【夫婦が壊れるとき】3話の感想!陽子と昂太を繋ぐのは凪とお金!愛はない?

当サイトのリンクには広告が含まれます
夫婦が壊れるとき

【夫婦が壊れるとき】3話の感想!陽子と昂太を繋ぐのは凪とお金!愛はない?

【夫婦が壊れるとき】3話が2023年4月21日深夜に放送されました。

陽子()は、浮気をした昂太()に殺意を抱き……。
不倫の復讐を描くジェットコースターストーリーの第3話!

日本テレビ金曜DEEP【夫婦が壊れるとき】3話を紹介します。

あわせて読みたい
【夫婦が壊れるとき】原作ネタバレ!女医フォスター全話と感想!復讐の結末は? 【夫婦が壊れるとき】原作ネタバレ!女医フォスター全話と感想!復讐の結末は? 稲森いずみ主演のドラマ【夫婦が壊れるとき】の原作は、イギリスのドラマ『女医フォスタ...

見逃し配信:【夫婦が壊れるとき】全エピソードはで配信!(2023年4月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

目次

【夫婦が壊れるとき】3話

【夫婦が壊れるとき】3話を紹介!

昂太の浮気相手が理央(優希美青)で、さらには、基樹(内田朝陽)と朋美(安藤聖)も、昂太の部下の彩(黒澤はるか)も、親友で同僚の佳奈子(内田慈)もそれを知っていて隠していたと知った陽子は、その裏切りに震えあがる。ハサミを手にして、昂太の元に向かう。

【3話ストーリー】

ハサミを隠し持ち昂太の元に向かった陽子(稲森いずみ)は、ハサミを昂太の胸に突き刺そうかと考えていた。

その時、子供たちのおもちゃのピストルの音で我に返る。
ハサミをコートのポケットにしまう。

昂太は映画製作をすると挨拶。
凪と陽子へ「ありがとう、愛してる」とみんなの前で告げる。
「陽子からも」と基樹(内田朝陽)と朋美(安藤聖)らに言われ、陽子は昂太にキスをする。
それはわざと。理央(優希美青)に見せつけるためだ。

陽子は先に帰宅。
パーティー会場では、凪たちが昂太の誕生日を祝っていた。

パーティーが終わる。
昂太は陽子に嫉妬する理央に「本当に愛してる」と言い理央に熱いキス。
理央から離婚してと迫られる。

凪が帰宅する。
凪は疲れたとぐったりしていた。

心配した佳奈子(内田慈)が送ってきてくれた。
陽子は「親友だと思ってたのに」と、昂太の不倫を隠していたことを責める。

佳奈子はすべてを陽子に話す。
1か月前。
昂太が理央といるのを偶然みかけ、問いつめたら白状した。加奈子は別れるように言ったが、自分で言うと言い張ったという。関係は3か月前からだという。

「慰めながら影で笑ってたでしょう」
陽子はいら立つ。

佳奈子は陽子の味方だと言い「許して」と。

そこで陽子は、昂太には自分で話す。だから、今までのどおりにしていてと告げる。

昂太が酔って帰宅する。
昂太に何も言えず、陽子は涙する。

翌朝。

この日、凪と昂太はキャンプの約束をしていた。
昂太にハグをされるも陽子はいつものように笑えない。

昂太に部下の彩(黒澤はるか)から電話。
今回の企画でスポンサーが降りるいう連絡だった。
理央からのメッセージが入るが返信せずに消す。

病院に理央がやってきた。陽子に診察を依頼する。

診察だといい「性交渉は?」と問う陽子。
理央は
「週に数回。彼、結婚してるんです。彼は仮面夫婦だって言ってます。結婚て面倒ですよね」
と平然として答える。

【夫婦が壊れるとき】3話の感想

「真相が気になる」「次回も楽しみ」などの声がTwitterに!

【夫婦が壊れるとき】3話の感想を紹介します。

3話も引き込まれるストーリーでした。陽子が離婚を口に出さないのは、凪のことを考えているから。理央がいうには、昂太が離婚をしないのは、子供とお金のため。それが昂太の本音だとしたら、陽子は本当にやりきれない。
理央が堂々と陽子に診察を依頼したのは、わざとでしょうね。自分の存在を知らしめたかったのでは。怖い女性だけど、それだけ本気ってこと。凪の様子がおかしかったのが気になります。翌日は元気でしたが…。今後、凪にも変化があるかもしれません。

次回は、理央の妊娠が発覚します!お楽しみに♪♪

記事内画像:【夫婦が壊れるとき】公式サイト

夫婦が壊れるとき

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次