ドラマ【嫉妬2020】キャストとあらすじ!檀れいVS国仲涼子ドロドロの戦いをリメイク!

ドラマ【嫉妬2020】のキャストとあらすじ!檀れいVS国仲涼子ドロドロした女のバトルをリメイク!

1971年公開の映画「嫉妬」がスペシャルドラマとしてリメイクされます。(以下ドラマ【嫉妬2020】。)

主演は檀れいさんと国仲涼子さんです。近年では珍しい嫉妬渦巻くドロドロとした女が繰り広げられます。

今回の記事ではドラマ【嫉妬2020】のキャスト、あらすじ、みどころ等をお伝えします。

スポンサーリンク

ドラマ【嫉妬2020】檀れいと国仲涼子W主演

ドラマ【嫉妬2020】は1971年公開の映画「嫉妬」(監督・貞永方久さん)のリメイク作品です。岩下志麻さんVS浅丘ルリ子さん、2人の大女優が火花を散らしました。

2020年、約50年の時を経てリメイク、2人の大女優が激突します。

ドラマ【嫉妬2020】の主演は元宝塚歌劇団月組・星組トップ娘役を務めた檀れいさんです。

檀れいさんは心中した夫の死の真相を探る役どころです。

もう1人の主演はベテラン女優の国仲涼子さんです。

国仲涼子さんが演じるのは高級クラブのママであり、生き残った心中相手です。

お2人とも40歳を超えてもお美しいです。

銀座の高級クラブを舞台に檀れいさんVS国仲涼子さんの華麗でありながら、嫉妬が渦巻くドロドロした女の戦いが勃発します。

ドラマ【嫉妬2020】のキャスト

檀れい(役:野口姿津花/志村実里)

本作の主人公、結婚十年目の専業主婦。他人に嫉妬することも他人に嫉妬されることも無く平穏に生きていた。

しかし、最愛の夫・高史がクラブのママ・文奈と心中してしまう。あろうことか文奈は生き残っていた。

悲しみに暮れる姿津花は夫の死の真相を探るために“志村実里”という偽名を使ってホステスとして潜り込む。

文奈と接するうちにあれほど嫌っていた嫉妬という感情が芽生え始め…。

国仲涼子(役:永井文奈)

銀座のクラブ「紫紺」のママ。姿津花の夫・高史と心中事件を引き起こしたが自分だけ生き残った。

妖艶さと可憐さを併せ持つ美女だが、プライドが高く自分より輝いている人間は手段を選ばずに引きずり降ろす嫉妬深い女。

原田泰造(役:野口高史)

姿津花の夫で大手広告代理店「電宝堂」の係長を務めていた。

出世欲は少ないが真面目に仕事をして妻の姿津花のことを愛していた。

だが、文奈と心中して帰らぬ人となってしまう。さらに会社の金を横領し、文奈に貢いでいたこと判明した。

原田泰造(2役:鈴田雄一郎)

「電宝堂」の雑誌記者。姿津花に高史の死の真相を探る協力を申し出る。

その姿は姿津花の亡き夫・高史にそっくりで面影を見た姿津花は…。

手塚とおる(役:佐伯信勝)

「電宝堂」の課長で高史の直属の上司に当たる。

人当たりが良く高史の死後、姿津花のことを気に掛け力になろうとする。

だが、その行動は姿津花を自分のモノにする為であり…。

榎木孝明(役:岡村忠行)

「電宝堂」の常務。高史と佐伯が所属している部署の最高責任者。

トリンドル玲奈(役:野口聖子)

高史の妹で姿津花の義理の妹に当たる。仕事はフリーのウェブデザイナーをしている。

兄の高史のことが大好きで奪っていった姿津花に嫉妬して、陰湿な嫌がらせをしていた。

彼女も高史の死の真相を探るために「電宝堂」で働き始める。

藤田弓子(役:野口時江)

高史の実母で姿津花の義理の母に当たる。息子の高史のことを溺愛しており、聖子と同じく姿津花を敵対視している。

中村梅雀(役:城所良一)

神奈川県警箱根警察署刑事課の刑事。かなりのベテラン。

高史と文奈の心中事件の捜査を担当することになる。

ドラマ【嫉妬2020】のあらすじ

野口姿津花(檀れい)は、大手広告代理店に勤める夫・高史(原田泰造)と平凡だが幸せな家庭を築いていた。ところが高史が死亡したと訃報が届く。

高史はその日は大阪に出張に行っていたはずなのに銀座の高級クラブ「紫紺」のママ・永井文奈(国仲涼子)と箱根の旅館に泊まり、同じ睡眠薬を飲んで心中したのだった。しかも文奈は生き残っていた。

失意のまま葬儀に臨む姿津花。ところが姿津花が席を外した時に文奈が葬儀に現れ、これ見よがしに100万円もの香典を置いていったのだ。

さらに追い討ちを掛ける様に高史の上司・佐伯信勝(手塚とおる)から「高史が8000万円もの会社の金を横領し、文奈に貢いでいた」と告げられる。

最愛の夫の裏切りにショックを受けつつも姿津花は確かめようと雨の中、文奈のクラブに向かう。

店の近くで佐伯が現れ姿津花をモノにしようと執拗に迫る。姿津花はそれを拒否し、逆上した佐伯に突き飛ばされ車道に倒れてしまう。

「大丈夫?。」

手を差し伸べてきたのは文奈だった。高史の夫とは気づいていないのか姿津花を自分の店に連れて行き、ドレスを貸す。

文奈「みすぼらしい格好で可哀想。」

「ウチの店に来て。力になってあげる。」

文奈は上から目線で哀れみの言葉を掛ける。その言葉に姿津花に今までに無い、嫉妬の感情が芽生えていた。

その後、高史が結婚記念日に思い出のレストランを予約していたことが判明する。

ー堅実な夫が横領してあんな女に貢ぐわけ無い…!!ー

姿津花は確信し夫の死の真相を突き止める決意を固める。姿津花は文奈が置いていった香典の100万円を使ってドレスアップ、“志村実里”という偽名を使いホステスとして文奈のクラブに潜り込む。

そんな姿津花の前に高史と同じ会社に勤める雑誌記者の鈴田雄一郎(原田泰造・2役)が現れ、協力を申し出る。鈴田は高史に瓜二つ、姿津花は彼に亡き夫の面影を感じ始めて…。

ドラマ【嫉妬2020】のみどころ

ドロドロした人間模様

  • 嫉妬渦巻く女の戦い
  • 未亡人を狙う男
  • 疎ましく思う義母と義妹
  • 目の前に現れた亡き夫にそっくりな男

などドラマ【嫉妬2020】にはドロドロとした人間関係が満載です。

2016年ごろまではお昼にドロドロとした人間関係のドラマが多く放送され、「昼ドラ=ドロドロとした人間関係」の図式がありました。

近年ではこの手のドラマはだいぶ減ってしまいましたね。

ドラマ【嫉妬2020】の放送はいつ?

放送局テレビ朝日
放送日2020年8月16日(日)
放送時間21:00~23:04
日曜プライム

SPドラマ【嫉妬2020】は2020年8月16日(日)21:00~23:04、テレビ朝日「日曜プライム」枠で放送予定です。

檀れいVS国仲涼子の華麗かつドロドロした「昼ドラ」テイストの女の戦いがどう描かれるのか?。放送が楽しみです。