スポンサーリンク

【大地の子】のキャスト・登場人物・相関図!上川隆也主演の感動大作を再放送!

大地の子/上川隆也主演
Amazon.co.jp

【大地の子】のキャスト・登場人物・相関図!上川隆也主演の感動大作を再放送!

山崎豊子の大河小説を原作に、上川隆也主演で制作された不朽の名作ドラマ【大地の子】のキャストと登場人物を紹介します。

【おもな登場人物とキャスト】
松本勝男(陸一心)/上川隆也(少年期:
陸徳志/朱旭
松本耕次/仲代達矢
松本タキエ/田中好子
松本耕平/牟田悌三
大沢咲子/飯塚雅弓・十勝花子
松本あつ子(張玉花)/永井真理子

工場長/
狭間信一/渡辺文雄
斎木吾郎/児玉清
稲村嘉三/西村晃
柿田潔/宇津井健


ADVERTISEMENT

【大地の子】の原作は山崎豊子の小説

Amazon.co.jp

NHKドラマスペシャル【大地の子】の原作は、作家・山崎豊子が、8年の歳月をかけた超大作です。

文化大革命下の中国を舞台に、日本人残留孤児で、中国人教師の養子となり成長した青年が歩む苦難の人生を描く大河小説。

1987年5月号から1991年4月号まで『月刊 文藝春秋』に連載されたこの作品、現在も文春文庫全4巻で販売されています。

【大地の子】のキャスト

上川隆也(役:松本勝男/陸一心)

敗戦の混乱の中、旧満州で母を失い、妹と離れ離れになってしまった松本勝男(/)は、心やさしい中国人の小学校教師・陸徳志(朱旭)とその妻・淑琴の養子になり、陸一心として生きる。日本人として多くの差別を受けながらも養父母の慈愛に包まれて成長する。青年期に日中共同開発プロジェクトの鉄鋼プラント建設で実父・松本耕次(仲代達矢)と再会する。

笠原秀幸(役:松本勝男/陸一心の少年期)

旧満州で満蒙開拓団に属した松本家は、ソ連国境近く(現在の黒竜江省)の開拓地で平穏に暮らしていたが、1945年8月9日のソ連対日参戦により避難を余儀なくされる。苛酷な避難行やソ連軍の虐殺で母や祖父ら家族を失う。一緒に生き延びた妹・あつ子とも離れ離れになってしまう。売られた中国人農家での酷使と虐待に耐えきれず、妹を探しに逃亡する。再び身売りされそうになったとき、中国人の小学校教師・陸徳志(朱旭)に救われる。

朱旭(チュウ・シュイ)(役:陸徳志)

陸徳志…中国人の小学校教師で慈悲深い人物。長春で身売りされそうになっていた勝男(笠原秀幸/上川隆也)を助ける。勝男が難病にかかると高額な薬が買えないため、誰か日本人に助けてもらえることを願いながら廃墟と化した日本人村に置いていこうとするが、どうしても捨てることはできずに自分の子として育てることにする。

呂中(リュイ・チョン)(役:王淑琴)

王淑琴…陸徳志の妻。徳志同様、慈愛に満ちた女性で、勝男/一心(上川隆也/笠原秀幸)を我が子のように愛する。

仲代達矢(役:松本耕次)

松本勝男(上川隆也)の実父。勝男たちが満州を追われたときは陸軍に召集されており、家族はみな死亡したと伝え聞いていた。後に日本の東洋製鉄の上海事務所長として上海に渡り、親子とは知らずに勝男/一心と再会する。

田中好子(役:松本タキエ)

勝男の母。苛酷な避難行のうち、末娘と父を亡くす。自身も避難の途中で死んでしまう。

牟田悌三(役:松本耕平)

勝男の祖父。苛酷な避難行のうちに亡くなる。

飯塚雅弓(役:大沢咲子)

大沢咲子…勝男の友人。大沢のおねえちゃんと呼ばれていた。ソ連軍の虐殺で両親と弟を失う。勝男とあつ子とともに生き延びるが、中国人の男に「嫁にする」と連れて行かれてしまう。

永井真理子(役:松本あつ子/張玉花)

松本あつ子…勝男/一心(上川隆也)の生き別れの妹。張玉花として生きてきたが、36年ぶりに兄・勝男と再会できたときには、脊椎カリエスに冒されていた。

蒋雯麗(チァン・ウェンリー)/(役:江月梅)

江月梅…中国人看護師。のちに一心(上川隆也)の妻になる。

【大地の子】の相関図

【大地の子】の相関図はただいま製作中です。

【大地の子】の再放送予定

【大地の子】は、BSプレミアムで下記日程にて再放送!

2021年7月19日(月)〜8月23日(月)
毎週月曜日 午後9時〜
初回のみ89分、第2回以降は2話ずつ放送。
全11回 (89分・59分×10回)

コメント

タイトルとURLをコピーしました