2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【真夏の少年】5話のネタバレと感想!悟(佐藤龍我)への胸キュンラブソング!

美 少年(ジャニーズJr.)主演【真夏の少年~19452020】5話のネタバレと感想!

財前(林蓮音)が歩いているのを目撃した悟(佐藤龍我)と篤(浮所飛貴)は、竜二(岩﨑大昇)らに話すのだが……。
悟に恋する女子が出現!?
明彦(藤井直樹)の研究に進展が!三平(博多華丸)は過去に戻りたい?
路上ライブ女子とアルバイト女子の涙と感動の【真夏の少年~19452020】5話のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介します。

スポンサーリンク

【真夏の少年~19452020】5話のあらすじ

真夏の少年5話
【真夏の少年】5話

【真夏の少年~19452020】5話のあらすじを紹介します。

瀬名悟(佐藤龍我)と春日篤(浮所飛貴)は、財前康隆(林蓮音)が歩いているのを見つけ、風間竜二(岩﨑大昇)に話すが、みな半信半疑。
しかし、三平(博多華丸)が見ていた伊藤沙織(日比美思)の路上ライブの動画に財前が映っているのを発見。
沙織は、ライブ動画再生回数も好調で富室高校内の人気者。そんな沙織のプロデュースを買ってでたのが担任の東村秀太郎(神保悟志)。
花火大会復活の際は、沙織がステージに立つよう東村は山田ゲルハルト節子(長谷川京子)に取り計らう。お祭りが開催された暁に沙織がステージに立つというのだが、沙織は新しい曲ができず……。

【真夏の少年~19452020】5話のネタバレ

【真夏の少年~19452020】5話のネタバレを紹介します。

財前(林蓮音)の謎

山田ゲルハルト節子(長谷川京子)は、真知恵(皆本麻帆)に「夏祭りは絶対に実行する」といい、真知恵を味方につける。

瀬名悟(佐藤龍我)春日篤(浮所飛貴)は、財前康隆(林蓮音)が歩いているところを見たと、秘密基地で話すが、みんな半信半疑。
そのとき、三平(博多華丸)が見ていた伊藤沙織(日比美思)の路上ライブ映像に財前がいるのを見つける。

**

沙織は、富室高校でも人気者。そんな沙織のプロデュースを担任の東村(神保悟志)がやると言い出し張り切っている。

放送部の小泉明菜(箭内夢菜)は、沙織の動画でアクセスを稼ごうとしているのだが、東村に出し抜かれ、さらに回収した財前のドローンのパスワードもわからず、苛立つが、放送部の高橋仁(松尾龍)にパスワード解析を頼み、再び取材をすることに。

竜二(岩﨑大昇)は「シャーペン返して」沙織からの伝言を悟にいう。
悟が無期停学になる前の日に、シャーペンが見つからず困っていたとき、沙織が貸してくれたのだ。

結局、財前のことはわからないまま。
とにかく、三平の娘を探そうと悟たちは町にくりだし聞きこみをすることに。
三平の娘は「三平マドカ」という名前だ。

悟が自転車で三平の娘を探していると三平と偶然会う。三平は女の子を連れていて、その子はクラスメイト堀田未来(間島和奏)の妹だった。
三平の誘いで未来とその妹弟が秘密基地にやってきて、みんなで食事をする。

未来の家は父親がいないため、未来はアルバイトをしながら妹弟の面倒を見ている。

沙織(日比美思)は人気者

ゲルハルト節子が沙織に花火大会にはステージに立ってほしいと言い、沙織は喜ぶのだが、その反面、曲が作れず悩んでいた。

沙織と購買部のサクラ(長井短)と仲が良い。
三平とサクラは沙織の「LOVE100円玉」の歌が気に入っていて、花火大会に歌ってほしい、と言うと沙織は
「歌わない」と不機嫌になる。

一方、山田明彦(藤井直樹)の研究が着々と進んでいる。和彦(金指一世)
「三平はずっとここにいちゃダメなのか」と言う。
明彦は、それは三平が決めること、だと。
もし、戻りたくなったら戻れるようにと研究をしているのだ、とも。

「LOVE100円玉」の歌詞に意外な言葉が!

