【姫様”拷問”の時間です】出演キャスト・声優についてご紹介!見どころについても解説

当サイトのリンクには広告が含まれます

この記事では、アニメ【姫様”拷問”の時間です】のキャスト(声優)について解説しています。

合わせて作品概要や見どころについても解説しているため、ぜひご一読ください。

アニメ【姫様”拷問”の時間です】は、漫画配信アプリ「ジャンプ+」で連載されている作品が原作です。

次にくるマンガ大賞2020 Webマンガ部門」で2位を獲得している人気作で、アニメも注目されています。

目次

【姫様”拷問”の時間です】とは?

引用元:TVアニメ『姫様 “拷問”の時間です』

国王軍の王女にして第三騎士団長である姫は、魔王軍に捕虜として捕らえられていました。そんな姫の前にある日、魔王軍最高位拷問官であるトーチャー・トルチュールがやってきます。

「姫様”拷問”の時間です」
そう言って彼女は、姫の前にバターの乗った焼きたてのトーストを出しました。

引用元:TVアニメ『姫様 “拷問”の時間です』

食べ物で釣るという子どもを相手にしたような拷問ですが、なんと姫には効果抜群。トーストの誘惑により、姫は国王軍の秘密をあっさりと吐いてしまいます。

しかしトーチャーが引き出した秘密は、魔王の満足を得られませんでした。そのため、姫の釈放は保留となり、有益な情報が引き出されるまで拷問が継続されることとなります。

果たして姫はこの先、魔王軍からの拷問に耐えられるのか…?

【姫様”拷問”の時間です】のキャスト(声優)を紹介

ここからは【姫様”拷問”の時間です】の出演キャストを各キャラクターごとにご紹介します。

白石遥香(役:姫)

引用元:TVアニメ『姫様 “拷問”の時間です』

国王軍第三騎士団長でもある王女で、数々の戦闘で勝利しており非常に高い戦闘力を持ちます。

屈強な精神力も持ち合わせているはずですが、魔王軍から仕掛けられる拷問にことごとく屈し国の秘密を吐いており、相棒であるエクスに呆れられています。

白石遥香

引用:白石晴香 (voice actor) | TOY’S FACTORY

姫を演じるのは、白石遥香さん。【ぼくたちは勉強ができない】ヒロインの古橋文乃や【影の実力者になりたくて!】のローズ・オリアナなどを演じています。

小林親弘(役:エクス)

引用元:TVアニメ『姫様 “拷問”の時間です』

姫の相棒である伝説の聖剣。意思を宿しており、アニメではツッコミ役のような立ち位置です。

姫への信頼が厚く「姫様は拷問になど決して屈しない!」と毎回のように宣言しますが、無惨にも姫が拷問によって陥落する姿を見続けることとなります。

引用:小林 親弘 | 株式会社アトミックモンキー

エクスを演じるのは、小林親弘さん。【ゴールデンカムイ】の杉元佐一や【転生したらスライムだった件】のランガなどを演じています。

伊藤静(役:トーチャー・トルチュール)

引用元:TVアニメ『姫様 “拷問”の時間です』

魔王軍最高位拷問官である女性の悪魔。食欲を刺激したりゲーム・遊園地などのレジャーで誘惑したりして姫を拷問し、数々の秘密を吐かせています。

しかしトーチャーが姫から引き出す情報は、役に立たないものばかりです。魔王からの満足を得られないため、連日にわたって姫を拷問しています。

引用:賢プロダクション [Kenproduction] 声優事務所・タレント事務所・声優プロダクション

トーチャー・トルチュールを演じるのは、伊藤静さん。【ハヤテのごとく!】の桂ヒナギクや【灼眼のシャナ】のヴィルヘルミナ・カルメルなどを演じています。

玄田哲章(役:魔王)

 

引用元:TVアニメ『姫様 “拷問”の時間です』

魔族の頂点であり、魔王軍を率いている存在です。時折トーチャーによって有益な情報が提供されるのですが「水曜日は塾がある」「その時間は好きなラジオ番組がある」などの理由で却下しています。

また、オタク趣味や子煩悩な一面もあり、魔王とは思えない庶民的な姿を度々見せます。

引用:玄田 哲章 – (か行):株式会社81プロデュース‐声優プロダクション

魔王を演じるのは、ベテラン声優の玄田哲章さん。アーノルド・シュワルツェネッガー主演作の吹き替えを担当しているほか、2023年には【あやかしトライアングル】のシロガネを演じました。

【姫様”拷問”の時間です】の見どころ・魅力

引用元:TVアニメ『姫様 “拷問”の時間です』

【姫様”拷問”の時間です】の見どころ・魅力は、残酷さとはほど遠い拷問によるギャグシーンと癒し要素です。

食欲をそそる料理描写が多いほか、各キャラクターたちのやり取りは笑いつつもほっこりさせられます。

拷問と聞くと、物騒なイメージを持つ方が多いでしょう。しかしこの作品の拷問は、美味しそうな食べ物やゲーム・レジャーなどの誘惑によって行われます。

姫は日々繰り返される拷問により、今まで食べられなかった憧れの食べ物を堪能したり、友だちと遊ぶことの喜びを知ったりしていきます。

立場上は魔王軍の捕虜なのですが、国王軍第三騎士団長だったころよりも人間らしい充実した日々を送っていくのです。

基本的には原作に忠実ですが、話の順番を入れ替えて1話丸ごと飯テロ回にしたりゲームシーンの追加があったりと、原作ファンも楽しめるように作られています。

嫌な気持ちになるシーンは一切なく、何も考えず笑って楽しめる作品です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次