【紅さすライフ】ネタバレ・あらすじを最終回まで!大西流星×井桁弘恵・起業と恋の行方は?

※当サイトのリンクには広告が含まれます

【紅さすライフ】ネタバレ・あらすじを最終回まで!

7月24日(月)24:59~放送開始の『紅さすライフ』は、ワケありメイク男子×雑草魂すっぴん女子の凸凹男女バディによる、コスメ業界を舞台にした 新時代の起業青春ラブコメです。

 原作なし の完全オリジナルストーリーのため、先が気になるという人も多いのではないでしょうか!?

ここでは、『紅さすライフ』1話〜最終回まで、各話放送後にネタバレありの徹底解説をしていくとともに

大西流星×井桁弘恵×新時代の起業青春ラブコメは最終的にどうなるのか…!

今後の展開を予想して楽しみたいと思います♪

『紅さすライフ』は、放送終了後1週間 日テレ無料(TADA) TVerで無料配信されます!
さらに、Huluでは1週間が経過した後も全話まとめて視聴可能です!
日テレ無料(TADA)紅さすライフ #1 “100万円”のメイク男子(7月24日) | 日テレ無料 (ntv.co.jp)
TVer紅さすライフ | TVer
Hulu紅さすライフ が見放題! | Hulu(フールー) 【お試し無料】

それでは、以下ネタバレを含むのでご注意ください!

【紅さすライフ】1話:“100万円”のメイク男子 (7.24放送)

【紅さすライフ】1話 あらすじ

北條雅人(大西流星)は、東京理工大学に通う大学4年生で、美意識がとても高く、毎日のメイクやスキンケアを怠らない “メイク男子”。

一方、同じく東京理工大学の研究室でポストドクター(任期付きの研究員)として働く29歳の 皆本頼子(井桁弘恵)は、毎月の家賃も払えないほどお金に困っており、安月給でまともな福利厚生もないポストドクターから抜け出して助教になるべく研究だけに情熱を注ぐ、メイクなんて全く興味がない“すっぴん女子”なのであった。

1話では主に、THE 男社会の研究室で奮闘するも、どんどん崖っぷちになる頼子の目線で話が展開していくが、その中で“謎の100万円”をきっかけとして、本来なら出会うこともない“正反対の2人”が、運命の出会いを果たすシーンや、謎に包まれた雅人のワケありを匂わせる描写など、今後の展開が気になるストーリーとなっています。

【紅さすライフ】1話 ネタバレ徹底解説

【紅さすライフ】1話*美しすぎる大西流星と崖っぷちヒロイン井桁弘恵の奮闘劇がアツい!
2023年夏のシンドラ、なにわ男子の大西流星主演【紅さすライフ】がついに放送開始!この記事では7月24日24:59~放送された第1話「“100万円”のメイク男子」についてネタバレありで詳しく紹介しています。

【紅さすライフ】2話:メイクは武装(7.31放送)

【紅さすライフ】2話 あらすじ

頼子(井桁弘恵)は、雅人(大西流星)と『ペガサス化粧品』の社長 北條駿夫(コウメ太夫)が親子で、2人がうまくいっていないことを目の当たりにする。

そして、雅人の兄 一馬(松島聡)から 雅人は駿夫と浮気相手との間にできた子供で、一馬とは異母兄弟であることと、寄付しようとしていた100万円はおそらく駿夫からの仕送りで、雅人は駿夫に頼りたくないから寄付しようとしたのだろうという話を聞かされる。

翌日、ハラスメントが許せなくて辞めた研修室のパーティーに出席しなければなさない頼子に対して、雅人は(メイクの)実験台になってくれないかと言う。

そこで頼子は、雅人がメイクをする理由とメンズコスメのブランドで起業したいという夢を知る

雅人のメイクで武装してパーティーに挑んだが、さんざん意見をぶつけたはずの教授が何も理解していないことを知り憤る。

そしてその翌日、大学で開催された「化粧品業界学内企業説明会」に参加していると、駿夫が他の学生の前で雅人に公開説教をしている場に立ち会う。

あまりにも決めつけが過ぎる駿夫の発言が許せずブチギレた挙句、雅人の了承も得ず「雅人と一緒にメンズコスメで起業するビジネスパートナー」だと名乗ってしまう。

(2話はここまで)

【紅さすライフ】2話 ネタバレ徹底解説

【紅さすライフ】2話*国宝級イケメンにメイクされる緊張感!「目、閉じて」に悶絶必至!
2023年夏のシンドラ、なにわ男子の大西流星主演【紅さすライフ】2話が放送!この記事では7月31日24:59~放送された第2話「メイクは武装」についてネタバレありで詳しく紹介しています。

【紅さすライフ】3話:

【紅さすライフ】3話 予告

【紅さすライフ】3話 公式 予告内容

父親である北條ほうじょう駿夫はやお(コウメ太夫)から、公衆の面前で侮辱された北條ほうじょう雅人まさと(大西流星)。その場に居合わせた皆本みなもと頼子よりこ(井桁弘恵)から「雅人と一緒に起業して、ペガサス化粧品に勝つ」と一方的に宣言されたことで、「人の夢にただ乗りするな」と怒りをぶつける。雅人の起業への想いを知った兄・北條ほうじょう一馬かずま(松島聡)は、コスメ開発についてアドバイス。一馬の後押しを受け、起業に向けて動き出した雅人だったが、思わぬ壁にぶち当たり…。一方、足立あだち小夏こなつ(森迫永依)から「先輩に起業は無理」といさめられた頼子は、何かを思い立った様子で、就活セミナー会場に出向き…!?

出典: ストーリー|紅さすライフ|日本テレビ (ntv.co.jp)

3話で、雅人(大西流星)と頼子(井桁弘恵)急接近の予感ですね!