三平と未来は海辺で話している。
沙織の「LOVE100円玉」の歌詞は、実は未来が書いたもの。三平はそれをわかっていた。
未来は、歌詞の中には「むかつく」との意味が込められていると三平に教える。

**

東村は、沙織に厳しくいい曲を作れと言い出す。
沙織のノートに“悟”の文字。

悟(佐藤龍我)の家に沙織(日比美思)が!

悟の家。
家族で夕飯を食べているとき、沙織が訪ねてきた。

悟の部屋。沙織と二人きり。
悟がシャーペンを返すと「これじゃないと歌詞がかけないの」と沙織。

悟が「LOVE100円玉が好きだ」と言うと、沙織は「なんであの歌なの」と言う。
悟がなおもあの曲がいいと言うと、沙織は泣き出し出て行ってしまった。

三平(博多華丸)の苦悩

沙織が訪ねてきたことを竜二たちに話す悟。
この時、三平が戦争で辛い話をあまりしないという話題に。
三平は、戦争の話をして同情されるのは嫌だという。自分の経験が安っぽくなるからだ。

「同じことを繰り返してほしくない、という気持ちを込めて妖怪カードを制作している。漫画を描くことは、自分をさらけ出すことだから怖い。物をうみだすのはそういうことだ」と。

沙織は新曲ができてなかなか好評なのだがサクラには不評。
沙織は未来に「どうしたらあんな風な歌ができるのか」と訊く。
「(沙織と未来は)生き方が違う、だから同じものは作れない。沙織には沙織にしかかけないものがあるはずだ」と言う。


**
三平と沙織。

沙織は「みんなが私をこうした。みんな勝手なんだよ」と周りを責める。
「流されたのは自分じゃないの」と三平に言われ
沙織は、チヤホヤされてウケル曲を作るようになっていたことに苛立っていた。
そこに悟がやってきて「俺、沙織の歌、すげぇ好きだよ」と。
そして、花火をし沙織は笑顔に。


沙織は花火大会を辞退。
「私は私のやり方で勝負する」と東村に言う。


**
沙織は歌詞を未来に見せ、未来からはダメ出しをされる。
ものを作ることは大変だけど、沙織はこの気持ちと一生付き合うんだな、と覚悟を決める。
**

沙織は悟(佐藤龍我)が好き

沙織の新曲は「好きっぽいピ」
秘密基地では、沙織の好きな人は悟だろうと全員が悟を凝視。
悟は「はぁ!?」と。

その頃、放送部のドローンが何者かに盗まれた。
三平はおばあさんとすれ違い、なんとなく振り返りおじぎをする。
**
明彦の研究は進んでいる。そして
「三平がやって来た時の雷を再現すれば三平が戻れるかもしれない」
というところにたどり着いた。

<続く>

【真夏の少年~19452020】5話の感想

【真夏の少年~19452020】5話の感想を紹介します。

悟(佐藤龍我)の恋のお話

【真夏の少年】5話は悟(佐藤龍我)の恋のお話もチラリ。沙織のときめきに悟は気づいていない様子。案外、悟は鈍感!?
モノをつくることの意味、それは時に苦しいということ、そして、同情はいらない、ということを三平が語っています。
漫画が好きな三平。でも、それを作り出すことは、自分を切り売りしているような感覚。自分の思いを相手に伝えるのは、色々な方法があるのだと思います。そして、なによりも飾らない思いが大切。その思いがあれば、それは相手にも伝わる。
沙織は自分の言葉で新曲をつくることができました。悟への胸キュンがいっぱいです。物語はいよいよ終盤に近づいてきました。明彦の研究の成果はラストに!?
三平は今の生活にとても馴染んできましたが、やっぱり、家族のいる場所に戻るのかな、と思います。
来週は、富室町にショッピングモールが!?財前の問題は?
来週もお見逃しなく♪

記事内画像:【真夏の少年】公式サイト

真夏の少年
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】