2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【アンサング・シンデレラ】8話ネタバレと感想!荒神の決断と瀬野の危機に感情が追いつかない

【アンサング・シンデレラ】8話はベテラン薬剤師・荒神がメイン回、末期症状の妻に対して辛い決断を迫られます。

さらに瀬野に予告にあった恐ろしい病が襲い掛かります。

辛い展開の連続で感情が中々追いつきません。

今回の記事では【アンサング・シンデレラ】8話のネタバレ、視聴率、感想等をお伝えします。

スポンサーリンク

【アンサング・シンデレラ】8話の視聴率

【アンサング・シンデレラ】8話の視聴率は9.3%でした。

前回からは変化無しという結果でした。

【アンサング・シンデレラ】8話のネタバレ

あらすじ

ベテラン薬剤師の荒神(でんでん)が長期的な休暇を取ることになった。部長の販田(真矢ミキ)は「手品の練習のため」と説明するが、みどり(石原さとみ)達は腑に落ちない。

さらに販田は地域との連携を取るために誰か一名を調剤薬局に2週間の研修に出すことを告げる。

その「笹の葉薬局」は在宅医療に特化しており、“患者さん1人1人を見る”を信条にしているみどりにとってはまたとない経験、意気揚々と名乗りでる。

みどりと荒神の穴は副部長の瀬野(田中圭)が緊急センターと調剤を掛け持ちすることで埋めることになった。

みどりが「笹の葉薬局」に向かっていると薬局薬剤師の小野塚(成田凌)と遭遇する。小野塚も店長の命令で研修を受けるという。

「笹の葉薬局」に到着した2人は代表の仁科敦夫(東根作寿英)への挨拶もそこそこに早速在宅医療の現場を回っていく。

高齢者や認知症の患者が多く、それぞれの患者の状態を見て医師と連携を取る、チームワークでは病院と一緒だった。

3人は医師の本庄泰史(住田隆)と共に末期がん患者の家に向かう。その家に居たのはなんと荒神だった。

一方、くるみ(西野七瀬)はアレルギー性鼻炎の増田航平(田中幸太朗)に服薬指導を行う。くるみは薬の量が多いことを気にしていたが、航平は意に介さずさっさと帰ってしまう。

その様子を見ていた瀬野は息子の翔太(川原瑛都)が目を気に擦っていたことを気に留める。そして、くるみに「出産の為に入院している奥さんに息子さんのことを聞いておけ」と指示を出すのだった。

末期患者に臨む覚悟とは

荒神はみどりと小野塚に妻の泰子(大塚良重)の病状について話す。

  • 泰子は8年前に癌を患った
  • 一度は完治したが半年前に再発、全身に広がりもう長く無い状態
  • 三日後には銀婚式(結婚25年の記念日)を控えている
  • 荒神は毎年手品を披露している
  • 泰子は自宅で過ごすことを希望して在宅医療切り替え、休みを取っていた

その夜、くるみと刈谷(桜井ユキ)と一緒に娘娘亭で食事をする。そして、荒神の頼みにしたがって2人に泰子の病状を話す。

泰子の余命はもう僅かで鎮静をする可能性が高かった。

鎮静とは病を治すのではなく、痛みを和らげ安らかな最後を迎えるようにする為のもの。鎮静すれが意識は朦朧とし会話もままなら無い。その為、家族にとって苦渋の決断で覚悟が必要となる。

泰子のことは羽倉(井之脇海)や工藤(金澤美穂)といった他の薬剤師メンバーにも伝わり、各自仕事に気合を入れ直す。どうやら販田はこうなることを見通してみどりを研修に向かわせたようだ。