と言っても、まだ恋愛感情ではなくビジネスパートナーとして徐々に信頼関係が生まれるという段階でしょうか?

一馬(松島聡)は雅人の性格を理解した上で、いつも雅人の為を思ってくれてフォローしてくれているようですね。今のところは、本当にいいお兄ちゃんという感じですですね。

でも今後は、仕事面でも恋愛面でも雅人とバトルすることに…!?

一馬自身、まだ自分が頼子に恋愛感情があるとは認識していないのでしょうか?

少なくとも、雅人と三角関係になるなんて、今の時点では微塵も思っていなさそうですね。

3話で3人の関係に大きな変化があるかもしれませんね。

【紅さすライフ】3話 ネタバレ徹底解説

放送後更新します!

【紅さすライフ】今後の展開と、最終回を予想!【随時更新】

繰り返しになりますが、『紅さすライフ』は、 原作なし のオリジナルストーリーなので、どんな展開が待ち受けているのかわかりません。

大西流星×井桁弘恵×新時代の起業青春ラブコメは最終的にどうなるのか…!

3話放送前時点の予想をしたいと思います。

まず、2話で雅人(大西流星)と頼子(井桁弘恵)が心を許し合う仲になれると思ったのですが、甘かったですね…

ラストシーンも、雅人の気持ちを頼子が代弁して感謝されるかと思いきや、3話予告で怒っている雅人が登場していましたね。

でも、予告を見る限り3話の中で心を許し合える仲になりそうです!

雅人と 父 駿夫(コウメ太夫)との確執に「メイク男子」「ジェンダーハラスメント」的な要素が大きく関係していると予想していましたが、今のところそのような描写はありませんね。

キャスト・あらすじ紹介でも描かれていなかった 母親 の存在が重要でしたね…。

一馬(松島聡)と雅人が異母兄弟というところから、駿夫の浮気相手の子だったという発想に至らなかった自分を責めたいです。

前回予想した「雅人は自分にないものを持っている頼子に惹かれるが、その感情が恋愛的なものという意識はまだしておらず」というあたりは、次回以降徐々に触れられていく感じですね。

↓以下、前回のままの予想です。

頼子が研究者だったとは言え、畑違いの化粧品の研究がスムーズにいくとは思えないので、どこかで情報を仕入れたり、仲間になってくれる人を探したり、資金を調達したりしながら少しずつ形にしていくのでしょうか?

このあたりの起業ドラマとしての描写がどのくらいリアルになっているのか気になります。

(昨今は、大手起業志向が低くなり自ら起業を目指す学生も多いので、できればそのあたりはある程度リアリティがほしいですね)

と言ってもおそらく、立ち上げがスムーズにいかない根本的な原因が『ペガサス化粧品』からの妨害で、そこがメインで描かれる気がしますね。

どんな形で両者のバトルが繰り広げられるのでしょうか…

業界全体に雅人たちを排除するよう圧をかけるとしたら、開発はすぐに手詰まりになりそうですが、2人だけで業界を震撼させるような秘策を考えて一気に逆転するのでしょうか?

それとも、雅人たちの熱意が伝わり、父親が考えを変えて全面的に和解するのか

関係は修復しないがそれぞれのやり方でコスメ業界を盛り上げていく関係に落ち着くのか

はたまた、雅人たちの完全勝利で『ペガサス化粧品』が失墜するのか…?! ←さすがにそこまでの展開はなさそうな気がします。

全話を通したストーリーの割合としては、2人の恋愛を描くキュンキュンシーンよりも奮闘しながら起業する姿を描くシーンの方がかなり長そうな気がします。

恋愛に関しては、雅人の兄 一馬(松島聡)は頼子への好意を早々に認識するが、雅人はこの気持ちが恋なのか頼子の自分にはない部分に憧れてるだけなのか自分でもわからない状態で後半まで進みそうな気がします。

1話のラストシーンにあった 「2人は過去に出会っていて、雅人にとって頼子は初恋の人だったが、それを知るのはもっと先になる」といった描写を観る限り

再会した段階では雅人自身そのことに気付いていなくて、何らかの拍子で雅人は頼子のことを思い出し、そこで一気に頼子に対する態度が変わるという流れなのかなと思いました。

もしかしたら、起業を成功させるまでは2人の関係は大きくは進展せず、お互いの心の声やアクシデント的にキュンキュンさせるシーンがたまにあるだけで、表向きはビジネスパートナーとしてしか意識していない凸凹バディを貫くのかもしれませんね。

(もしや、最終回あたりまでキュンキュンシーンはおあずけ!?)

ということで最終回は、メンズコスメブランドが軌道にのって落ち着き、はじめて2人が甘〜いモードになり、2人は「男だから」「女だから」といった価値観に縛られることなく自分達らしく生きて、仕事も恋愛も成就させ HAPPY END!という感じでしょうか?!

最後はキスシーンで締めるのでしょうか!?!?

(そうなると、大西流星さんと井桁弘恵さんのファンの方が失神しないか心配です笑)

予告映像など、現時点でまったく触れられていないが気になる点として

雅人の実のお母さんが正妻ではなく、浮気相手との間にできた子が後々引き取られて一緒に住むことになったという展開は紹介されましたが、一馬側のお母さんはその時どうなっていたのでしょうか??(北條家の過去については、できればもう少し詳しく紹介してほしいところです)

■雅人が初恋の相手である頼子のことを忘れているのは、ただ長い年月が過ぎてお互い大人になったからわからなかっただけなのか、雅人の“ワケあり”という紹介の中に、父との確執だけでなく“何かしらの理由で過去の記憶がない”といった設定も含まれているのか?

ひとまず現段階の予想はここまで。

3話の放送を観て、また加筆修正します!

ここまでご覧いただきありがとうございました。