒沢がそう諭すと大藪たちは退場した。

丹羽への判決は、懲役6年。執行猶予3年となった。

奈都子が真実を話したという記事と、罪と向き合ってからまた会ってほしいという奈都子の手紙を読んだ諏訪の顔は晴れやかだった。

坂間にいろいろ報告するイチケイのメンバー。みちおとW職権発動からの共同審理、法壇からも降りたと聞いて呆れる坂間。川添は、娘が東京で料理修行するからと東京に異動したいと言っているようだが、熊本地裁もみちおの影響で処理件数が減っているから何とかしろと井出から期待が寄せられていた。坂間は弁護士になることを決めるが、みちおの影響ではないと言い張る。勤務先は岡山県だ。

セクハラに不正献金など手段を選ばずに悪事を働いてきた大藪は、内部告発によって逮捕された。

その頃、日尾美町で弁護活動を始める月本信吾(斎藤工)と裁判官の赤城公子(西野七瀬)がバス停で偶然出会っていた。テレビでは、鵜城英二(向井 理)が防衛大臣就任の挨拶をしている。史上最年少の防衛大臣で、鵜城を推薦したのは安斎(佐々木蔵之介)だと城島。

みちおの次の赴任先は、「イージス艦衝突事件」があった岡山県日尾美町、坂間が赴任する秋名町の隣町だった。

岡山では、みちおと坂間が巨悪と戦うことになる — —

【イチケイのカラスSP】の視聴率

【イチケイのカラスSP】の視聴率は分かり次第お知らせします。

【イチケイのカラスSP】の感想とレビュー

【イチケイのカラスSP】の詳しいネタバレは放送後にアップします。

イチケイのカラスSP、熊本と東京の事件が繋がるというなかなかの大スケール。川添さんと一緒に、゜これこれ、これが入間みちおの〜」って思い出した人も多かったのではないでしょうか。家族の思いを複雑に描いていて心に響きました。

でもやっぱり、坂間とみちおの絡みが見たかった。それは劇場版でということなのでしょうけれど。大藪(北村一輝)も今回のラスボスの割にはちょっと出番が少なかった。柊木とみちおの関係もあまりよくわかりませんでした。

ラストは、人権派弁護士(斎藤工)と裁判官(西野七瀬)、歴代最年少の防衛大臣(向井理)が登場して、劇場版への誘い。劇場版のあらすじを見ると、なんと坂間千鶴にみちお以外の思い人が — —?
劇場版もぜひご覧ください。

コメント