【ドクターストーン龍水】のネタバレを徹底解説!人気キャラがついに登場!

ドクターストーン龍水 横長

【ドクターストーン龍水】のネタバレを徹底解説!人気キャラがついに登場!

2022年7月スペシャルアニメ【Dr.STONE龍水】(以下、【ドクターストーン龍水】)が放送。

待望の続編、目指すのは地球の裏側。「STONE WORLD」の舞台は海へ、空へと広がっていきます。

そして、人気キャラ・龍水がついに登場。彼の魅力とは?

今回の記事では【ドクターストーン龍水】のネタバレをお届け。

【ドクターストーン龍水】配信情報

【ドクターストーン龍水】は放送後にAbemaTVで配信されると思われます。

さらにAbemaTVでは第1期、第2期【STONE WARS】も配信中。


ADVERTISEMENT

【ドクターストーン龍水】の放送日はいつ?原作は何巻?

放送日

【ドクターストーン龍水】は2022年7月にスペシャルとして放送予定。

放送日時と時間は6月12日(日)20:30から「TOHO animation チャンネル」で生配信される特番で発表されると思われます。

追記

【ドクターストーン龍水】は2022年7月10日(日)、TOKYO MX、BS11で放送・配信開始です。

原作

アニメ【ドクターストーン龍水】で描かれるのは龍水の復活から船の完成まで、と予想。

原作84話『Z=84 人=力(ヒトはちから)』から99話『Z=99 科学王国写真日記』がアニメ化されると思われます。

コミックス10巻から12巻に収録です。

追記

60分スペシャルなので原作99話までアニメ化されない可能性が高そうです。先行カットから予想すると気球の作成ぐらいまででしょうか?

原作【ドクターストーン】は【DMM.com 電子書籍】で購入できます。

DMM

【ドクターストーン龍水】龍水のキャラクター

ドクターストーン 龍水1
ドクターストーン 龍水2
七海龍水(CV:鈴木崚汰)

【ドクターストーン龍水】では新キャラ・七海龍水が登場。

人気投票第2回:2位、第3回:3位を取った人気キャラです

大財閥の御曹司である龍水は自信家で高圧的。何よりも自分の欲望を重視する人物。始めは嫌な印象でした。

しかし、その自信は自分の努力で裏付けされたもの。航海術、決断力、カリスマ性、何よりも好奇心を持っています。

きっと目標に向かって突き進む龍水が好きになるでしょう。

【ドクターストーン龍水】あらすじと目的

千空率いる科学王国は司帝国に勝利し、「STONE WARS」は終決した。

重症を負った司を救うべく、千空は彼をコールドスリープ。石化の復元能力に全てを賭ける。

その為には3700年前に石化装置が落ちてきた場所・地球の裏側へ行く必要がある。

「STONE WORLD」大航海時代の幕開けだ!!

