2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【エール】86話のネタバレと感想!インパール作戦で日本は負ける!?

【エール】86話のネタバレと感想!インパール作戦で日本は負ける!?

ビルマに行った裕一(窪田正孝)は、新聞記者(片桐仁)から藤堂先生の噂を聞く。

福島に疎開した音が聞いた浩二の理想の人が話題に!

【エール】80話のあらすじネタバレと視聴率、感想について!

スポンサーリンク

【エール】86話の視聴率

【エール】86話の視聴率はわかり次第お知らせします。

【エール】86話のネタバレ

前回のあらすじネタバレはこちら↓↓

裕一はビルマで藤堂先生の噂を聞く

裕一(窪田正孝)の慰問先はビルマのラングーン(現・ミャンマーのヤンゴン)だった。同行したのは、作家の水野伸平(大内厚雄)と洋画家の中井潤一(小松和重)。当時ビルマを占領していた日本は、インドに近いインパールを攻略しようとしていたが、戦況は思わしくなかった。

磯村中佐(平野貴大)に積極的に戦況を聞く水野。水野が戦地に行くなら「僕も行く、あいつのことが好きなんで」と中井。

裕一は学校に慰問に行くなどして過ごしていた。土曜日の夜はみんなですき焼きをした。水野は酔うと浄瑠璃をやるのが常だった。

水野と中井は戦地に出かけた。水野は別れ際に詞を残した。

雨季のラングーンは雨がすごくて洗濯に出した衣類はカビが生えて出す前より汚い。サソリは箒で外に出す。

2か月が経ったころ、新聞記者の大倉憲三(片桐仁)がやってくる。藤堂清晴(森山直太朗)の噂を聞いたという。藤堂先生はビルマにいて生きている、裕一のことをよく話していると聞き、ほっとする裕一。

関内馬具店では、五郎(岡部大)がもうひとりで1つの馬具を任されるようになっていた。腕は上がったが、五郎はどうしても戦争に協力してるのではないかということが頭から離れない。

心配する光子と岩城。

音は福島に疎開する

音(二階堂ふみ)は、まさ(菊池桃子)の病状が悪いため、華(根本真陽)とともに福島に疎開する。

裕一の部屋で蓄音機を見る。浩二(佐久本宝)が、もともと俺の誕生日祝いだったのに、という。

人生ってわからないもんですね、と裕一を思う音。

兄ちゃんは軍にとって必要な人だから、そんなに危険なところには行かないだろう、と浩二。

まさと眠る華を見て、自分も早く結婚しないと、喜多一も権藤家も滅びてしまう。

どんな人がいいかと聞かれた浩二は「原節子みたいな」と答え、固まる音。

ビルマでは、中井が戻ってきた。戦地で描いた絵を見せる。前線は地獄、戦う以前に生きていくことが難しい。

食糧も武器も何もかも足りていないなか、無謀な作戦を決行して多くの兵士が犬死している。

日本は負ける。命を尊重しない戦いに未来はありません。

中井はそう断言した。

【エール】86話の感想

インパールとビルマで思い出したのは宗男おじさん( #ひよっこ)だった。藤堂先生は大尉か( ⁼ ⁼)

今朝のエールはきついなぁ。インパール作戦右下へカーブする矢印 想像しただけで苦しくなる。藤堂先生…

食糧や武器不足で3万人もの兵士が命を落としたという「インパール作戦」。

朝ドラ「ひよっこ」の宗男おじさんが、この過酷な戦地から生還したことを思い出したり、名前が出てきた藤堂先生のことが心配になる視聴者の呟きで「インパール」「藤堂先生」がトレンド入りしました。

いつもならうれしいトレンド入りも、すでに悲しい予感でいっぱい…。

エール
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】