【ダ・カーポしませんか?】1話のネタバレと考察|太一(伊野尾慧)はグル?

ダ・カーポしませんか?/太一/伊野尾慧

【ダ・カーポしませんか?】1話のネタバレと考察|太一(伊野尾慧)はグル?
借金返済、人生をやり直すためにために命をかけるデスゲーム。第1ラウンドはシャンパンルーレット!
毒入りシャンパンを引いたのはあの人!プレイヤーが借金をした理由も明かされる!

【ダ・カーポしませんか?】のネタバレあらすじを最終回まで!最後まで生き残るのは誰?
秋元康企画・脚本による新考察ドラマ【ダ・カーポしませんか?】のネタバレ・あらすじ・ゲームの結果を毎話まとめていきます。借金で自殺寸前の多重債務者8人が生き残りをかけたデスゲーム。最後まで生き残るのは誰か!?
【ダ・カーポしませんか?】のキャストと相関図!脱落する順番は?
【ダ・カーポしませんか?】のキャストと相関図!脱落する順番は?2023年1月期に秋元康が仕掛ける考察ドラマがスタート。人生大逆転か、人生から脱落か。デスゲームの真相と結末は?最後まで生き残るのは誰だ!?

【ダ・カーポしませんか?】のあらすじ

職業や年齢はバラバラだが、多額の借金を抱え、今まさに自殺をしようとしている8人の前に、謎の男・二宮辰之助(武田鉄矢)が現れて自殺を止めていく。

・ビルの屋上から飛び降りようとする大田原善弥(マキタスポーツ)
・踏切に飛び込もうとする三橋愛菜(小林涼子)
・精神安定剤のオーバードーズで死のうとした櫻木駒希(長谷川百々花)
・オフィスで首吊り自殺を図る真澄太一(伊野尾慧/Hey! Say! JUMP)
・車内で練炭自殺を図る前山恵理子(平田敦子)
・教壇で焼身自殺を図る四門英治(迫田孝也)
・拳銃で頭を撃とうとしたが暴発し、左手を負傷する稲葉忠康(杉本哲太)
・バスルームでリストカットしようとする南雲洋子(観月ありさ)

1人1億円の生命保険を山分け

後日、休業中のホテルに集められた8人は、二宮から国内外に不動産を多く所有し、金融関係でも謎の会長“ミスターX”がこの集いを開催し、ミスターXは「もう一度生きるチャンスを差しあげたい」と言っていると聞く。二宮はとても照れ屋な会長の代行者。

いったい何なんだ!?と参加者たちが迫ると、二宮は態度を豹変させる。地獄へ帰りたい者は帰れ。人生の敗者復活戦に臨みたければ、用意された生命保険の契約書にサインしろと言い放つ。保険金は1人1億円。1人死ぬごとに、ミスターXと生存者に1億円が分配される。1人1285万円だ。

命がけのデスゲームで生死を決めるのはなんと“くじ引き”!そんな不平等で運任せな方法に、集められた8人は戸惑うが、「一度死んだも同然」「もう失うものなんてない」と、結局全員が契約書にサインしてしまう。契約書、携帯やスマホを預かった二宮は、次は大広間で集合と指示を出す。

それぞれの借金の理由

お守りを持ち「おばあちゃん…」と震える真澄太一の部屋に誰かがやってくる。それは四門だった。二宮の態度にむかついているようだ。

真澄太一 先輩の借金を肩代わり。ベロベロに酔った状態で連帯保証人の契約書にサインされられた。
四門英治 外国人の恋人・ジャスミンに家族が病気だと騙されて金をつぎ込んだ。
三橋愛菜 不倫の慰謝料の代わりに、高額な“だるま様”を買わされた。
櫻木駒希 親の借金を背負わされた。
前田恵理子 パチンコですった。
稲葉忠康 裏稼業で使い込み。後輩の哲司を見殺しにした。
南雲洋子 その筋の男・宇田川に金を借りようとすると、「お前への投資だ」と言われて喜ぶが、それはカラダと引き換えだったため断った。生きてるだけで金がかかるのが借金の理由?
大田原善弥 タクシーの運転手に暴行し、傷害で逮捕。医師免許を剥奪されクリニックは破綻。社会的な制裁を受けてもなお、民事の裁判が続いている。

大田原は、自分が最後まで生き残り保険金を総取りしたら山分けするから協力してほしいと二宮に頼む。しかしデスゲームの方法は“クジ”で、毎回やり方が違うから協力はできない、やり方が気に入らないなら出て行けと言う。

【ダ・カーポしませんか?】1話のネタバレ

第1ラウンドは、シャンパンパーティ。シャンパンが入ったグラスの1つにサキトキシンという猛毒が入っている。毒は無色で無味無臭。それぞれグラスを取っていく。

乾杯しようとすると、稲葉が櫻木のグラスと交換したいと言い出す。希望者がグラスを交換する。
・稲葉と櫻木が交換
・四門と大田原が交換

意味深な眼差しで見守る二宮。一気に飲み干す一同。薬が効くまでディナーを楽しんでと言われて出てきたのはカップ麺だ。すべての世話を1人でやれと言われているため、これしか出せないという。水とカップ麺は安全。

太一が、死んだ人の遺体はどうするのかと問う。司法解剖すれば毒殺だとわかってしまうからだ。二宮はそれに対し、失踪届けを出して7年間待つという。失踪して7年経てば死亡届が出せて、保険金がもらえる。ミスターXがその保険金を立て替えてくれるというのだ。

だから生き残れれば現金を持ち帰れるという二宮に、「海外送金のほうが…」と言おうとするが、うまく言えない。毒が効いてきて四門は絶命した。

1人の人間が死んだというのに、残りの7人は生き残ったことに狂喜乱舞した。

【ダ・カーポしませんか?】1話の考察とレビュー

ついに始まったデスゲーム。交換したのに限って…という人もいたのに、なぜ変えたのか。人の運に頼ろうとしたのが仇になったのか…。最後までジャスミンに騙されていたことに気づかない四門が哀れでしたね。

伊野尾慧演じる太一に生き残ってほしい!というファンの願いとともに、いろいろ質問してゲームの進行を助けているような太一はグルではないか?という説もSNSに浮上しました。

でも、自分からグラスを変えてほしいと言い出して死んだ四門も怪しいかもしれません。遺体は隠して失踪扱い、警察に調べさせないというのにもカラクリがありそうな…。

第2話は拳銃自殺!? 自分で引き金を引いて死ぬのは怖すぎますね。次の犠牲者はいったい誰なのか…!?

コメント