瀬野もメンバーにテキパキと指示を出しつつ自分の仕事をこなしていく。

荒神が苦渋の決断を下す

銀婚式の前日。泰子の容態が急変して荒神は鎮静剤の使用を決断をする。みどりと小野塚も準備を進め、医師の手で鎮静剤が打たれようとした瞬間、

荒神「ちょっと待ってくれませんか。」

「手品を見せてからにして下さい。楽しみにしてたんです。」

「お願いします。」

荒神が待ったを掛けて懇願する。やはり荒神はギリギリまで泰子と共に過ごしたかった。そして、鎮静は1日延ばされることになった。

その夜、「少しでも精神的な支えになれば」とみどりは買い物の手伝いをして荒神家に向かう。遅れて仁科に“最期を看ること”の意味を説かれた小野塚もやってくる。

食事を取りながら荒神は泰子と結婚披露宴で行った思い出の手品の映像を見せ、問い掛ける。

荒神「私の判断は間違っていたのでしょうか?すぐに鎮静剤を打つべきだったのでしょうか。」

みどり「薬剤師の私にはその判断は出来ません。」

「ですが1人の友人として答えるならば“なんとかして手品を見せてあげたい”と」

みどりは荒神の問い掛けに優しくも力強く答える。みどりと小野塚は明日の手品を手伝うことを約束する。

銀婚式当日。タキシードを着た荒神はとっておきの手品を披露…しようとした瞬間、泰子の容態が急変し苦しみだしてしまう。

あまりの苦しみから暴れだす泰子。それを必死に押さえる荒神は決断をする。

荒神「鎮静をして下さい。楽にしてください。」

「苦しかったよね。辛かったよね。もう安心だからね。」

「よく頑張ったよ。偉いよ。」

荒神は泰子に優しく苦労を労う。泰子の体に鎮静剤が打たれるのだった。

くるみは再び航平に服薬指導

販田の口から薬剤部のメンバーにことの顛末が伝えられる。気落ちするくるみに瀬野は「辛くても増田さんのことを頼む」と指示を出す。

くるみは意を決して航平の服薬指導に臨む。妻の環希(田川可奈美)からの情報を元に「息子の翔太君に薬を与えていないか」と指摘する。

航平は「目の痒みが押さえられるから」と翔太に自分の薬を与えたいたことを認める。

くるみは子供が服薬した場合の副作用の危険性を説明するが航平は気にも留めていない様子だった。

そこに瀬野が登場する。

瀬野「医師や薬剤師が注意して事故が起きないように抑えています。」

「過去に副作用が出たケースに遭遇した経験があり、その時の母親が後悔する顔が忘れられません。」

と説明する。ベテランの説明に航平は納得し、待っている妻と子供に謝る。

くるみは助け舟を出してくれた瀬野にお礼を言う。

瀬野「患者の最期を看るだけではなく、これからの未来も見ることも同じくらい大切なんだ。

瀬野はそう語りかける。

瀬野を病魔が襲う

みどり、小野塚、荒神は再び手品を披露する。泰子はもう返事も出来ない状態だったが、それでも3人は精一杯気持ちを伝えていく。

荒神「おかげでいい銀婚式を迎えることが出来ました。ありがとうございました。」

荒神は2人にお礼を述べる。これを受けて小野塚も患者に寄り添う覚悟を決めるのだった。

研修を終えたみどりが薬剤部に戻ってくる。

瀬野が緊急センターに戻ろうとした時、突如口から血を吐き、倒れてしまうのだった。

【アンサング・シンデレラ】8話の感想とまとめ

荒神に涙が止まらない

【アンサング・シンデレラ】8話は“末期の患者と向き合うこと、どう最期を迎えるのか”がテーマでした。

荒神にとって鎮静を打ち早めに苦しみから解放することも時間を作るために苦しませなければならないことも苦渋の決断でした。

それに悩む姿を見るのは胸が苦しく、声も届かない妻に手品を披露するシーンは切なかったです。

一方で蛇足気味

【アンサング・シンデレラ】8話のくるみは幼い息子に勝手に薬を与える父親に手を焼きます。

はっきりいうと荒神の方で話は描いていたので蛇足と感じました。時間が無い分、父親がコロコロ態度を変えていい加減な印象を受けました。

くるみはスピンオフをやりますし1話に無理に2つも要素を入れなくていいと残念に感じました。

瀬野が吐血

さらに前回からの予告で分っていましたが瀬野が吐血し倒れてしまいます。

思った以上に血が多いので病状が心配です。

  • 苦しい
  • 切ない
  • 残念
  • 心配

と【アンサング・シンデレラ】8話はライターの感情が大きく変わり、追いつけない状態でした。

次週、【アンサング・シンデレラ】9話では安心を求めて薬に依存してしまう女性の話です。そして、瀬野の病状もきになります。

2020/9/10(木)22:00~からの放送をお楽しみに。

「アンサング・シンデレラ」を視聴するには?
【アンサング・シンデレラ】はFODプレミアムで配信中です。 さらに西野七瀬さん主演のスピンオフドラマ【アンサング・シンデレラ ANOTHER STORY ~新人薬剤師 相原くるみ~】も配信中です。

支払いをAmazon Payにすることで初回登録時、2週間の無料トライアルキャンペーンを実施中です。

全て2020年7月16日(木)の情報です。最新の配信状況、期限、料金については公式サイトをご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました