2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【妖怪シェアハウス】最終回のネタバレ!スペシャルゲスト・miwaと安藤萌々が登場

小芝風花さん主演のドラマ「妖怪シェアハウス」。

最終回では、澪が驚きの決断を下す!

そして、スペシャルゲストとして歌手のmiwaさんと女子アナの安藤萌々さんが登場!

登場するシーンは、記事本文のネタバレで。

今回は、最終回となる「妖怪シェアハウス」のネタバレやスペシャルゲストについてをご紹介します!

スポンサーリンク

【妖怪シェアハウス】最終回のネタバレ!

妖怪シェアハウス最終回ドラマ内出典元:妖怪シェアハウス公式HP

どんどん妖怪化が進む澪(小芝風花)は、妖怪たちのテレパシーでの会話も聞こえるまでに。水岡譲(味方良介)の父・衛(福田転球)に、このままでは妖怪になってしまうと言われ、それを止めるためには一つの方法を取るしかないと告げられる。

その矢先、譲と原島(大東駿介)から驚きの告白を受けてある選択肢を迫られることになり、澪は悩み苦しむことに。

そんな澪を見かねた座敷童子(池谷のぶえ)は妖怪たちに声をかけ、意を決して井戸の奥にある大鳥居に鎮座する天狗大王(声・福田転球)の元へ向かう。

妖怪たちはそこである物と引き換えにお札を手に入れ、出かけようとする澪にお守りとして渡す。

そのお札を持って外出した澪は、歩きながら悩み考えているうちに突然カラスの大群が襲ってきて、真っ暗な場所に迷い込んでしまい、黒い煙に巻き込まれる。

体が自由に動かず、息苦しくなった澪は、ある人の名前を叫びながら助けを求め…。

出典元:妖怪シェアハウス公式HP

「後半ネタバレ」

澪が選んだのは水岡

暗闇の中、澪が選んだのは水岡譲(味方良介)でした。

そして、澪と水岡は「妖怪シェアハウス」で結婚式を挙げ、原島響人(大東駿介)に見守られながら2人は結ばれました。

ここでmiwaさんが登場。

それから1年後、幸せな日々を送る澪でしたが、“結婚記念日(26日)の日”に妖怪たちの渡してくれたお札を発見します。

今度は原島パターンも

すると再び暗闇に包まれ、その暗闇の中で今度は原島の名前を呼びます。

そして、今度は原島と結婚し、澪が書いた「喜界島」が映像化されることになりました。

ここで安藤萌々さんが登場。

全てが順調にいく中、澪は再び息が苦しくなって倒れ込んでしまいます。

未来を先取りした2パターンの人生

実は、妖怪たちが自分の宝物と引き換えに天狗大王から手に入れた札の力で、澪は未来に起きる2パターンの人生を実体験していたのです。

それぞれの人生を体験した澪に、妖怪たちは天狗大王から札を預かって未来を見せたことを説明。

決断の日(26日)が迫る中、澪が下す選択は?

澪の決断は妖怪になること

澪の下した決断は、原島でも水岡でもなく、まさかの妖怪(覚悟を持つ)になること。

そして、特別な力を求め、それを本にすることを決断し、山伏修行をするために「妖怪シェアハウス」を出ていくことを決断。

フラれて肩を落とす原島のもとに届いた封筒を開けると、そこには「妖怪シェアハウス」と書かれた赤い本が届き、その内容はこれまでの澪の物語が描かれており、澪は令和を生きる鬼として“そのツノを見た者には幸せが訪れる”と噂されるのでした。

最終回終わり。

【妖怪シェアハウス】最終回のゲストはmiwaと安藤萌々

「妖怪シェアハウス」の最終回は、スペシャルゲストが2人登場しました。

まず、最初に登場したのは、水岡と澪が結婚式を挙げる際、巫女役を演じた主題歌を歌うmiwaさんでした。

miwaさんの巫女姿すごく可愛いですよね!

結婚式でのスペシャルゲストの登場はノーマークだったので、miwaさんが登場した時には2度見してしまいましたw

そして、2人目に登場したのは、テレビ朝日へ2020年に入社し、平日の朝に放送されている「グッド!モーニング」のスポーツや交通情報を担当する安藤萌々アナウンサー。

安藤アナの登場シーンは、澪が原島との結婚生活を体験している際、澪が書いた「喜界島」がヒットし、映像化された作品に澪役の女優として澪と原島へ挨拶しに来る場面でした。

今回がドラマ初出演という安藤アナでしたが、3日間演技に備えて練習していたらしく、撮影は一発OKだったらしいです。

普段、生放送でしゃべっているアナウンサーだけあって、ドラマ初出演でも「とても緊張しましたが、楽しかったです」とコメントするほどの強メンタルは流石です!

【妖怪シェアハウス】最終回 澪の妖怪になるという決断に驚き

今回は、「妖怪シェアハウス」最終回のネタバレやスペシャルゲスト・miwaさん、安藤萌々アナの登場シーンについてご紹介しました。

澪が下した決断は、原島でも水岡でもなく、自分らしく“事実”を世の中の人々へ伝える本を書くというものでした。

コロナウィルスの影響で様々なことが内向的になる中、「こんな世の中だからこそ自分らしく生きて欲しい」という最終回を担当した西荻弓絵さんの思いが感じられる回となっていた気がします。

妖怪をコミカルな姿で描き、面白く楽しませてくれた「妖怪シェアハウス」が今回で観れなくなると思うと寂しいですね。

妖怪シェアハウス
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】