2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

ドラマ【17.3 about a sex】のキャストとあらすじ!17歳の女子高生が性に向き合う話題作!

ドラマ【17.3 about a sex】のキャストとあらすじ!

永瀬莉子、田鍋梨々花、秋田汐梨のトリプル主演でおくるABEMAオリジナル連続ドラマ『17.3 about a sex』が2020年9月17日から7週にわたり全9話を放送!タイトルは性行為の初体験の世界平均年齢が17.3歳であることの意味。3人の女子高校生がセックス、避妊、生理、体型の悩み、セクシャリティ…に初めて向き合い、揺れ動くリアルな心情をピュアに過激に描きます。

今回はドラマ【17.3 about a sex】のキャストとあらすじなどを紹介!

Abemaプレミアムに登録すれば最新話まで全話視聴できます。(2020年10月時点)

スポンサーリンク

ドラマ【17.3 about a sex】のキャスト

ドラマ【17.3 about a sex】の主なキャストを紹介します。

永瀬莉子(清野咲良)

17.3キャスト永瀬
©Abema

登場人物:清野咲良(せいの・さくら)…ピュアで真面目な高校2年生。堀田劉生と交際1か月だが、彼の家に誘われる。母からは性的情報をシャットダウンされ、下着も買ってもらっていた。変わりたいと思い直し、自身で下着を買って彼の家へ行くがモノ扱いされたことから拒絶。セックスについて向き合うことを決意する。

キャスト:永瀬莉子(ながせ りこ、2002年8月13日 – )広島県出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。「ミスセブンティーン2018」で6名のうちのひとりに選ばれ、2018年10月号から「Seventeen」(集英社)の専属モデルを務める。2019年1月放送の『ココア』でテレビドラマ初出演にしてトリプル主演のひとりを務める。ほかにドラマ『それぞれの断崖』で主人公の娘(次女)役でレギュラー出演するなど活躍中。

田鍋梨々花(役:原紬)

17.3キャスト田辺
©Abema

登場人物:原紬(はら・つむぎ)…さばさばしたクールな高校2年生。異性と付き合うことの重要性を感じていないが、再会した幼馴染から突然告白される。アセクシャル(=他者に対して性的欲求や恋愛感情を抱かないセクシャリティ)であると自己分析している。

キャスト:田鍋梨々花 (たなべ りりか、2003年12月24日 – )千葉県出身。インセント所属。「ミスセブンティーン2016」のグランプリに選ばれ、2016年10月号より同誌専属モデルを務めている。ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON』にピアニストの天野奏 役でレギュラー出演。 

秋田汐梨(役:皆川祐奈)

17.3キャスト秋田
©Abema

登場人物:皆川祐奈(みながわ・ゆな)…経験豊富で早熟な高校2年生。マッチングアプリで出会った26歳会社員と交際中。経験人数は5人。ある日、下半身に痛みを感じ、性器ヘルペスに罹ったことがわかる。

キャスト:秋田汐梨(あきた しおり、2003年3月19日 – )京都府出身。スターダストプロモーション所属。2015年、中一のとき第19回ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得。雑誌『nicola』専属モデルとして活動後、2019年の『Seventeen』9月号より同誌専属モデルへ。女優として映画『惡の華』(2020)ヒロイン・佐伯奈々子 役、ドラマ『ホームルーム』(2020年1月 – 3月、TBS) ヒロイン・桜井幸子 役など活躍中。

ソニン(役:城山奈緒)

17.3キャストソニン
©Abema

登場人物:城山奈緒……高校の生物学教師。ジェンダー学や動物の性について詳しい。悩んでいる原紬にアセクシャルに関する本を渡す。

藤原紀香(役:清野亜紀)

17.3キャスト紀香
©Abema

登場人物:清野亜紀……咲良の母。家庭的なよき母であるが、食卓のテレビに性的なシーンが流れるとすぐさま変えるなど、子供である咲良には性的情報を入れないようにしてきた。娘の視点では過干渉だが、親目線では娘を守りたいという表れである。

その他のキャスト

水沢林太郎…役:朝日悠(あさひ ゆう) – 生物オタクの変わり者。生物準備室に入り浸る。咲良に対しバイセクシャルであることを告白。告白するまで男性としか交際経験がなかった。

