2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【妖怪シェアハウス】6話のネタバレ!小芝風花のガングロメイクが可愛い過ぎる

小芝風花さん主演のホラーコメディドラマ「妖怪シェアハウス」。

第6話では、ガングロギャルの妖怪・やまちょすが登場。

そして、主人公・澪がガングロギャルに!

今回の記事では、「妖怪シェアハウス」6話のネタバレ、山姥の伝説、小芝風花さんのガングロについてご紹介します!

スポンサーリンク

【妖怪シェアハウス】6話のネタバレ!

妖怪シェアハウス第6話ドラマ内画像①出典元:妖怪シェアハウス公式HP

こんじゃくプロダクションで社長の原島響人(大東俊介)に新しい企画の提案をする目黒澪(小芝風花)。

思いがけずその企画が原島に認められ、企画の打合せをしますが、澪は“しらはま”のアナグラムのことを考えてドキドキしてしまいます。

澪の新しい恋に浮足立つシェアハウス

澪がシェアハウスに帰って“しらはま”のnoteの文書を見ると、見れば見るほど“しらはま”が原島だと思えてきて澪は原島に恋をしていることに気がつくのでした。

そのことを知った四谷伊和(松本まりか)も興奮し、他の妖怪たちにも澪が恋していることを伝え、その相手が会社の上司・原島であることでみんな盛り上がります。

翌日、会社で原島のことを想って終始ニコニコの澪を山中美雪(内藤理沙)と柳沙羅(宮本茉由)が恋をしているのかと質問すると、片思いの相手が原島であることを白状する澪。

そんな澪の返答に、2人は白けた様子でやめた方がいいと言いますが、澪は原島に彼女や婚約者がいるか2人に尋ねます。

その質問に興味なさそうな2人はどうでもいい感じで、「結婚指輪もしてないし、仕事一筋だからいないんじゃないか」と言いました。

それを聞いた澪はがぜんやる気に。

そんな中、事務所を出ていた原島が戻って来て新企画の企画書を見て、取材対象がいるのか質問され、当てのない澪は困り果てます。

シェアハウスに戻った澪が妖怪たちに相談すると、ビューティーアドバイザーの山姥“やまちょす(長井短)”を呼び出す四谷伊和(松本まりか)。

ビューティーアドバイザー・やまちょす登場

シェアハウスの井戸から登場したやまちょすは、伊和の頼みで澪をコーディネートすることに。

やまちょすのコーディネートで可愛らしいファッションへと変身し、原島との距離を縮めようとする澪。

やまちょすと伊和に励まされ勇気づけられて、後日、澪は口実をつけてレストランへ呼び出し、新企画のビューティーアドバイザー・安達としてやまちょすを紹介します。

原島を直接見たやまちょすは原島に悩み事があることを見抜き、澪が会社に戻って疲れた姿を見せる原島を気遣うと、原島から2人で新企画の打ち上げをすることを提案され、浮かれる澪。

原島は既婚者だった

打ち上げの日、原島から悩み事を相談された澪は、妻から離婚を持ち掛けられていることを伝え、原島が既婚者であることを知った澪はショックを受けます。

シェアハウスに戻って原島に好きなことを伝えられなかったことをやまちょすやシェアハウスのみんなにどう伝えようか悩む澪。

そこへ神主の水岡譲(味方良介)が現れてあれこれと心配してくれ、「新しい恋愛をした方がいい」と言って水岡は澪に自分のことをアピールしますが、鈍い澪は水岡の想いに気がつきません。

そんな中、出掛けていた妖怪たちがシェアハウスに戻って来て、澪はやまちょすやみんなに原島が既婚者だったことを伝えます。

澪が原島へ想いを伝えられなかったことを知ったやまちょすやシェアハウスの妖怪たちは、澪を責めることなく、優しく励ましてくれました。

妖怪化が進む澪によって人間界と妖怪界のバランスが崩れ始めた世界。

そして、原島は奥さんから離婚届を渡され、家を出ていかれるのでした。

第6話終わり

澪と原島の恋は終わってしまったのか、水岡と澪の恋愛が始まる展開になるのか、澪は妖怪シェアハウスを出ていくことになるのか、物語も終盤になっていろいろと気になることが続出してきましたね。

来週以降の展開が気になります。

【妖怪シェアハウス】6話のゲスト妖怪・山姥の2通りの伝説

妖怪シェアハウス第6話ドラマ内画像②出典元:妖怪シェアハウス公式HP

「妖怪シェアハウス」第6話のゲスト妖怪は、山姥のやまちょすでした。

やまちょすをモデル・女優として活躍する長井短さんが、1990年代に流行った山姥ギャルに扮していました。

ちなみに長井短さんは、2019年5月に結婚しており、夫は星野源さん似のメガネイケメンで、俳優をしている亀島一徳さんと言います。

フジテレビ系列の「アウトデラックス」に夫婦で出演した際、長井短さんは結婚を機にこれまでの陰キャから明るいキャラへ変われたと話していました。

今回の「妖怪シェアハウス」に登場したやまちょすは、陰キャだった長井短さんからは想像できないぐらい明るいキャラでした。

ここからは、ゲスト妖怪となった「山姥」の伝説について。

山姥には様々な呼び名があり、宮崎県や岡山県では「ヤマヒメ」と呼び、静岡県では「ヤマババ」、香川県では「山女郎」と呼びます。

伝承も2パターン存在し、よく知られるのは山で山姥に遭遇すると追いかけられ、捕まると食べられてしまうという恐ろしいものですが、秋田県や山梨県では、山に入った姉妹に心優しい姉には宝を授け、意地の悪い妹には災いを与えたというもの。

そして、高知県では山姥が家にとり憑くと家が富栄えるという座敷童子のような伝承もあったりします。

その地方によって人を喰う恐ろしい妖怪として描かれ、違う地方では家を富栄えさせる妖怪として描かれているのは面白い事実ですね。

【妖怪シェアハウス】6話 小芝風花のガングロメイクが可愛過ぎる

ここまでは、「妖怪シェアハウス」6話のネタバレや山姥に関する伝承を紹介しました。

第6話のドラマのラスト付近で、シェアハウスの妖怪たちと陰陽師の水岡、澪が全員ガングロメイクでダンスを踊るというシーンがあり、そのシーンの小芝風花さんのガングロメイクが可愛すぎでした。

これが小芝風花さんのガングロメイク!
※小芝さんは真ん中です。

https://twitter.com/youkaihouse5/status/1302262712731226112?ref_src=twsrc%5Etfw

一瞬、誰か分かりませんでしたが、やっぱり小芝風花さんはガングロメイクでも可愛いかったです!

次週は、澪に生霊がとり憑き大騒動が巻き起こる?

この生霊は、原島に離婚届を突きつけた奥さんなんですかね。

次週のストーリーも気になりますね!

妖怪シェアハウス
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】