2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【ちむどんどん】2022年前期朝ドラヒロインは黒島結菜!あさイチで生発表!

2022年前期朝ドラ【ちむどんどん】ヒロインは黒島結菜!あさイチで生発表!

2022年前期のNHK連続テレビ小説【ちむどんどん】のヒロインが、3月3日に、情報番組「あさイチ」で発表されました。

通常は会見を開いての発表ですが、コロナ禍のため。初の試みとなりました。


ADVERTISEMENT

2022年前期朝ドラ【ちむどんどん】ヒロインは黒島結菜!

黒島結菜
https://www.sma.co.jp/s/sma/artist/213#/news/0

黒島 結菜(くろしま ゆいな)さんは1997年3月15日生まれ。沖縄県糸満市出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

黒島結菜さんは「マッサン」 「スカーレット」に続く朝ドラ出演にして、初の朝ドラヒロイン!

【ちむどんどん】とは?

「ちむどんどん」は、心がワクワクドキドキするという意味。

2022年は本土復帰から50年で、舞台は沖縄。調理人を目指して東京進出。やがて東京で沖縄料理店を出すことを目指します。

沖縄料理に夢をかけるヒロインと、強い絆で結ばれた4兄妹の織りなす、笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語です。

脚本は羽原大介(NHKドラマでは過去に「とんび」「マッサン」など担当)で、オリジナル脚本作品。語りはジョン・カビラ(沖縄県出身)。

【内容】比嘉暢子はサトウキビ農家の4兄妹の次女。1960年代、沖縄やんばる地方で生まれ育ち、食いしん坊で美味しいもの大好き。初めてたべた西洋料理に感動して料理人を目指していきます。1972年、本土復帰のその年に、高校卒業をして東京へ。横浜市鶴見で暮らして料理修行。人生を変える人たちとの出会い、恋…。4兄妹はそれぞれの道を選んだものの心はひとつ。暢子は東京で沖縄料理店を出す夢に挑戦していく。

【ちむどんどん】黒島結菜さんのコメント

黒島結菜さんは、ヒロイン・比嘉暢子(ひが・のぶこ)を演じます。

黒島結菜さんは「あさイチ」で沖縄県のやんばる地方の国頭村の海から生中継で出演。コメントをしていました。

黒島結菜さんのコメント

ヒロインに決まっての気持ち「まさかと驚いてる気持ちと、いつかできたらいいなとも思ってたのですごくうれしいです」

ヒロイン比嘉暢子はどんな子?「食べることが大好きでボーイッシュ。喜怒哀楽のはっきりした子です。」

好きな沖縄料理は?「私の好きな料理はイナムルチです。本土でいうと豚汁みたいな。学校給食でもでていました」

朝ドラで伝えたい沖縄の魅力「沖縄の人は、のんびりしていて、どんなことがあっても明るく前向きな人が多いので、そういう魅力をヒロイン暢子を通して伝えていけたらいいなって思っています。撮影もみんなで頑張っていきたいと思います」

番組最後に視聴者から感想・質問がありました。沖縄に帰省できなかったが「ちむどんどん」の制作を聞いてうれしいといの視聴者の感想。

視聴者の質問は、地元の好きな場所は?黒島結菜さんは「地元の海です。(地元は)糸満市出身です。」と回答。最後は中継の不具合で博多華丸さんのコメント(背景の海がきれい)が聞こえておらず、「海です」ともう一度、黒島さんが返答して番組が終わりました。

朝ドラ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】