  • 船と船長
  • 食料とシェフ
  • 燃料となる石油

を求め、科学王国は新たなクラフトを開始する。

【ドクターストーン龍水】ネタバレ 船造り

船造りに取り掛かる科学王国。司帝国も合流し、マンパワーは十分にある。

ゲンは船のコンペを行うことを提案。得票数が最も多かった人物の船を造ることになった。

陽、マグマ、千空が参加。結果は、千空の圧勝。ゲンは最初から結果は分かっていたが、皆が自分で選び、納得することが重要だった。

船と共に必要なのが航海の進路を執る船長。大海原で全員の命を預かる最も重要な人物だ。

千空は元記者の南に相談。南は心当たりのある人物が1人いたが躊躇する。その人物の名は七海龍水、石化前の世界では海運会社「七海財閥」の御曹司

龍水は船の知識はあるが傲慢で性格に難あり。南が慕っていた司が最も嫌いなタイプだ。

千空は迷うこと無く、復活液を七海の石像にかける。性格よりも知識や技術が重要だからだ。

復活した七海は船長を務めることは承諾。交換条件として「船の燃料に必要な石油の権利をよこせ」と要求する。更に新しい通貨「ドラゴ」を作成。

千空たちは石油を買うため科学でモノを作り、売る。貨幣経済の仕組みが完成した。

【ドクターストーン龍水】ネタバレ 空から見た新しい新世界

石油を探しに出発する千空たち。だが、3700年の間に富士山が噴火、日本の地形は大きく変化していた。

まずは新しい世界の地図が必要。そこで気球を作り、空から地形を見渡すことにする

手芸が得意な杠に頼んで気球に必要な麻布を作成。ついでにファッションショーも開催。龍水に服を売りつけて、「ドラゴ」も大量に手に入れる。

職人・カセキの力を借りて気球が完成。千空、龍水、クロムの3人が乗り込む。初めて空から見る新しい世界は美しかった。

【ドクターストーン龍水】ネタバレ 小麦畑とパンと一流のシェフ

次に必要なのは長い航海に耐えられる食料。ただ、腹を膨らませるための保存食ではなく、美味しい食事が必須条件

千空たちは空から小麦畑を発見。土地を開墾し、育てることにする。

農業王の座を巡ってまたもや陽、マグマのバトルが勃発。だが、2人が開墾した土地では小麦は育たなかった。

一方、大樹の土地では一面に小麦が。大樹は最初に千空と過ごした時に聞かされていた石灰の肥料を覚えていた。

体力があり、実直な大樹に農業はピッタリ。農業王となった。

龍水は自分の執事、兼シェフ・フランソワを復活させる。彼(彼女?)と龍水の持論は「欲しい=正義」。欲しがる気持ちが活力を生み、成功を掴むのだ。

フランソワはヤギのミルクとバターをたっぷり使ったパン・シュトーレンを振る舞う。3700年ぶりの美味しい食事に一同は大満足だ。

【ドクターストーン龍水】ネタバレ 石油を手に入れろ

復活液を提供した南に千空はカメラを作り、プレゼントする。記者として活躍していた誇りを思い出す南。

これで新しい世界の記録と探索も大きく捗るだろう。

頑張る科学王国の面々の為にフランソワはイノシシを使った料理を準備。そのイノシシが向かった先でついに石油を手に入れる。

石油から燃焼を作成。実験用のモーターボートも作成し、初めて大海原に出る。

更に千空は電波を使用した位置情報システム・GPSも作成していた。だが、電源を入れた途端、予期せぬ事態が発生した。

【ドクターストーン龍水】ネタバレ 黒幕とのファーストコンタクト

WHY WHY WHY WHY

と不気味な通信が続く。日本にいるのは千空たちだけ、他の人間がコンタクトを取るのはありえない。

この「WHYマン」は3700年前に人類を石化させた黒幕なのだろうか?

千空は「WHYマン」を見つけるための科学の目・レーダーとブラウン管を作成する。だが、位置を特定することは出来なかった。

その後、千空たちは道路、鉄鉱石を発掘する鉱山も整備する。これで船造りに必要なものは全て整った。

だが、その後の作業は難航する。自然に生えた木では木材の質が悪すぎて寸法が狂ってしまうからだ。

「WHYマン」との戦いを考えると一から植林している時間はない。千空は大型船を諦め、いくつかの小型船を造ることにする。向かえる人数は減るが仕方ない。

だが、全てを欲しがる男・龍水は決して諦めない。自分が無償で精巧な模型を造り、技術を提供すると提案。それを元にすれば、精度の高い大型船を作れるはずだ。

そして、1年の歳月をかけ、船が完成した。

船の名前は「ペルセウス号」。ギリシャ神話で石化させる怪物「メデューサ」を打ち破った英雄の名だ

【ドクターストーン龍水】の次はどうなる?

「ペルセウス号」を完成させた千空たちはいざ大海原へ。目指すは3700年前に父・白夜が降り立った島。そこに彼が残した宝・コックピットが残っているはずだ。

だが、その「宝島」で大事件が勃発。新たな戦いの火蓋が切られようとしていた。

画像引用:アニメ『Dr.STONE』公式Twitter

アニメ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント