2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【タリオ】最終回ネタバレと感想!浜辺美波・岡田将生コンビ好評で続編希望の声!

タリオ最終回
©NHK

【タリオ】最終回ネタバレと感想!

浜辺美波・岡田将生が出演のドラマ『タリオ復讐代行の2人』最終回が11/20に放送されました。

放送後、浜辺美波・岡田将生コンビ好評で続編希望の声が殺到!?

今回は【タリオ】最終回のあらすじネタバレと感想について。

※『タリオ』の動画はU-NEXTで配信あり。(2020年11月現在)

スポンサーリンク

【タリオ】最終回ネタバレ

真実まみ(浜辺美波)の父・正弘(遠藤憲一)は とても厳格な弁護士だった。

12年前、投資詐欺事件で逮捕されたのは、多くの投資家から崇拝される日本経済界の大物・橘 道三(殺陣剛太)

橘 道三は「本当の首謀者は白沢です。 」と、真実の父こそが本当の黒幕だと証言。そのため、真実の父は突然、投資詐欺事件の容疑者として追われる身となり、行方不明になった…。

黒幕は正弘(遠藤憲一)?

真実は父・正弘の同僚だった弁護士・鮫島(いとうせいこう)を訪ねる。そこで、鮫島は正弘こそが事件の黒幕だと真実に暴露する。橘道三を殺害したのも父の可能性が高いという。

そんな中、橘道三の甥っ子が黒岩(岡田将生)を訪ねてきた。詐欺事件には黒幕がいるから探して欲しいという。

真実は、橘道三が録画していたというニュース映像の中に父を発見。

正弘が事件の黒幕だった事を知った真実は、罪を償わせるべく正弘を捜すため、ニュースの現場を訪ねて歩く。

ある弁護士が共犯者?

黒岩は、橘道三が爆破される情報が週刊誌に事前にもたらされたと気付く。そして、編集者を揺さぶって、情報屋・西野丹次郎(高橋努)にたどり着く。

黒岩は鮫島に会って、丹次郎に白状させたことを伝え、協力を依頼する。

【丹次郎の白状したネタ】
情報屋の丹次郎のところに 一人の男がやって来た。男は「これ(=ニセの人物の写真)がどこかの写真誌に載るよう手配してくれ。手配してくれるなら、橘を殺す時間と場所を教えよう」と情報屋に言った。彼こそが橘を殺害した正義の士。

ある弁護士が正義の士に近づいてきて、借金を帳消しにする代わりに橘の殺害を命じたのだと。とにかく 刑期を終え出所するまでの奥さんと子どもの生活は保障する。本当のことをしゃべったら…と脅したという。

正義の士はその写真誌の情報を見て、橘の出所と居場所を知り、犯行に及んだと思わせたかった。(黒幕にたどり着かせなくする作戦?)その弁護士は黒幕とつながっている可能性が高い。だから、黒岩は
弁護士業界の横のつながりがある鮫島に協力を依頼した。

鮫島は「すぐ調べてみましょう。」と承諾。そして今回の事件の黒幕が真実の父で、真実が父に会いに行ってることを黒岩に教えた。

黒岩は何か分かったら連絡をくれるよう名刺を渡す。

真実(浜辺美波)父と再会して

真実は津笠町のシーハンターで働いている父・正弘を見つけたが、父は記憶喪失だった。12年前に崖から落ちたという。

真実は父の部屋に忍びこみ、証拠資料(不正な金の流れ)と遺書を発見。それを鮫島の使いの者に渡す。

しかし、鮫島は正弘の不正を報じない…。

そんな中、黒岩が男たちに襲われた。鮫島にだけ渡した名刺の電話番号に小泉という男から依頼の電話があり、ホテルの居場所を教えられた。男たちは鮫島の使い。

つまり、黒幕は鮫島だ!

真実は、黒岩から父の無実を教えられ、鮫島に父の居場所を教えたことに気づく。あわてて父のもとに行くと、襲われたあとだった。父・正弘は頭から出血していたが、重傷ではなかった。

正弘は、忍者の記憶術(痛みとセットで覚える方法)を娘に教えたことをヒントに、「もしかしたら君は僕の娘じゃないかな?」と言い出す。

真実は「そんなわけないじゃないですか。おじさんの娘だったらこんな美人なわけないじゃないですか」と涙をこらえてごまかす。

黒岩(岡田将生)による逆転劇

真実は、帰宅途中の鮫島を殺害しようと試みるが…黒岩が止めた。黒幕はお前の本当の相棒は父だと告げて、行かせた。ためらう真実に「四の五の言ってないでさっさと行け!」と背中を押した。

真実は忍者の巻物を持って父に会いに行く。しかしまた姿をくらましていた。

真実の独白:<私は父さんと歩いた同じ道を歩いた。父さんは私に大切なことを教えてくれたんだ、とその時 気付いた。当たり前のことなのにバカな私が少しも考えなかったことだ。正義とは悪を倒すことじゃない。みんなを幸せにすることだ>

黒岩は鮫島の事務所に空き巣に入った。そこへでっち上げた大物政治家との不正取引きを置いておいた。

空き巣被害の捜査で入った警察がそれを見つけ、鮫島が弁護団の資金を横領していることが発覚。鮫島は逮捕された。

結末

鮫島の横領事件は濡れ衣だったが聞き入れてもらえない。

鮫島を危険人物とみなした政界の大物たちが横領をでっち上げたのだ。

鮫島の事務所付近の防犯カメラから顔をお面で隠した人物がわかる。

テレビのニュースで見た真実はお面の男が黒岩だと気付く。

真実は黒岩のもとへ行ったが、タッグを再び組むことをしない黒岩。「お前はいつか必ず弁護士に戻れ」と告げた。

コンビ解消かと思われたが…

「気仙沼に行くぞ!気仙沼で撮るドラマのボランティアエキストラに父さんが映ってたんです。 」と真実は黒岩を誘う。

2人はなぜか一緒に真実の父を探す旅へ出る。(おわり)

【タリオ】最終回の感想まとめ

浜辺美波・岡田将生コンビ好評で続編希望の声!

真実のお父さんがまだ見つかってないので、気仙沼編ができそうですね。

続編としての連続ドラマも期待しちゃいます。

キャスト・スタッフの皆様、全7話ありがとうございました。続編待っています。

タリオ 復讐代行の2人
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】