【婚姻届に判を捺しただけですが】1話ネタバレと視聴率!坂口健太郎の寝起きが可愛すぎ!

婚姻届に判を捺しただけですが   【婚姻届に判を捺しただけですが】1話ネタバレと視聴率!坂口健太郎の寝起きが可愛すぎ!

【婚姻届に判を捺しただけですが(ハンオシ)】1話ネタバレ・視聴率・感想!の寝起きが可愛すぎ!

【婚姻届に判を捺しただけですが】1話が10月19日に放送されました。

坂口健太郎演じる百瀬柊に早くもキュンの連続!?

明葉()は、百瀬柊からとんでもない結婚案を提示され……。

TBS火曜ドラマ【婚姻届に判を捺しただけですが】1話ネタバレ・視聴率・感想を紹介します。

見逃し配信:【婚姻届に判を捺しただけですが】(ハンオシ)とスピンオフオリジナルストーリーはパラビで視聴できます(2021年10月現在、最新情報は公式サイトをご覧ください。)


ADVERTISEMENT

【婚姻届に判を捺しただけですが】1話のネタバレ

【婚姻届に判を捺しただけですが】1話のネタバレを紹介します。

百瀬から突然のプロポーズ

大加戸明葉(清野菜名)27歳の夜。

仕事を終えて帰宅。夕飯はコンビニご飯。
部屋着は着心地重視。

一番高価なものはアイラーセンのソファ。
ビールを飲みながら至福の時。

**

森田デザイン勤務の明葉。
メンバーとファミレスでランチ。

先輩デザイナーの坂原()から
「結婚は?」なんて言われ
「結婚なんてまだいい。仕事は無茶苦茶楽しい」という明葉。

ドリンクバーを取りに行く明葉は、そこで、男がプロポーズをしている場面に出くわす。
「僕と結婚してください」という男は、女から「ふざけないで」と水をかけられていた。

その夜、取引先の舛田(岡田圭右)と会う。
この時、舛田が部下を連れてきた。ひとりは、井上(森永悠希)。
そして、もうひとりが百瀬柊(坂口健太郎)。ファミレスでプロポーズをしてた男だった。

会ったとたんに百瀬は「結婚してますか」と聞いてきた。
「結婚願望は?」とまで。

明葉は結婚願望がないといい、ただ、結婚の魅力は祖母を安心させること。
すると、百瀬は
「僕と結婚しませんか」と言い出した。

驚く明葉。というより、怒り気味。

百瀬は、ファミレスで明葉に会った事を覚えていた。

「さっき、言ったこと、本気です。あったかい家庭も、良妻賢母もいらない。必要なときパートナーとして脇に立ってくれればいい。僕たち、最高のパートナーになれると思いませんか?おばあ様を喜ばせたいあなたと運命を感じます。僕と結婚してください」

明葉は怒り、思わず百瀬に花瓶の水をかけてしまう。

百瀬が婚約者!?

明葉の怒りは収まらない。そこに、祖母の初恵(木野花)が倒れたと電話が。
明葉が病院に行くのに百瀬が送ってくれ、初恵と顔を合わせる。

初恵は心臓が弱っている。精神的にショックなことは耳に入れないように、と医者から言われる。

明葉が医者と話している間に、百瀬は初恵に「婚約者」だと告げていた。初恵は喜んでいる。百瀬は持っていた婚姻届を差し出す。明葉は初恵を安心させるために、サインをする。

その帰り、明葉は婚姻届を返してもらう。
そこに、叔父が。

叔父は、不渡りをだして初恵の店を売りにだすことになったと言ってきた。
初恵の店は、土地と建物は叔父の物。初恵の体を心配する明葉は
「お金ならどうにかする」と言う。
700万が必要になる。

明葉はお金を貯めるのが苦手。
「なんでお金を貯めておかなったのか」と後悔。
そこに、海外暮らしの母(杉本彩)から電話。父(ルー大柴)はバイクを買ったという。こんな二人はアテにはならない、と思う明葉。