新原泰佑…役:堀田劉生(ほった りゅうせい) – 咲良の彼氏。同級生であり、女生徒からは白馬の王子様といわれているが、友人グループでAVの配信動画を回し見している。1か月で咲良とセックスできるか仲間とかけをする。

藤枝喜輝…役:青木康太(あおき こうた) – 紬の幼なじみ。紬とはもともと友人であったが、久々に出会い映画に誘う。映画デート後、突然キスをして告白。結果的に振られるが、紬とは友人としてまた映画に行く約束をする。

石川雷蔵…役:新田貴大(にった たかひろ) – 祐奈の彼氏。交際前に性病検査に連れていかれた。ホテルではブラジャー姿の祐奈に萎えてしまう。若年性EDの悩みがある。

ひかりんちょ……役:謎の女 – ファミレスで咲良・祐奈・紬が話すことをひそかに聞いている。

ドラマ【17.3 about a sex】のあらすじ

17歳の女子高生3人が恋にセックスに揺れ動くリアルな心情を描く ひと夏の青春恋愛物語!

初体験の平均年齢=17.3歳だと知った咲良・祐奈・つむぎの仲良し、女子高生3人組。

その日をきっかけに彼女たちの”性の価値観”が揺らぎ始める。

「実際、痛いの?」
「そもそもセックスってしなきゃダメ?」
「あのさ、みんな、1人でしてるの…?」
付き合って、キスして、それから…!?

本当は知りたいけど、誰も教えてくれないセックスのこと。

初体験や避妊、生理、体型の悩みやセクシャリティなど、
リアルで繊細な女子の本音を隠さず丸めず語り尽くす3人。

日本で一番ティーンに観られているメディア・ABEMAが描く、 女子高生のリアルな心情を描いた青春恋愛物語。

放送内容

サブタイトルからその回のテーマがわかるので、紹介します。

第1話「処女卒業17.3歳。ウチらはどうする?」
第2話「そもそもセックスってしなきゃダメ?」
第3話「女子が経験人数多いのってダメなの?」
第4話「ぶっちゃけ、女子も1人でしてるの?」
第5話「人を好きになることに性別って関係ある?」
第6話「胸のサイズってそんなに大事?」
第7話「男子の皆さん、1週間出血し続けることありますか?」
第8話「妊娠で退学。なんで女子だけ?」
最終回「17.3歳――ウチら、もう“何も知らない”って歳じゃない。」

1話のあらすじ

咲良(永瀬莉子)は高校の同級生・劉生(新原泰佑)と付き合ってからもうすぐ1ヶ月が経つ。まだキスの間どんな顔をしていいかも分からない咲良だったが、最高に幸せな毎日を過ごしていた。
ところがそんな日常は、劉生の「いつも外だし、家デートしようよ」という一言で激変する。
咲良は親友の紬(田鍋梨々花)、祐奈(秋田汐梨)に劉生から誘われたことを告白。「初体験の世界平均年齢は17.3歳」という事実を知り、衝撃を受ける。そしてまさに今の自分たちだと焦りを感じる。
3人で勝負下着を買いに行き、劉生との初体験に備える咲良。それでも不安を拭えない咲良は「セックス前日に準備しておくべき7ヶ条」というページをチェックする。
そして運命の日。劉生の家にあがった咲良は、ベッドに押し倒され……

2話のあらすじ

これまで誰とも付き合ったことがない紬(田鍋梨々花)は、人を好きになる気持ちがわからない。「そもそもセックスってしなきゃだめなわけ?」と咲良(永瀬莉子)と祐奈(秋田汐梨)に言い放ち、自分が周りと違うことに不安を覚える。そんな時、偶然その場を通りかかった幼馴染の康太(藤枝喜輝)と再会する。
康太と紬は中学卒業以来の再会で、二人は去り際に連絡先を交換する。帰宅後、早速康太からラインが届き、映画に誘われる。咲良たちにその話をすると、絶対に行った方がいいと背中を押され、紬は康太と映画に行くことに。
映画を観終わり感想を言い合う二人。紬が帰ろうと立ち上がったその時……

