【夫婦円満レシピ】8話のネタバレと感想!ちはるが智也にNG行為(肉体関係)!?

夫婦円満レシピ

【夫婦円満レシピ】8話のネタバレと感想!ちはるが智也にNG行為(肉体関係)!?

【夫婦円満レシピ~交換しない?一晩だけ~】8話が11月23日深夜に放送されました。

8話は、安藤ちはる(柳ゆり菜)の事情!

ちはるはSNSで知り合った智也(松本怜生)のことが忘れられず……。

浩介()から智也のことを知らされた志保()がとった行動は?

テレビ東京ドラマParavi【夫婦円満レシピ】8話のネタバレと感想を紹介します。

【夫婦円満レシピ】8話のネタバレ

【夫婦円満レシピ】8話のネタバレを紹介します。

佐保がちはるに智也のことを告げる

ちはる(柳ゆり菜)はSNSで知り合った柏木智也(松本怜生)のエステを受けてから、智也に夢中に。

浩介()からちはるが智也といたと聞き、智也のことを調べていた佐保(佐津川愛実)は、千春を心配する。

智也が夫婦交換サークルの「ナイトアクアリウム」で雇われていると伝え、もう会わないようにとアドバイス。

ちはるは「もう会わない」と言うのだが……。

智也に肉体関係を迫るちはる

ちはるは密かに祐樹の浮気の証拠を集めている。

夫の祐樹(和田雅成)の浮気はエスカレート。浮気に気づいていないと思っている祐樹は、浮気相手も一緒に写っている写真を息子の圭太(阿久津将真)にまで見せている。イラつくちはる。

智也のことが頭から離れないちはるは、智也のエステを再び頼んでしまう。

今回は、自宅のマンションに智也が来るコース。

基本的にマンションに行くのは限られた人だけだという。以前、監禁されたことがあったのだ。終了時間に智也から仲介人に連絡が行くことになっていて、連絡がない仲介人が助けに来たと言う。

ちはるは、特別。だから、マンションに来たという智也。

智也の中性的美しさは女性だけではなく男性もひきつける。

男性からも無理矢理に迫られたことも。智也はお金を貰うことで自分を救った。お金を貰うようになると、無理矢理に迫られることはなくなっていったから。

しかし、高校時代に補導され、それが原因で両親は離婚。

ちはるは、智也を助けたいと思う。

智也のエステで感じるちはるは、智也に肉体関係を迫る。

しかし、エステはあくまでもマッサージだけ。肉体関係は禁止なのだ。

**

ちはるは、無理矢理に迫ったことで智也に嫌われたかと思う。1週間後、思い切って智也のエステを予約しようとしたら「違反行為」で予約禁止に。

ちはるは佐保に「どうしても智也に会いたい」と伝える。そして、エステの仲介人がナイトアクアリウムの運営者=祥子()だと思い、ナイトアクアリウムを紹介してもらう。

ちはるがナイトアクアリウムに!

祥子はちはるを一旦は拒否をする。

ナイトアクアリウムは「本気にならない恋をする場所」。ちはるは智也に本気でストーカーになりそうだからだ。

ちはるは智也を救いたいと熱弁するが、祥子は「保護者にでもなったつもりか」と言い放つ。

智也は、あまりにも多くの相手をしてきて、好きな人とはできない状態になっていた。学費が必要な智也を窪塚夫妻が助けたのだ。

智也は孤独をうめてくれた、というちはる。

「夫に愛されないから智也に抱かれたいだけ」という祥子。

それでも食い下がるちはるに祥子は、本当の智也を知りたいのなら、2日後にナイトアクアリウムに来るように言う。

条件は、ナイトアクアリウムのパーティーの参加者になること。智也以外の男に抱かれること。

ちはるは約束をする。

こうして、ちはるは単独者としてナイトアクアリウムに参加。

家では、祐樹が圭太と過ごしている。ちはるは同窓会と言ってある。
しかし、祐樹は、ちはるを疑う……。

<続く>

【夫婦円満レシピ】8話の感想

8話は、浩介()の出演が少なくて「千ちゃんがいない」などの声がTwitterに。

【夫婦円満レシピ】8話の感想を紹介します。

【夫婦円満レシピ】8話のまとめ

【夫婦円満レシピ】8話は、7話に続きちはるの物語。智也に夢中になるちはるがナイトアクアリウムに参加するまでを描いています。結婚はしたものの、恋愛に夢中になったことがないちはる。祥子はかなり警戒をしていましたが、条件付きでちはるを招待。夫の祐樹がもっと真剣にちはるを思っていたらこんなことにはならなかったのでは。智也を救いたいと思うちはるですが、救われたのはちはるの方。智也と出会わなかったら、夫の浮気をずっと我慢して生きていたのかもしれません。智也との出会いは運命なのか、神様のいたずらなのか…。次回も楽しみですね。

次回予告
・ちはるがナイトアクアリウムで他の男に抱かれる!
・ちはると祐樹の夫婦関係は?
次回もお見逃しなく♪♪

記事内画像:【夫婦円満レシピ】公式サイト

コメント