仕方なく、森田社長()に前借りを申し出る。
森田は「貯金しろと言っていただろう」と説教。

唯斗との出会い

明葉は身の回りの物を売るが700万にはほど遠い。(ソファだけは売らない)
お昼を食べるお金もなく、お腹が空いている。
ベンチに寝転んでいると
「女の人がこんなところに寝てると危ないよ」
と唯斗(高杉真宙)が声を掛けてきた。

お腹がすいてフラフラの明葉を唯斗はめちゃくちゃ安いスーパーに連れて行ってくれた。

安いお米を買う明葉。
唯斗と別れてから気づく。
炊飯器を売ってしまったことに……。

そこに、百瀬が。

百瀬はご近所さんだった。
お米を百瀬に「あげる、炊飯器ないから」と渡す明葉。
お腹がすいて「もうやだ」とひざまずいてしまう。

明葉から逆プロポーズ

明葉は、百瀬から炊飯器を借りることに。
明葉の部屋を見て事情を察する百瀬。

いい案がある、という百瀬は「僕のような経済力のある男と結婚すること」だと提案。

「どうして、結婚したいんですか」訊く明葉。

百瀬は「好きな人がいる。その人とは結婚できない。ずっと好きでいたいから。周りからうるさくも言われたくもない」
と。

「要するに、結婚を不毛な恋の隠れ蓑にしたい」という明葉。
それはドンピシャのキャッチコピー。

百瀬はからのプロポーズは
「お金で戸籍を売るほど落ちぶれていない」と断る明葉。

しかし、叔父から「今週中にお金が必要」という電話が。

明葉は婚姻届に署名をし、百瀬に突き出す。

「私の人生、500万で貸します」と宣言。
戸籍にバツがついても気にしないという明葉の逆プロポーズを百瀬は受け入れた。

結婚生活

明葉は百瀬と暮らすことになる。
住む家は大きな一戸建。
百瀬の知り合いの社長の家。

百瀬は「おもち」という猫を飼っている。
部屋は広い。

明葉はかなり大雑把。
反して、百瀬はとても細かい。

・ポストのものは、とりあえずテーブルにおく。
・必要な時に必要な物がどこに置いたかわからなくなる。
・いつか使うだろうとお弁当の醤油などをためこんでしまう。

などなど。
明葉の行動をズバリと言い当てる百瀬。

家の中では他人。
お互いに気持ちよく暮らすために、共有の場はキレイに使う事。

・食器は自分のものを使う。
・共有場所に私物は置かない。

などなど。
百瀬から言い渡される。

明葉はキレイな部屋で暮らせることでかなりウキウキしている。

500万と書いてあるボードを壁につるす百瀬。
借金がなくなったら結婚は終わります、と告げ

「共同生活の掟」を提示。

・家賃、光熱費など諸費用は百瀬が負担。
・お互いの生活に干渉はしない。
・決して相手の事は好きにならない。

好きになんてなるわけない、と思う明葉。
婚姻届に印鑑を捺すことになるが、印鑑が見つからず。

あまりにも細かい百瀬と「やっていけるのかな」と不安になる明葉。
なんとか500万を返済しなければと、計算する。

明葉のストレス

朝、百瀬のアラーム音がうるさい。
しかし、部屋に入ることはタブー。
気にしないと思うが、あまりのうるささにドアを開ける。
百瀬は極度に朝が弱い。目覚まし時計がけたたましく鳴る中、平気で寝ている。
明葉は、すっかり寝不足に。

そんなある夜。

家に百瀬の兄=旭(前田萌哉)と両親(小倉久寛、)がやってきた。
百瀬の家は「モモズ弁当」をやっていて、お弁当を持ってきた。
もとは両親がやっていて8年前に兄の旭が継いだのだ。