3話のあらすじ

IT企業勤務、イケメン、26歳。それがマッチングアプリで出会った、祐奈(秋田汐梨)の新しい彼氏。経験人数5人だというと咲良(永瀬莉子)も紬(田鍋梨々花)も驚く。紬はビッチだというが、好きな人とセックスをして何が悪いのか、祐奈にはわからない。
ある日、祐奈がトイレで「痛っっ!!」と声をあげる。授業中にもお腹が痛いと保健室に駆け込む祐奈を、咲良と紬は心配そうに見守る。
「まさか、妊娠とかじゃないよね…?」
紬の言葉に不安になった咲良は、生物準備室に城山(ソニン)を訪ねる。だがそこに城山はおらず、現れたのは同級生の悠(水沢林太郎)だった。すると悠は……

4話のあらすじ

夜、母親・亜紀(藤原紀香)の部屋から聞こえる唸り声のような音を不審に思う咲良(永瀬莉子)。
紬(田鍋梨々花)と祐奈(秋田汐梨)に相談すると、「それ、お母さんがバイブ使ってるんじゃない?」と意外な答えが。だが咲良の母は動物の交尾シーンでもチャンネルを変えたり、生理を「月のもの」と表現するほどで、バイブを使うなどありえない。ある日、咲良が見当たらない靴下を探して母のタンスを開けると、奥からバイブが出てきた。スイッチを入れると、あの夜と同じ音が部屋に鳴り響く。振り返るとそこに母がいて、咲良はバイブを持ったまま家を飛び出してしまう。昼休み、走ってきた男子とぶつかった咲良。彼女のかばんから出てきたバイブに、クラスメイトたちは騒ぎはじめ……

5話のあらすじ

悠(水沢林太郎)に好きだと告白された咲良(永瀬莉子)だが、彼がバイセクシャルだと知り戸惑い、距離をとってしまう。後日、学校の裏掲示板サイトに悠を誹謗中傷する書き込みが。咲良たちは、悠がバイセクシャルだと話していたファミレスで、誰かにそのことを聞かれていたのではと落ち込む。自分のせいで悠が酷い目にあっていると思った咲良は必死で悠に謝るが、そんな咲良に悠は何も言わず立ち去ってしまう。そして悠はその後、衝撃の行動に出る…..

6話のあらすじ

祐奈(秋田汐梨)は貴大(石川雷蔵)との初セックスの機会を迎えるも、貴大は途中で機嫌を悪くして帰ってしまう。祐奈はブラジャー姿になった時に貴大が行為をやめたことから、自分の胸の大きさが原因だと思い悩む。紬(田鍋梨々花)は「胸の大きさで良し悪し判断されるとか最低」と憤り、咲良(永瀬莉子)も悠(水沢林太郎)に「巨乳って正義?」とあたってしまう。祐奈は貴大の浮気を疑い、下校途中を尾行することに。男女グループにまじり楽しげに帰る貴大だったが、やがてひとりになると怪しいビルに入って行こうとする。そこはなんと、巨乳の風俗店で……

7話のあらすじ

バスで携帯に男性の下半身写真を送り付けられるという、新手の痴漢に遭った紬(田鍋梨々花)。紬は男性のこうした行いを心底軽蔑している。紬の家は父子家庭で、「彼氏がいるなら紹介しろ」「どこに嫁に行っても恥ずかしくない」とことあるごとに父が干渉してくるため、日々、父と衝突し、ずっと家を出たいと思っていた。
そんな時、生物教師の城山(ソニン)から、大学主催のスピーチコンテストに出てみないかと誘われる。テーマは【17歳の私が社会に言いたいこと】。優秀賞受賞者にはその大学の推薦入学と奨学金がもらえると知った紬は、家から離れるチャンスだと思い、出場を決意する。そして、コンテスト当日。紬たちはバスに乗って会場に向かうのだが……

8話のあらすじ

咲良(永瀬莉子)たちの同級生・遠藤成美(中村守里)の妊娠が発覚。それも相手が咲良の元カレ・劉生(新原泰佑)と知り、紬(田鍋梨々花)、祐奈(秋田汐梨)も驚きを隠せない。学校からの帰り道、産婦人科から出てきた成美と偶然会った咲良。子供をどうするのか尋ねると、妊娠22週を過ぎていて堕すことはできないという。「咲良じゃなくて良かったね」と成美に言われるも、劉生から逃げていなかったら自分が妊娠していたかもしれないと思った咲良は何も言い返せない。
成美は成績優秀で、大学進学をして教員免許をとるのが夢だった。そんな成美が退学になると聞いた咲良は、ある行動に出る……

ドラマ【17.3 about a sex】の主題歌

主題歌: まるりとりゅうが「ONE STEP」(EMIレコード)

ドラマのためにRyugaがを書き下ろしたアップテンポな応援ソング!

まるりとりゅうがのコメント(全文)

【MaRuRi】
 この楽曲はABEMA新ドラマ『17.3 about a sex』の主題歌のお話をいただいてからRyugaくんが書き下ろした新曲です! 恋する女子高生達が色々なことを通して物語が展開していくので、23歳のわたしも歌ってる時は女子高生になりきって歌わせていただいてます!(笑) 楽しいだけじゃ無い恋愛だけど女の子の可能性は無限大だと信じているので、この曲を聴いて少しでも片想い中の女の子が自信を持ってくれたり、背中を押したりできればいいなと思っております! ぜひドラマと一緒に楽しんでください。

【Ryuga】
 「ONE STEP」は、女性が自分自身のコンプレックスや悩みなどを乗り越えるため勇気を出して踏み出す一歩を応援できるような曲になっています! この曲を聴いてくださった方々の背中を少しでも押せたらうれしいです!

https://www.oricon.co.jp/news/2172192/full/?utm_source=Twitter&utm_medium=social&ref_cd=tw

ドラマ【17.3 about a sex】の見どころ

①テーマ

本作の見どころの一番は、テーマがセックスなことでしょう。

タブー視されている“性”をポップにポジティブに、そして視聴対象である17歳が観ることのできる表現をする…という触れ込みです。

性の問題はみんな悩み、通過してなくてはならないものですし、地上波では描きにくいテーマでもあります。

チャレンジングな題材がまず大注目です。

②キャスト

もちろん主要キャストの女子高生3人も、雑誌『Seventeen』専属モデルである永瀬莉子、田鍋梨々花、秋田汐梨が務めるので、次世代の人気若手には大注目です。

というより、すでにドラマファンなら知ってる方も多いのでは?

「コード・ブルー」で重要な役、山下智久さんが脳の手術に挑む患者・ピアニスト役を田鍋梨々花さんが演じていました。秋田汐梨さんもドラマや映画でヒロインを務めていますし。

17才の女子高生3人が性にどのように向き合うのか楽しみです。

③スタッフ

本作の企画・プロデューサーの藤野良太さんはフジテレビ時代に 「恋仲」「好きな人がいること」「刑事ゆがみ」「グッド・ドクター」等の人気ドラマをプロデュースしてきた方。

2019年6月末にフジテレビを退社し、2019年7月1日、日本発のコンテンツスタジオである株式会社storyboardを立ち上げて社長として活動中。「AbemaTV」の連続ドラマは「僕だけが17歳の世界で」のプロデュースを担当して以来の2作目となります。

演出の金井紘さんも「恋仲」などフジテレビ作品を多数手がけています。

そして、脚本の山田由梨さんは知名度がないかな、と思ったらドラマファンのざれごとでした。1992年1月生まれの本作ドラマ開始時28歳。若い!そして劇団「贅沢貧乏」主宰の劇作家、演出家さんだそうです。

フジテレビのヒットメーカーと劇作家が生みだした本作。期待がふくらみますね。

ドラマ【17.3 about a sex】のスタッフ

企画・プロデュース:藤野良太(「僕だけが17歳の世界で」ほか)
演出:金井紘(チーフディレクター作品:「恋仲」「好きな人がいること」「グッド・ドクター」など)
脚本:山田由梨(ドラマ「女子高生の無駄づかい」など)
制作:ABEMA

ドラマ【17.3 about a sex】の放送日

放送日:2020年 9月17日(木)夜11時スタート

放送期間:2020年9月17日~10月29日 毎週木曜日に配信

放送時間:木曜 22:00 – 22:30

放送話数:全9回 ※初回配信のみ1話から3話を一挙配信、以降1話ずつ配信予定。

放送チャンネル:ABEMA SPECIALチャンネル

無料配信が終わったら、Abemaプレミアムに登録して視聴できます。(2020年10月時点)

【関連記事】


当記事の画像出典:サイバーエージェント

ネット配信
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】