旭と百瀬は全く似ていない。
明葉はカンエイドウの豆大福が百瀬の好物だと知る。

**

意思と反した仕事の依頼でイラつく明葉。
森田社長から「少しは我慢しろよ」に言われる。

どこまで我慢するんだ、とイライラする中、百瀬が好きな大福を見つけ買って帰る。

百瀬の金粉のお皿に大福をのせレンジに入れてしまった明葉。
お皿は焦げてしまう。

百瀬は
「最低限、迷惑はかけない生活を」
と言われ明葉は反撃にでる。

迷惑をかけなというなら、目覚ましをどうにかして、と訴える。

**

翌日。
明葉は、(昨日断った)仕事をひとりでうける、と社長に申し出る。

昨日の喧嘩が発端で明葉は家出。
会社に寝泊まりする。だから仕事を受けたのだ。

**

森田と飲みに行く。
森田からご祝儀を貰い、受け取ることができない明葉。

「結婚とか無理。親は自由人で家にはいなかったし。おばあちゃんは夜はいなくて、だから、人と暮らすことが難しい」
と明葉は森田に心情を語る。

夫婦は他人。ストレスたまることばかり。
「でも、好きだから結婚した。喧嘩しても愛があるなら」

と森田。

百瀬から「夫婦になっていきましょう」

会社に戻ると百瀬がいた。

百瀬は「これから朝起こしてほしい」と言う。
そうすれば、時計を鳴らさなくていいからだ。

「これから、なんでも言ってください。本物の夫婦ではない、だからこそ、言いたいことは言って、夫婦になっていきましょう」

明葉の手に電池を握らせる百瀬。
「もう、あの電池は鳴りません」

偽装夫婦なりにもう少し頑張ってみようかな、と思う明葉。

家に戻り、明葉は、婚姻届に判を捺す。そして、今月分のお金を返済。
ボードの500万が487万になる。

百瀬が大福をさしだす。
「改めまして、今日からお願いします」
ふたりで大福を食べる。

**

ふたりで婚姻届を提出。

朝、明葉が百瀬を起こす。
百瀬の朝の姿はいつもと全然違う。
明葉が起こすと「ありがとう」とお礼をいう。

**

百瀬は美晴()と電話。
美晴は百瀬の結婚を喜んでいた……。

**

他人と暮らすのはめんどくさいけど、悪いことばっかじゃないかも。
そんな風に思う明葉は、百瀬が偽装結婚までする相手がとても気になるのだった。

<続く>

【婚姻届に判を捺しただけですが】1話の視聴率

【婚姻届に判を捺しただけですが】1話の視聴率は、9.4%でした。(関西地区、ビデオリサーチ調べ)

【婚姻届に判を捺しただけですが】1話の感想

・ハンオシが話題。坂口健太郎の寝起姿が「カワイイ」の声がTwitterに!

【婚姻届に判を捺しただけですが】1話の感想を紹介します。

寝起きの悪い坂口健太郎可愛かったです メガネかけた坂口健太郎かっこよかった好き (時差)

朝起きてくるのが坂口健太郎じゃなかったら絶対起こしたくないなというレベルの横柄さなんだけど、坂口健太郎なので許してしまう。#ハンオシ

大加戸さんのガチャガチャの置き方可愛かったなぁ。私もやりたい。あと、あいみょんの主題歌このドラマにぴったりすぎる。裸の心といい、ハートといい、あいみょん×TBS火10の相性良すぎる。#ハンオシ

清野菜名×坂口健太郎×あいみょんの組合せはみててとっても目の保養なんだけど、あんなに独身最高!って言ってた数日後には結婚してて、会社の人の反応がとても気になる#ハンオシ

 

ひょっこり通りすがった高杉真宙に恋しかけたのは私だけ?#ハンオ #婚姻届に判を捺しただけですが

【婚姻届に判を捺しただけですが】1話のまとめ

【婚姻届に判を捺しただけですが】(ハンオシ)1話は、明葉と百瀬が結婚生活をスタート。
偽装結婚でありながらも、ちょっぴりでも心通わせたような。
百瀬が電池を手に握らせる場面もなかなか。ちゃんと明葉を迎えに会社に来てる、冷たいようでいて優しい男です。

坂口健太郎さん演じる百瀬の寝ぼけた姿とメガネをかけてバリバリの普段の時と、そのギャップが魅力的。
ぶっ飛びの展開のストーリー。ポンポンと話が進みアッという間の1時間でした。

次回予告

・明葉がお弁当屋のお手伝いに!
・義兄嫁の美晴と明葉は意気投合!?
・明葉の失敗でおもわぬことに!!

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【婚姻届に判を捺しただけですが】公式サイト

コメント